mugen   方向音痴の旅人        

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国・雲南省の旅 4

<<   作成日時 : 2017/03/03 10:39   >>

トラックバック 0 / コメント 8

バーター展望台・夕陽


今日は、夕陽に染まる「紅河棚田群」を見に来ました・・・

画像


朝陽を眺めた棚田とは違う場所です。
 
標高1,500m〜2,000m前後の高原地帯に3000〜5000もの棚田が、やはりハニ族によって作られていてます。

画像


雲に邪魔されながらも、夕陽は沈んできますが・・・棚田を染めてくれるでしょうか・・・

画像


この一枚、一枚の鱗模様が、1300年の年月をかけて、人の手だけで創り上げられてきたとは・・・美しさに感嘆すると同時に、人智、忍耐、努力に敬意を払いたいと思います。

画像


天使の梯子を放ちながら、陽は沈もうとしています。

画像


なんとなく棚田全体が、薄紅色に・・・

画像



天候や気候によって、棚田を染める朝陽や夕陽の光景は違って、自然の織りなすその景色に、人々は魅せられ引き寄せられるのでしょうね。










テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
中国へ旅に出掛けられたのですね、それにしても、さすがに中国、雄大でなにもかもスケールが違いますね。悠久の歴史が感じられます。なんという棚田でしょう、驚きます。懐かしくも感じられるのは風景が近いからなのでしょうね。
大きな森の小さなギャラリー
2017/03/03 13:59
雲南省の棚田ですか
スケールが違いますね。
この広大な大地に黙々と築かれた先人たち。
もう感動ですね

夕日に照らされた棚田、見たいなあ
こんな旅だったら何度でも行ってみたくなります。
すばらしい旅でしたね。
風の旅人
2017/03/03 20:24
これはまた見事な棚田ですね
今までとは規模が違うし、ちょうど夕暮れ時で上手に写真を撮られているので、一層素敵ですね!
ゆけむり
2017/03/05 17:13
大きな森の小さなギャラリー さん
こんな広大な棚田が存在するなんて・・・
1300年の年月をかけて創られたなんて・・・
想像を絶する光景です。
人の知恵、知力の逞しさに脱帽するとともに、この棚田の美を創り出してくれた自然にも感謝したいですね。
mugen
2017/03/07 17:30
風の旅人 さん
本当に、このような光景に出会えるとは思ってもいませんでした。
古の人々の知恵と努力、忍耐で築き上げた棚田、それに「美」を付け足して、現在に見せてくれる自然の力に感激した旅でした。
mugen
2017/03/07 17:37
ゆけむり さん
芸術品の様な美しさの棚田が、人の手だけで創り出されたなんて・・・人間って素晴らしいですね!
1300年の年月を経て、私達に感動と感激を与えるなんて、古の人々は思ってもいなかったでしょうね・・・。
mugen
2017/03/07 17:41
こんにちは。
中国の旅シリーズ良い旅をされてますね
規模の違う棚田、光と影の素晴らしいお
写真になりましたね。

20年ほど前に10日間中国を旅しましたが
雲南省には立ち寄らず良いお写真を見せ
て頂きました。
たまて箱
2017/03/16 14:34
たまて箱 さん
返事が遅くなってごめんなさいね。

玉手箱さんも中国を旅されたことがあるのですね。20年前だと今とは随分事情も違ったことでしょうね。
雲南省には、殆ど漢民族の人達は住んでいなくて、イ族とかハニ族とかの少数民族の人達ばかりでした。
中国の広大な領土に、多民族の人々が暮らして居るという現実を改めて感じました。
mugen
2017/04/04 16:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
中国・雲南省の旅 4 mugen   方向音痴の旅人        /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる