東福寺

京都に行ったら必ず散策するお寺のひとつです。
名の由来は奈良の東大寺、興福寺の二大寺から1字ずつ取って「東福寺」。

仏殿(本堂)は明治時代に焼失後、昭和9年再建。起工から竣工まで17年を要し復興させた昭和の木造建築中最大の建物です。

       仏殿(本堂)
画像


内部には、正面に釈迦如来立像が安置されています。

       本尊・釈迦立像
画像


天井の画龍は堂本印象の作、龍の大きさは体長54m・胴廻り6.2m。

       龍の天井画(堂本印象)
画像


つい先日まではあんなに賑わっていた通天橋も・・・。

画像


モミジもすっかり散ってしまいました・・・。

画像





東福寺には25の塔頭があります。
気の向くままに立ち寄ります。


同聚院(どうじゅいん)

同聚院はこじんまりとした小さなお寺です。

       十方山(じゅっぽうざん)同聚院(どうしゅういん)
画像


この小さなお寺に、日本で一番大きな木彫坐像の不動明王様がいらっいます。
像高2・65メートル。とにかく、大きいです。

       日本最大の不動明王坐像(文化財指定)
画像


このお寺のお札は、火除け、除災に霊験あらたかと信じられています。



小町寺(地蔵堂) 

今回は退耕庵の入口のある小野小町ゆかりの「小町堂」を訪ねました。

       小町地蔵堂
画像


地蔵堂に祀られているのは縁あってこの寺に移された身の丈2メートルもの玉章(たまずさ)地蔵。胎内には恋多き女性、小野小町へ宛てた多くのの恋文が納められていたといい、縁結びのご利益があると言われています。

       玉章(たまずさ)地蔵
画像


小野小町が老いた我が身を写し嘆いたという 「小野小町百歳の井戸」 。
花の色は うつりにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせしまに
その時に詠んだ歌だと言われています。

       小町百歳の井戸
画像






この記事へのコメント

  • 風の旅人

    先日紅葉狩りに東福寺に行ったおり、この小町地蔵堂の前の紅葉が綺麗だったので、ブログにアップしています。

    小野小町って百才まで生きたのかなあ
    美人薄命だけにそこまで生きたとは信じられないなあ(笑)

    それはともかく、今回の旅は細かいところまで載せておられますね。
    とても参考になりました。
    2007年12月24日 23:55
  • mugen

    風の旅人 さん
    風さんの東福寺のページ(12/1)もう一度見て来ました。もみじ綺麗ですね!
    あれから2週間ほどなのに紅葉はすっかり裸木になっていました。

    小野小町、本当はどうだったのでしょう?
    どんな美貌も100歳もすれば衰えて当然ですね。
    2007年12月25日 00:23
  • ☆彡とわ

    東福寺の紅葉は毎年テレビで放映されますね。
    何年か前に京都一人旅をした時に
    通天橋から見た紅葉はいまでも忘れれません。
    紅葉の頃はすごい人で
    お寺の中をゆっくり見る事が出来なかったので
    mugenさんのブログで紹介していただいて
    良かったです。
    ありがとうございました。
    2007年12月25日 07:06
  • impression

    mugen殿、
    紅葉の頃のはひと味違う東福寺を見させて頂きました。
    雲龍図が上手く撮れていますね。感心!
    何処の本山も塔頭に結構、見るべきモノがあり、歩いて回るのは好いですね。
    2007年12月25日 07:23
  • sourire

    今年の夏、初めて東福寺に行きました。
    mugenさんは必ずコースに入れるお寺なんですね。
    何度も京都旅行をするうち、お寺を見尽くしてしまったような気がしていたのですが、ブログを拝見して勘違いだったとわかりました。
    まだまだ素敵な所がたくさんあるんですね。
    今度はぜひ同聚院と小町堂を訪ねてみようと思います。
    2007年12月25日 17:03
  • mugen

    ☆彡とわ さん
    紅葉の頃は、どこから人が溢れて来るのかと思うほど混雑していますが、シーズンが終わると人はまばら・・・でもモミジも散って終っています。

    2007年12月26日 10:51
  • mugen

    impression さん
    大徳寺の塔頭、妙心寺の塔頭・・・他にも良いところ色々ありそうです。
    impression のお勧めの所ありますか?
    2007年12月26日 10:58
  • mugen

    sourire さん
    何度か同じ場所や寺院を訪れても、春夏秋冬それぞれに異なった顔を見せてくれます。四季が有る有難さでしょうか。
    2007年12月26日 11:07
  • Bonnieux

    Dear mugen,
    How are you ?
    Are these pictures in Kyoto ?
    If every pictures' title is written in English, I am glad.
    I cannot write every picture's name to put it in PC.
    Thank you !
    2007年12月27日 10:08
  • さかなchan

    京都も季節によって、まったく趣きの違うところが有るんですね~。あの大徳寺にも、金閣・銀閣・飛雲閣・に並ぶ呑湖閣と言う、京の四閣があるのをご存知でしょか?ここは拝観謝絶ですが、malihiniさんのコネで真近に見られますよ。ただ最近一部補修されていますので、白木の部分が気になりますが・・・
    2007年12月28日 14:17
  • mugen

    Dear Bonnieux
    Thank you so much for your comment.

    My best wishes to you for a happy and healthy new year!

    2007年12月29日 13:32
  • mugen

    さかなchan さん
    ほんとに京都は奥が深いですね。
    知らない所がいっぱいで見るたびに新たな発見がいっぱいです。
    「呑湖閣」拝観したいですね。malihiniさんにぜひ、ぜひ頼んで下さい!楽しみにしています!
    2007年12月29日 13:54