温泉紀行Ⅰ  <南会津> 湯野上温泉・木賊温泉

関東地方が新緑に萌える頃会津に行ってきました。
世界中の緑色と呼ばれる全ての「みどり」の色彩が、連なる山々をキャンバスにして描かれています。白っぽい緑、青っぽい緑、濃い緑・・・一番鮮やかなのは黄緑。
ところが福島県に近づくに連れて緑の中に薄いピンクの塊が多くなってきます。山桜です。

温泉と、美味しい蕎麦を頂きたくて来たのですが、幸いな事に南会津の町は今、桜が満開です。

画像



一日目は南会津・湯野上温泉「蕎麦宿 湯神」。予約がなかなか取れないので有名な宿です。
4部屋だけの小さな宿ですが、蕎麦大好きの私は一度はぜひ行ってみたかった宿です。
源泉掛け流しの半露天風呂が、それぞれの部屋に付いているのも魅力です。

夕食の蕎麦懐石料理のフルコースは、部屋についている囲炉裏端で頂きました。
最初は刺身盛り、そば豆腐、そば切りのなめこ和え、根曲がり竹、山菜(こごみ)。
食前酒は「しそぶどう酒」。
次から次と、温かい料理は温かいうちに、冷たいのは冷たくして出てきます。
そば粥、蟹のかぶら煮、揚げ物、そば稲荷、蕎麦サラダ,焼きたての岩魚の塩焼き。
最後は手打ち蕎麦。カナリ満腹でしたが、やはり本場のお蕎麦、美味しくてスルスル頂いてしまいました。
もちろんお酒も揃っていますよ。

画像


宿から車で20分ほど走れば「大内宿」があります。
宿場として、荷駄運送の駅所として栄えていた大内宿も、明治になって日光街道が出来ると
すっかり寂れてしまいました。
時代の波に取り残された事によって、江戸時代の茅葺の家並みが今も残り、昔の生活を私達に垣間見せてくれています。

田舎道を走っていて桜の木を見つけました。
「千歳(ちとせ)桜」樹齢700年のベニヒガンサクラで、千歳という女性が亡くなったのを悲しんで、この辺りを治めていた殿様が植えた、と看板に書いてありました。
曇り空だったのが残念でしたが、見事に満開でした。

画像


「桜」は蕾も良し、咲いて良し、散るも良し、葉桜も良し・・・全て素敵ですよね!
桜を眺める時、私は日本人で良かったと思います。
華やかさ、寂しさ、侘び寂までも表すことが出来る「木」って「桜」以外にはあまり見られないと思います。


2日目の宿、木賊(とくさ)温泉「井筒屋」に向けて走っているとだんだん山が近くなってきます。
それも、まだ雪の残っている山が近づいてきます。

画像


秘境の里「木賊」はその昔、武士が刀傷を癒した「隠し湯」と言われ、今では秘湯ファンにとても人気がある温泉地だそうです。
井筒屋は渓流に迫出すようにして建っている宿でした。客室数は10部屋。
今はまだ渓流の傍にも雪渓が残っていますが、後1ヶ月もすれば宿の周りの木々も緑に萌えることでしょう。

画像


宿の源泉掛け流しのお風呂は階段を下りた場所(写真の左下川原に突き出ている所)にあり、窓の外、手の届くような所に清流が走っています。浴場は川と一体となった感じで、湯舟は川面よりも低いのでは?と思ってしまいそうです。湯舟の底数カ所から、気泡とともにちょっと熱めの湯が沸き上がってきます。これが有名な「足元湧き出し泉」だそうです。

夕食は、山の幸川の幸がいっぱいの家庭料理が並びました。

画像


写真の他にも、熱々の岩魚の塩焼き、山菜の煮物、蕎麦、宿の名物舞茸ご飯・・・など次々と運ばれて来ました。美味しかったです。

今回泊まった2つの宿はご夫婦やご家族だけで営まれているとても家庭的なお宿でした。
宿泊費もリーズナブルで、朝食・夕食も手作り、土地の食材をふんだんに使った家庭料理はとても美味しく、良質の温泉と共に極上の時間を過ごす事が出来ました。










この記事へのコメント

ぴろりん
2007年05月11日 10:20
mugenさん

ご主人とロマンチックで素敵な旅をして来られたのですね!
貴女は一人で身軽に飛んで歩いておられるのかと思いました。

私は夫とは殆ど別行動ですが、長~い糸の付いた凧のようなものです。
切れたら何処へ飛んで行ってしまうか分からないし、不自由になると思います。赤い糸ならぬグレーの糸ですが、繋がっているから時々自由を求めるのです。
サカナchan
2007年05月11日 20:37
mugen様     お蕎麦いいですね~!蕎麦好きの私にはたまらない旅ですねッ。でも蕎麦よりスゴイ桜の木!なぜか桜は日本人にとっていろんな思いの有る木ですね。もともとは田んぼの神様の依りしろだったのですが・・・稲に関係したものには早苗・早乙女etcサと付くんです。だからサクラです。(イワクラと同じ)花の咲くころ苗代を知らせているんですって。 長くなるのでこの辺で・・・
mugen
2007年05月11日 23:39
ぴろりんさん
人と人との繋がりって素敵な事ですよね。夫、子供、友人、知人、色々な人達との繋がりを大切にして生きて生きたいと思います。
mugen
2007年05月12日 00:11
サカナchanへ
お蕎麦きの方にはお勧めです。でも小さな御宿でしょう。備えてあるタオルに「10人以上では来ないで下さい」と書いてあるので笑ってしまいました。
サカナchanの博学には何時もながら感心してしまいます。この桜に関する話もとても面白そう!続き今度聞かせてくださいね!
☆彡とわ
2007年05月13日 23:19
大内宿には前から行ってみたいと思っていました。
来年の春の旅行の候補かな?(笑)

北から南に旅すれば桜の何回も見れるのですねぇ~
それぞれの場所で人も自然も息づいているのですね。
mugen
2007年05月14日 09:40
とわさんへ
お蕎麦と温泉を楽しみに訪ねたののですが、思いがけず「満開の桜」を見ることが出来てラッキー!でした。
今頃は北海道辺りが桜満開でしょうか。
日本列島、南北に長いのが実感できますね。
☆彡とわ
2007年05月15日 18:59
桜は南から北でしたね。
まちがえてました(笑)
蕎麦好き人
2007年05月18日 21:21
mugen殿、
近年、手打ち蕎麦屋が多くなりましたが、私は京都の細切りの蕎麦は今イチだと思っているので、他府県へ行ったときは蕎麦屋を探すことが一番目の目標で、特に田舎(怒られるかなぁ)へ行って粗挽きの色の濃い、太切りの田舎蕎麦に出会えたら幸せ一杯ですよ。
お隣の滋賀県では朽木村、永源寺町、長浜市で食べた田舎蕎麦は美味しかったなぁ。
福井県敦賀市、永平寺でも美味しい蕎麦を・・・・・。
あ-ぁ、お腹が減ってきた。
mugen
2007年05月21日 05:48
蕎麦好き人さんへ
ホントに美味しいですよね。あまりお腹減っていなくてもお蕎麦を見るとつい食べたくなりますよね。それに体にも良いそうですね。
ひょっとしたら、蕎麦好き人さんは自分でも蕎麦打ちなさるのかしら?
やぶ
2007年05月21日 19:56
初めまして やぶでございます。
(私のとは違って)何と美しいブログなのでしょう。
時々、遊びに来て、素敵な旅をした気分になることに致します。
tiger
2007年05月21日 20:59
Dear mugen,
I can't understand Japanese .
And Please write the English sentence .
Mahalo, From Kyoto.
mugen
2007年05月21日 23:07
やぶさんへ
来て下さって有難う御座います。
やぶさんの軽妙な語り口のブログ、私大好きです。

mugen
2007年05月22日 00:01
Aloha tiger,
I was surprised you are in kyoto!
How long stay in kyot?
I'm going to Kyoto next Friday.
Mahalo.
tiger
2007年05月22日 00:36
Dear mugen,
Be disappointed,I'll return to Hawaii May 25th .
I'll go to Kitano Tenjin in the morning and get on Haruka at about 3:00 p.m. on May 25th .
Mahalo,