mugen   方向音痴の旅人        

アクセスカウンタ

zoom RSS 赤塚不二夫会館

<<   作成日時 : 2017/07/03 13:48   >>

トラックバック 0 / コメント 2

漫画家、赤塚不二夫の会館が有るのをご存知ですか?

昔は外科医院だったという建物は、一歩踏み込んだ瞬間、木造建築のせいでしょうか昭和の薫りが漂ってくるようです。

画像


ほとんど漫画を読まない私でも、天才バカボンを生み出した漫画家であり、奇才、天才だったとの話は聞いたことがあります。

画像


画像


画像


画像


画像


東京下町にあった「トキワ荘」に、そうそうたるメンバーと共に住んでいたのも有名な話ですね。

二人の藤子不二雄に挟まれて・・・

画像


昭和35年頃の、トキワ荘の見取り図・・・どの部屋に誰が住んでいたとか詳しく書かれています。トキワ荘は、今はもう、取り壊されています。

画像


その頃のトキワ荘の部屋の様子・・・

画像


彼の作品がずら〜と・・・これは、ほんの一部です。

画像


他の有名な漫画家や、彼が見いだしたと言われるタモリや、大ファンだったモハメット・アリ等と一緒に取った写真も数多く展示されていました。

画像




隣に建つのは「昭和レトロ商品博物館」

画像


懐かしい、駄菓子、おもちゃなどが並んでいます。

画像


昭和の映画ポスターも、所狭しと並んでいます。

画像


画像


紙芝居のおじさんが、水飴を売りながら来ていたな〜微かに覚えているような・・・

画像


青梅宿は「昭和の街」をテーマに、街づくりを進めているそうです。
町並みには、映画の手描き看板や、レトロなつくりの喫茶店等が目に入ります。

画像


画像


画像



なんの予備知識もなく出掛けたので、道の両側に大きな洋画の看板を見つけた時、チョットびっくり!と同時に昔見た光景を思い出しました。

規模は違いますが、カルフォルニアから続く「ルート66」の道路沿いには映画や小説、音楽の舞台になった様々な建物や看板が作られていて、1960年代の衣装をまとった原寸大のマネキン達が、スポーツカーに乗ったり、屋根に登っていたり、チャールストンを踊っていたりと・・・何十kmかごとに創られていたのですが、現れる度に、みんな歓声をあげたものでした。

随分昔のことですが・・・今も、「ルート66」の道路沿いに有るのでしょうか・・・?







テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ルート66行った事ありませんが、テレビドラマで
見ていたな〜!  
赤塚不二夫会館の場所ですが、ここの番地がくしくも
66って知ってました?
さかなchan
2017/07/03 21:09
さかなchan さん
赤塚不二夫会館の番地「66」なのですか?知りませんでした!
「ルート66」テレビドラマ面白かったですね。私も毎回見ていました。

ルート66道路を走ったのは随分前、まだ、デジタルカメラも使っていない頃、ブログももちろん初めていない頃なので、写真も何処にあるのか・・・?
mugen
2017/07/09 21:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
赤塚不二夫会館 mugen   方向音痴の旅人        /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる