国立新美術館 in 六本木

六本木ヒルズや東京ミッドタウンのある六本木に又新しい名所が出来ました。国立新美術館です。
国立新美術館は、コレクションを持たず、国内最大級の展示スペースを生かした多彩な展覧会の開催、美術に関する情報や資料の収集・公開・提供、教育普及など、アートセンターとしての役割を果たす、新しいタイプの美術館です。
外観は、前面を覆うガラスカーテンウォールが、波のようにうねる美しい曲線を描いています。

画像


「異邦人たちのパリ」・ポンピドー展が催されているので行ってきました。

パリは2度訪れましたが、キュビズム、シュルレアリズムの絵のある近現代美術館ポンピドーセンターには行きませんでした。他に行きたい美術館が幾つかあり、現代美術、特に抽象画は私には理解不可能と言うのが本音ですが・・・。

画像


フランスで絶賛された、藤田嗣治の「乳白色の肌」とは?・・・実際に見てみたくて出掛けました。
とても綺麗で滑らかで白磁の陶器を思い起こさせます。昔、美人薄命と言われた人はこんな肌をしていたのかしら?なんて勝手な想像をしながら見てきました。

他にはシャガール、ピカソ、モディリアーニそれにシュールレアリズムの彫刻など等・・・。
素晴らしい展示品がありましたが私には理解できないのもありました。

私が今迄行った海外の美術館は、フラッシュさえ焚かなければ写真撮影は全てOKだったのですが、日本はいつも禁止ですね。どうしてでしょう?

この美術館は広々とした吹き抜けホールを中心にゆったりとした空間が広がっています。
余韻を楽しみながら、お茶も楽しんできました。

画像


ガラスのカーテンウォールから柔らかな陽射しが差し込み気持ちの良いひと時を過ごす事が出来ました。





この記事へのコメント

絵画大好き人?
2007年04月30日 23:04
美術館、社寺仏閣をゆったりとした気分で巡るのは好きですね。
実と言うと私もコンテンポラリ-、抽象画は苦手で理解できません。
国内では必ず撮影禁止になっているのは何故でしょうか?
確かに、外国の教会内でフラッシュを発行している日本人旅行者を何度も目にしていますがモラルも然りですがカメラを知らないとも言えますね。
私もフランスの片田舎の有名な画家のアトリエ内で撮影して叱られたことがあります。 
昔のカメラはシャッタ-音が大きかったから監視員に見つかったのです。
私もあまり大きな事は言えません。
☆彡とわ
2007年04月30日 23:29
こんばんわぁ~
 外国の美術館では写真撮影はOKなんですか?
 日本では絶対ダメですよね。
 カメラの使い方がよく解らない時は
 フラッシュをたかない撮影する方法がわからなくて
 叱られたけど今は使えるようになりました。
 外国の美術館に行ってみたいです。
mugen
2007年05月01日 11:37
絵画大好き人さん
ピカソを始め抽象画の画家たちは具象画を極めた後、抽象画へと変化して行ったのですね。画家達の物の見方心の動きなど凡人の私には解かりませんし、本当に抽象画は解かりづらいですね。
mugen
2007年05月01日 11:53
とわさん
日本の美術館でも好きな絵を写せる様になれば良いのですが・・・
もちろんフラッシュ無しでですが。
デジカメが普及して誰もが何処でも手軽に写せる時代になった今こそ、モラルをわきまえて行動しなければと思っています。
サカナchan
2007年05月01日 20:40
東京は美術館が多くていいですね!京都は特に市美術館は最悪です。採光や老巧化で・・従いまして、外国の良い展覧会は素通りです。日本で写真ご法度は、たぶん図録や絵葉書が、売れなくなると困るせいでしょう・・てな具合で写真禁止。詰まりませんね!フランスの美術館なんか日曜日は入場料半額なんでスモンね羨ましい~
2007年05月02日 23:14
素晴らしい建物でしたでしょ!
来年から私の属している公募団体「新槐樹社」も、名所になりつつある六本木の国立新美術館に展示する事になりました。周囲の雰囲気に飲まれてしまわないかと出品が不安です。でもそんなこと言っていられないのが本音です。頑張ります! お時間がお許しなら是非お出かけくださいね。
mugen
2007年05月03日 12:50
サカナさんへ
どっしりとした風格の市美術館には国内外の展覧会が催され、昔良く行きました。直ぐ近くの平安神宮を散策したり、それにスケート場(アリーナ)がありましたよね。帰りに滑りに行ったりしたものです。
mugen
2007年05月03日 12:59
AKIさんへ
国立新美術館で展示なさるって何て素敵でしょう!
空間が展示室も含めてゆったりしていて気持ちが良いですね。
やはり、今現代だからこそ建てる事が出来た美術館という感じがします。
絵画展楽しみにしています!