京都・五山の送り火

毎年、8月16日は京都五山の送り火(大文字焼き)。
お盆を京都で迎えるのが、夏の我が家の恒例行事になっています。
 
京都を囲む5つの山にそれぞれ「大文字」「左大文字」「船形」「鳥居形」「妙法」の形に火が
ともされ漆黒の空を焦がします。
五山の送り火は、お盆に迎えた祖先の霊をあの世へ送り届け、無病息災を祈るお盆の行事です。

今年は嵯峨広沢の池の灯籠流しと、其の背景に燃える「鳥居形」を見ることにしました。

                昼間の広沢の池
画像


夕闇が濃くなる頃、2000個の灯籠が広沢の池に流されました。
この中には先祖の霊を供養して流した、私の灯籠も混じっています。

                 灯籠が漂う夜の広沢の池
画像


五山の最後に点火される「鳥居型」は五山の中で唯一西山に位置し、高度も低いために市内各地から見るのは難しいのですが、五山の送り火の中でも最も勇壮で美しいと称される送り火です。
親火から移された松明を持って一斉に走り、火床に突立てます。鉄製の受け皿火床に乗せて点火するという独特の方法が取られ、108つある火床は、人間の煩悩を焼き尽くします。

                 送り火「鳥居形」を背景にしての灯籠流し
画像


点ってから消えるまで、30分間の火の祭典は何時見ても感動的です。
そして、五山の送り火は、京の夏の終りを飾る行事でもあります。

私も、祖先への感謝をこめて送り火に手を合わせました。



この記事へのコメント

Bonnieux
2007年08月22日 02:57
mugen殿、
毎年、五山の送り火をご覧になれるなんて、まして鳥居と広沢の池の灯籠流し京都で育まれたお陰ですね。
鳥居と灯籠流しの写真は素晴らしい。

mugen
2007年08月23日 00:21
Bonnieuxさん
手を伸ばせば届きそうな場所で見る灯籠流し・・・水面に揺らめく色とりどりの灯りは幻想的で、時間もゆっくり流れて行く様でした。
写真褒めて頂いて有難う御座います。

malihini
2007年08月24日 20:41
mugenn様
灯篭流しのアングル、オズヤスジロウ張りのローアングル!!
いいですねー。どうも私は普通に写してしまい、画像も普通で、何にも面白みのない絵面になってしまいます・・・反省しなくては・・
mugen
2007年08月25日 22:51
malihiniさん
褒めて頂き有難う御座います。水辺のぎりぎりの所で撮りました。
初心者の私が褒めていただく写真が撮れたのはカメラが良かったのかしら?
☆彡とわ
2007年08月26日 21:17
こんばんわぁ~
 広沢の池には紅葉の頃に行った事があります。
 桜の時期もいいですよと聞きましたが
 灯篭流しも行なわれるのですね。
 鳥居の形の送り火と
 水に映った灯篭の明かりがすごく幻想的です。

 夏の終わりの行事は何となくもの哀しいです。
 
mugen
2007年08月26日 23:02
☆彡とわさん
広沢の池辺りは、春夏秋冬何時でも素敵ですよ!
朝もやに霞む広沢、月の映る広沢も絵になります。
2007年09月02日 01:31
関西の人間でありながら、それも京都に2年間も住みながら、五山の送り火をまともに見たことがないと言う、信じられない男ですわ。

広沢の池から見る鳥居型の送り火、それと湖面に映える精霊流しの船。
とっても綺麗ですね。
こりゃ来年はここに行こうかなあ\^o^/
mugen
2007年09月02日 10:21
風の旅人さん
来年は、ぜひ「五山の送り火」を・・・!
広沢の池のほとりでご覧になると、とても幻想的ですよ。