<木曽路>  妻籠・馬籠宿

しっとりと雨に濡れている妻籠・馬籠宿を歩きました。

画像


妻籠・馬籠の人たちは街並みを守るために家や土地を「売らない・貸さない・壊さない」の3原則をつくり、ここで生活をしながら、江戸時代の街並みという貴重な財産を後世に伝えているのです。
写真は現役の郵便局ですが江戸時代の街並みに溶け込んでいます。
黒いポストも現役のポストです。
画像


昔は山深い木曽路を通る事から「木曽街道」と呼ばれただけあって、木細工の店が多く有りました。暖簾に全て「木」の名前が記してあるお店です。
画像


「木曽ひのき」で作られたお弁当箱を買いました。
「電子レンジで、冷たくなったご飯を温めると、炊き立てより美味しくなります」という文句に引かれて・・・まだ試してはいません。
画像


馬籠宿の高札場です。
かっては絶え間なく人々が行き交っていたのでしょうね。
人が多く通る所に設置された高札場・・・法度や掟書など、御触書を掲示した場所です。
それらが木の札に書いてあり、それを高札というので「高札場」。
画像


妻籠・馬籠宿の本陣は代々「島崎家」が勤めていていました。島崎藤村の一族です。
街道には「藤村記念館」「馬籠脇本陣」「清水屋資料館」などがあり、宿場の文献や藤村資料などが展示してありました。
画像



300年の風雪に耐えて街道の両側に軒を並べている馬籠峠の古い家並を歩いていると、股旅姿のおあ兄さんや,手甲脚絆の旅娘などがヒョイと現れそうな気がします。
道路がアスファルトなのがちょっと・・・残念!
画像












この記事へのコメント

Bonnieux
2007年07月08日 10:18
Dear mugen,
なかなかのカメラ・ワ-クのお方とお見受けします。
小雨模様の宿場町の雰囲気が上手く表現できている写真で嬉しくなりました。
人々の生活の中で維持、保存するのは難しいことでしょうがこの地の方は一致団結して守っておられるようで、感激しました。
「木曽ひのき」のワッパ・弁当箱をみて、お袋が夏場は柳行李の弁当を持たせてくれたのを想い出しました。
有り難うございました。
☆彡とわ
2007年07月08日 13:50
こんにちわぁ~
 昨日テレビを見ていたら
 昔ながらの街並みが残ってる町ペスト10で
 妻籠はベスト3でした。
 私は2回行った事があります。
 一番最初の風車がある写真懐かしいです。
 季節をかえて何度でも行きたい町ですね。
 
 そのテレビ番組を夫は
 ベスト1の奈良県の今井町に行きたいと騒いでました。
 
mugen
2007年07月08日 23:58
Bonnieuxさん
有難う御座います。写真撮るのは難しいですね。

古いものを残しながら、観光地として整備もし、其の上毎日の生活も・・・本当に大変でしょうね!
其のお陰で情緒のある街並みを楽しませて貰えました。
mugen
2007年07月09日 00:23
とわさん
霧雨に煙る妻籠・馬籠はとても風情がありましたよ。
紅葉の頃も良いかしら?とわさんは秋にも行かれましたか?

「今井町」ぜひお出掛け下さい!
お寺を中心とした城塞都市で、豪商たちが建てた白壁と重厚な瓦で造られた建物が迎えてくれますよ。
一平君
2007年07月11日 10:41
素敵な写真を有難う。
私が今一番行ってみたいところです。
mugen
2007年07月11日 17:41
一平君
見て下さって有難う御座います。
小雨模様だったからか、行き交う人も少なくゆっくり散策できました。
それに、其処に住む人達のおもてなしの心が感じられる優しい街並みでしたよ。

又、ブログに遊びに来て下さいネ!
「一平君」
2007年07月12日 19:55
「mugen」さんは、雪が降り積もっている中仙道の寂しい「妻籠宿」「馬籠宿」に行ったことがありますか・・・・・
私は、ここの冬景色が大好きです。
mugen
2007年07月13日 00:08
一平君・さん
私が妻籠・馬籠を訪れたのは今回が始めてです。
雪景色は寂しいかもしれませんが、汚いものを全て覆い隠して、真っ白な世界が広がっているのでしょうね。私も冬景色見てみたいです。
S・R・P Secretariat
2007年07月13日 09:02
Dear mugen,
Congratulations!
Your picture got the highest award by the picture exhibition of the Magome Tsumago Takayama's trip.
A luxurious prize??? is sent by the secretariat.
mugen
2007年07月13日 10:37
Dear S・R・P Secretariat,
Thanks for the mail.
I never dreamed I get the highest award.
I'm happy!