我が家の庭にも、春!

我家の庭の福寿草がやっと咲き始めました。

まずは、先駆けの4輪・・・毎年20~30位の花を付けるのですが・・・


P1060655.JPG


蕗の薹もあちこちから頭を出しています・・・ひい・ふう・み・よー・・・8個!


P1060662.JPG


天麩羅にしたら美味しいね~


P1060660.JPG


我が家の紅白の梅は、まだ固い蕾ですが、里山では、紅梅、白梅が見事に咲いていました。


IMG_20210216_075829.jpg


IMG_20210217_090659.jpg


タンポポもあぜ道に咲いていました!

IMG_20210217_091828.jpg







posted by 方向音痴の旅人 at 14:21 Comment(4)

法目のオビシャ

法目のオビシャは毎年1月15日に八幡神社で行われ、星状の文様に「鬼」と書かれた的を、ガマズミの木で作った弓で射ることで、その年の豊凶を占う300年続いている神事です。

いつも、散策する里山の「小さな八幡様」がその舞台です。

P1060605.JPG

この八幡神社の氏子13軒。其々の家から家長(男性)が、朝9時に集まり、持ち寄った「ガマズミ」の木を削って弓を・・・ガマズミの木はこの日のために、其々の屋敷内や畑で何本も育てています。

P1060622.JPG

篠竹で矢を・・・

P1060612.JPG

細竹と半紙で的を・・・神事が始まるのは11時頃とか、10時半頃訪れると、神事用の材は全て出来上がっていました。

P1060619.JPG

普段は無人の八幡様、今日は近隣の大きな神社の神主さんがいらっしゃいます。

その間に、一年間其々の家に祀っていた去年の弓矢を、とんどで焼いて、天に返します。

P1060617.JPG

神主さんはなかなかお見えになりません・・・皆さん、焚き火にあたりながら待っています。ゆっくり、のんびりした時間が過ぎてゆきます・・・このおおらかさも、300年続いてきた所以でしょうか。

神主さんが到着されたのは、12時もとっくに回った頃・・・

P1060616.JPG

まず、神主さんは、境内の神々に幣束を捧げて回ります。

その後、階段の上にある「本殿」で、弓・矢・的 のお祓い・・・

P1060631.JPG

そして、氏子さん達のお参りが終わった後・・・オビシャが始まります。

まずは、お祓いの済んだ「的」を取り付け・・・

P1060635.JPG

お祓いの済んだ「弓・矢」も並べて用意ができました。

P1060636.JPG

最初に、神主さんが、3本の矢を射ます。
1本目が当たれば、稲作の「早稲」2本目は「中間の中生」3本目は「晩生」が豊作と言われています。

P1060638.JPG

続いて、参加した氏子全員が順不同で、弓を引き命中するまで矢を射ます。

P1060644.JPG

氏子が射終えると、私達も参加させてもらえました。自然木で作った弓なので、真っ直ぐに飛んでくれなくて難しかったですが、教えてもらいながら的に当てることができました!

嬉しいことに、この「弓・矢」を記念にと頂くことが出来ました!「来年、どんどに焼きにおいで」との言葉も・・・

P1060651.JPG

今年、1年間、家に奉っておきます! 石川啄木が詠ったように「何となく、今年はよい事あるごとし」の気分です!








posted by 方向音痴の旅人 at 14:46 Comment(8)

初詣

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

今年の初詣は、近くのお寺さんへのお詣り。

IMG_20210105_095444.jpg

門をくぐると、フジ棚の向こうに本殿が・・・

IMG_20210105_095525.jpg

天台宗のこのお寺・・・最澄さんの教えは「一隅を照らす・自分の置かれている場所や立場で最善を尽くす」 現在の私達の心に響く言葉ですね!

IMG_20210105_095545.jpg

13世紀中頃に制作された御本尊の木造阿弥陀如来坐像は、御簾の向こうに・・・

IMG_20210105_095619.jpg

一隅には、「おびんずるさま」も控えておられます。
おびんずるさまは、お釈迦さまのお弟子の一人で神通力にすぐれていて、訪れる人々の病気を治すために鎮座されています。
治して欲しい箇所を撫でると良いとのこと・・・撫でられて、体中がピカピカ!

IMG_20210105_095647.jpg

お庭には、観音様や、地蔵菩薩様も・・・

IMG_20210105_095821.jpg

IMG_20210105_095932.jpg

池には・・・

IMG_20210105_100104.jpg

IMG_20210105_100116.jpg

お詣りをすませて、庭を巡っている間にも、誰にも会いませんでした。里山の小さなお寺は密には程遠い景色です。

帰り道、紅梅が咲いているのを見つけました!

IMG_20210107_091041.jpg





アクアマリンふくしま

母畑温泉は宿が5件の山奥の小さな温泉地、翌日、水族館アクアマリンふくしまに寄り道。
どちらも、お客さんは少なく密にはなりませんが、経営が成り立つのか心配です。

P1060521.JPG

クリスマスツリーが迎えてくれました。

P1060524.JPG

イワシの群れが・・・1階からの眺め・・・

P1060539.JPG

その中にカツオが・・・上のイワシの群れを地下から眺めると・・・マンタやマグロなど大きな魚が群れを切り裂いて泳ぎ行きます。

P1060579.JPG

トドも人気者

P1060540.JPG

ニョロニョロ、チンアナゴ

P1060563.JPG

ダンスか、喧嘩か、タカアシガニ

P1060589.JPG

フワフワ動き回るクラゲは撮るのが難しい!

P1060571.JPG

P1060592.JPG

水中を掃除するスタッフ、大変でしょうね!・・・珍しい光景に出会えました!

P1060574.JPG

広~い水族館、紹介したい写真はいっぱいありますが・・・


しゃぼん玉・赤い靴など数々の童謡を残した詩人、いわき市の野口雨情ゆかりの宿で、小名浜港水揚げの魚介類を中心とした会席膳の昼食を頂いて、帰路に付きました。

P1060600.JPG








posted by 方向音痴の旅人 at 22:03 Comment(6)

みちのくの旅、母畑温泉

コロナ感染が心配ですが、密を避けての1泊の旅に行ってきました。

那須連山の眺め・・・自粛生活を続けていたので、久しぶりの旅にワクワク!

P1060470.JPG

福島県の母畑温泉が目的地。ラジウム含有量が東北一を誇り、古くから湯治に利用されてきましたが、5件の温泉旅館だけがある小さな温泉地です。

温泉とおいしい食事が人気の八幡屋に泊まります。創業100年有余年の宿です。

P1060508.JPG

フロントから続く開放感のある吹き抜け

P1060517.JPG

各所におもてなしの心遣い・・・

P1060512.JPG

広大な庭には京都伏見稲荷からの分家(?)とかの稲荷神社・・・小山の上に向かって鳥居が連なっています。

P1060518.JPG

「八幡太郎義家が奥州征伐の途中、馬の傷を谷間の清水で洗ったところ、たちまちにして傷が治ったという伝説が残る古湯」で、見晴らしの良い展望大露天風呂、名湯を引き込んだラドンサウナ、遠赤外線効果の内モンゴル麦飯石天然サウナ・・・等、色々な温泉が楽しめます。

温泉の後には、山海の幸が盛り沢山のご馳走・・・

P1060491.JPG

650x_63004116.jpg

P1060494.JPG

P1060495.JPG

P1060497.JPG

P1060498.JPG

P1060499.JPG


お腹いっぱい!ごちそうさま!






posted by 方向音痴の旅人 at 14:50 Comment(6)

秋の音

IMG_20201109_073238.jpg

IMG_20201109_073139.jpg

IMG_20201108_074926.jpg

IMG_20201109_072836.jpg

IMG_20201109_080833.jpg

IMG_20201108_112327.jpg

いつも
ウオーキングを楽しんでいる公園
木々は色づき、落葉して
歩くたびに
秋の音が聞こえます
足元から・・・
カサカサ・・・サクサク・・・





posted by 方向音痴の旅人 at 13:14 Comment(6)

ハロウィーン

Trick or treat. ・・・お菓子をくれないと悪戯するよ!

P1060417.JPG

10月31日はハロウィーン。私達の生活の中にもすっかり定着したようですね。

P1060453.JPG

渋谷交差点での今年のハロウィーン集合は、自粛要請が出ていますが・・・

P1060419.JPG

アンデルセン公園での飾り付けはとても可愛く、子供達にも大人気!

P1060455.JPG

公園のシンボル風車は、コスモスに囲まれてご機嫌です。

P1060450.JPG

カボチャのランタンを灯しての行列は楽しいでしょうね。

P1060451.JPG

橋の上から覗くと、池の周りにもハロウィーン模様。

P1060461.JPG

遊びに来ている園児たちは、楽しいお弁当の時間です!

P1060412.JPG





posted by 方向音痴の旅人 at 16:52 Comment(6)

秋桜

P1060438.JPG

P1060430.JPG

P1060449.JPG

P1060431.JPG


P1060465.JPG

P1060435.JPG

P1060437.JPG

P1060463.JPG

秋の陽に、秋桜が揺れています!
コスモスの名は「kosmos(美しい)」というギリシャ語に由来とか・・・。
花びらが整然と並ぶ美しい姿をたたえて名づけられたといわれています。

儚げな姿から、なんとなく日本古来の花かと思えますが、原産はメキシコ。
コロンブスがメキシコからスペインに持ち帰ったところからはじまりました。
日本に伝わったのは19世紀末の明治時代といわれています。



posted by 方向音痴の旅人 at 23:05 Comment(6)

お久しぶり!

風にのって流れてくる甘い香り・・・
ふわりと私を包んでくれて、懐かしい想いが溢れてきます・・・
金木犀の咲く季節になりました・・・

コロナによる半年以上も続く自粛生活ですが、久しぶりに、友人たちとランチを楽しみました。

1日一組のみの予約・・・今日のコース料理は・・・

チーズの燻製セット・蕎麦豆腐・燻製ナッツ (撮る前に少し食べてしまいました)
IMG_20200930_121540.jpg

蕎麦がき
IMG_20200930_122728.jpg

蕎麦粥
IMG_20200930_123911.jpg

蕎麦ガレット
IMG_20200930_125932.jpg

蕎麦切り・・・産地の違う蕎麦粉で打つ二種類の蕎麦です。IMG_20200930_132122.jpg

蕎麦湯
IMG_20200930_132925.jpg

珈琲・・・カップが素敵!
IMG_20200930_134838.jpg

蕎麦粉ケーキとコーヒー
IMG_20200930_134939.jpg


住宅街と畑との境界線辺りにある小さな「お蕎麦屋さん」
  
必ず予約が必要で、ランチのみの営業です。

FullSizeRender_1-1.jpg

窓からの眺めも、里山景色。

IMG_2663-768x768.jpg

庭には「燻製窯」があり、希望すれば何でも燻製にしてくれます。予約時に、魚や鶏肉、チーズ等品物を伝えておくと材料も揃えてくれて一緒に作ることもできるそうです。







posted by 方向音痴の旅人 at 13:53 Comment(4)

曼珠沙華

P1060394.JPG

P1060386.JPG

IMG_20180918_062833.jpg

P1060388.JPG

P1060398.JPG

P1060390.JPG

曼珠沙華は、昔、墓地に多く咲いていた事と、真っ赤な色から、縁起が悪い花と言われていましたが、今は庭先や公園などにも植えられていますね。群生地は観光地にもなっています。

曼珠沙華は、すっかり、市民権を得たようです!








posted by 方向音痴の旅人 at 21:54 Comment(6)

おいしい「秋」

久しぶりの里歩き・・・栗を求めました。

P1060302.JPG

まだ、青いイガイガ栗もいっぱい・・・

P1060311.JPG

黄金色の稲穂も頭を垂れて、刈り取りを待つばかり!

P1060353.JPG

柿が色づくのはもう少し先。

P1060304.JPG

早朝に咲き、夕方にはしぼんでしまうムクゲの花・・・槿花(きんか)一朝の夢

P1060335.JPG

真っ白!、本当に美しい!

P1060337.JPG

花底に濃紅色・・・これも、又、美しい!

P1060340.JPG








posted by 方向音痴の旅人 at 11:42 Comment(2)

なんの花かしら?

珍しい花を見つけました。
時々散歩する土手ですが、この花を見たのは初めてです!

P1060346.JPG

30㎝~40㎝位もある大きな花です。葉は芭蕉かバナナの葉に似ています。
花弁にいるカタツムリやカナブンが小さく見えます。

P1060345.JPG

同じ土手の草むらに、彼岸花が咲き始めていました。今日はお彼岸・・・ちゃんと季節を感じて咲き始めるのですね!

P1060347.JPG

少し離れた樹の下の彼岸花は、まだ、蕾。

P1060320.JPG






posted by 方向音痴の旅人 at 11:32 Comment(4)

ここは何処・・・?

P1060263.JPG


P1060257.JPG

P1060277.JPG

P1060282.JPG

P1060280.JPG


ここは何処・・・?
まるで、外国のようでしょう・・・
8月の末頃、「ひまわりが綺麗よ」とのこと、行ってきました。
ウィークデイでもあり、酷暑のことでもあり、人影はまばらです。

アンデルセン公園です。
世界最大級の旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」が選ぶ“日本のテーマパーク部門”で3位、“アジアのテーマパーク部門”で10位にランクインした、知る人ぞ知る公園です。

我が家からは車で10分ぐらいで行けるのですが、めったに出かけません!
これからは、四季折々訪れようかな~






posted by 方向音痴の旅人 at 10:07 Comment(6)

ジャパンブルー・藍染体験

白いTシャツを染めます。
頭の中で、大体の模様を決めて・・・

P1060228.JPG

主になる模様を決めたら、輪ゴムでグルグル・・・子供達も簡単にできるように、糸と針で縫わなくても良いのです!

P1060229.JPG

アシンメトリーにしようかな~

P1060230.JPG

藍の色を染み込みやすくするために、水洗いをします。

P1060231.JPG

藍瓶の沈殿している色素をかき混ぜて・・・

P1060234.JPG

藍液の中で揉み込み、色素を染み込ませます。
4分揉んだら、一度持ち上げて染まり具合を確かめ、さらに4分揉み込みます。

P1060236.JPG

一度水洗いをして、発色剤の中で揉み込みを・・・短時間で糸の芯まで発色することを助けます。

P1060238.JPG

輪ゴムを取り、何度か水洗いをして・・・

P1060241.JPG

糸の表面の藍を落とし、色落ちを止めるために、藍ソープ(藍染専用洗浄剤)で2分間洗います。

P1060242.JPG

その後、又、何度か水洗いして藍ソープを落としたら終了・・・陰干しをして乾いたら出来上がりです。

私のオリジナルTシャツ・・・輪ゴムを外すまで、どんなふうに模様が出てくるかワクワク楽しい、藍染体験でした♪

P1060294.JPG





posted by 方向音痴の旅人 at 13:32 Comment(6)

梅を干す!

猛暑ですね!
この暑さは人間には酷ですが、梅干しを干すのには適しています。
土用の頃、10kgの梅と赤紫蘇を3日3晩ほしました。

P1060206.JPG

干した梅を、梅酢に戻します。5リットルの瓶2つにピッタリ納まりました。

P1060226.JPG

ちなみに、6月のの中頃10kgの梅を4つの瓶に漬け・・・

P1060152.JPG

その2週間後、梅酢が上がってきたところで、赤紫蘇を入れました。
土用干しをした梅とは、やはり、赤色が違いますね。

IMG_20200619_132138.jpg

カラカラに干した赤紫蘇で「ゆかり」を作りました。
おばあちゃんの作った「梅干し」と「ゆかり」が一番美味しい・・・なんて孫に褒められて・・・毎年漬けています。

IMG_20200812_151407.jpg

庭の「キウイ」もだいぶ大きくなってきました。レッドレインボーという種類で、産毛がないキウイです!

P1060211.JPG





posted by 方向音痴の旅人 at 14:32 Comment(4)

ブルベリー

今年はブルベリーが豊作です!
このところ、毎日、たくさん摘み取れますが、朝早くから小鳥たちも啄みに来ています。

IMG_20200727_130618.jpg

まだ、色づいていないブルベリーも・・・

P1060199.JPG



甘夏の木や山椒の木で、葉っぱを食べちらしていた揚羽蝶の幼虫があちこちで蛹になり、蝶に変身しています。

IMG_6980.JPG

IMG_6981.JPG

まだ、翅が乾ききっていないのか、そばに寄っても飛びません。

P1060196.JPG










posted by 方向音痴の旅人 at 15:10 Comment(4)

咲き始めましたよ~

「蓮の花が咲き始めていますよ・・・」との知らせを受けて

P1060157.JPG

降り続いていた雨の小休止の日に見に行きました。

P1060159.JPG

曲がりくねった道を運転していると、突然田んぼの中に・・・

P1060158.JPG

少しだけ、桃色の花も・・・

P1060174.JPG

端の方から、蒲の穂の勢力が攻めてきているようです。

P1060183.JPG

これ以上、蒲の穂が増えないと良いのですが・・・来年心配です。

P1060171.JPG












posted by 方向音痴の旅人 at 12:47 Comment(4)

マタケ採り

梅雨の晴れ間を見つけて「マタケ採り」に行きました。友達の「タンジュンコ」さん宅の竹林です。

マダケは表面がツルっとしていて産毛はありません。ポキポキ折って採るのが面白くて、こんなにたくさん!

IMG_20200618_143336.jpg

孟宗竹のような固さは無く、アクもないので、そのまま茹でて美味しく食べられます。
煮物、メンマ、炒めもの・・・どれも美味です!

IMG_20200619_130812.jpg

去年、保存方法を教わって試してみたら、一年間保存できました。お正月料理にも重宝しましたし、春頃まで美味しく食べられました。

今年も保存します! 発酵したら悪くなってしまうので注意深く・・・!

P1060155.JPG







posted by 方向音痴の旅人 at 13:34 Comment(4)

梅・漬けました!

南高梅・10kg 今年も漬けました。
おばあちゃんの梅干しは最高!・・・なんて、孫達に言われるので、喜んで毎年漬けています!

6月15日

P1060150.JPG

塩は控えめ、8%ぐらいです。 カビが生えないように毎日瓶を揺すって梅酢が上がってくるのを助けます。

6月18日 

P1060151.JPG

梅酢が上がったので、赤紫蘇を入れます。 8月土用の日までには梅がきれいに染まるでしょう・・・

6月20日

P1060153.JPG

暑い夏、晴天の続く日、ザルに並べて、三日三晩土用干しをします。柔らかく美味しい梅干しが出来上がります!








posted by 方向音痴の旅人 at 13:31 Comment(0)

梅雨入りしました!

でも、今日は快晴・・・青空です!

P1060140.JPG

降れば、庭の紫陽花が喜ぶことでしょう・・・

P1060127.JPG

母の日の贈り物の鉢植えを、毎年、庭におろしていると・・・

P1060125.JPG

種類も増え・・・

P1060132.JPG

背丈も大きくなって、花もいっぱい・・・

P1060137.JPG

P1060139.JPG

IMG_20200610_073107.jpg

IMG_20200610_072952.jpg



ラッキョウも漬けました!
水洗いして、薄皮を剥き、先端と根っこを切り落とし・・・

P1060118.JPG

3kg漬け込みました・・・一ヶ月後ぐらいには美味しく食べられます!

P1060122.JPG















posted by 方向音痴の旅人 at 14:07 Comment(4)