迷いの窓・悟りの窓 「源光庵」

京都鷹峯の源光庵に行ってきました。

鷹峯三山を借景にした庭の美しさで知られている光悦寺のすぐ側です。


          源光庵の参道
画像

「紅葉の頃の源光庵は素晴らしい、が人も多い。訪ねるなら冬枯れの日が良い。少し雪が積もっていたらなお良い。」
私がこの文章を読んだのは随分前。冬に訪ねようと決めていました。


          唐風の小さな山門
画像

二層の山門は手を伸ばせば梁に届きそうに小さく可愛らしい。

山門の上部中央にかかる額には、「復古禅林」の字。
1694年、卍山道白(まんざんどうはく)がこの寺を臨済宗から曹洞宗へと変えた際、清人薫愛山師から送られたもの。


画像

山門をくぐると見事な赤松、その向こうに本堂。
訪れた時、先客の方がお帰りになられました。
冬の昼下がり、参拝客は誰もいません!



          畳にに座って
画像

今、此処に居るのは私だけ。
北山を借景とした枯山水のお庭も独り占め・・・!
音の無い空間と、凛とした景色に、何日か前に降った雪も風情を添えて気持ちが引き締まります。




          落城の悲劇を伝える血天井
画像

伏見桃山城で石田三成軍に敗れた鳥居元忠らの一党380名が自害した時の床板を、源光庵の天井板にすることで霊を慰めています。手形、足形が今もはっきりと見えます。



画像

源光庵で有名なのが、堂内の「悟りの窓」と「迷いの窓」。
向こうに見える白壁が、その部屋です。


「今日は暖かで良かったですね」受付の女性に言われましたが、やはり2月、開け放された「迷いの窓」「悟りの窓」の前に座っているとコートを着たままでも冷えて来ます。


          迷いの窓
画像


迷いの窓は角型に「人間の生涯」を象徴し、生老病死の四苦八苦を表している・・・。


          悟りの窓
画像


悟りの窓は丸型に「禅と円通」の心を表し円は大宇宙を表現する・・・。



美しい景色を切り取ることで、禅の心を見る人に伝える・・・こんな仕掛けを考えた先人の知恵の素晴らしさに感心しますが、凡人の私にはよく解りませんでした。




この記事へのコメント

2008年02月23日 09:04
京都どすか・・・よろしおすな~ この時期底冷えがして寒かったでしょう・・・はよう湯豆腐で一杯やっておくれやす・・・温まりまっせ・・・エヘヘヘヘへへ(*^_^*)
malihini
2008年02月23日 20:17
mugen様 良いお寺に行って来られたんですね!四角・丸・の対照的な窓!!何か日本人の心を象徴しているようですね。難しいことは判りませんが、自然と向き合い遷り行く時間を感じるんでしょうか?時と言うものは無くならないものですね。つまりmugenですね。
2008年02月23日 22:23
枯山水のお庭を独り占めできるのは、寒い冬の京都を訪れた人の特権なのですね。
「迷いの窓」「悟りの窓」も、一人きりで静かに座れば、心になにか聞こえてきそうな気がします。
「紅葉の頃の源光庵は素晴らしい、が・・・」の文章はどなたのでしょう。誰もいない哲学の道を歩いた冬の旅を思い出します。
観光シーズン以外の京都も魅力でいっぱいです。
次回はぜひ「源光庵」に行ってみたいと思います。
newcomer
2008年02月24日 00:57
デュ-クエイセス・女ひとり!
京都 鷹峯(ようほう)源光庵 恋いに疲れてない 女がひとり・・・・と聞こえてきます。
冬枯れの京都のお寺を一人で回られるなんて良いですね。
「迷いの窓」「悟りの窓」で禅問答をなされて、ますますmugenに近づかれたのでは。
風の旅人
2008年02月24日 01:12
2年前の秋にここを訪れましたが、丁度生憎にも工事中でした。
せっかく行ったのにとガッカリしたことを覚えています。

そのうち又リベンジせんといかんなあ
2008年02月24日 01:43
mugen殿、
ついでにしっかりと京都を回っていますね。
血天井の源光庵、入り口の立て看板を見ると気の弱い者は二の足を踏むのですが・・・・、何に迷って、何を悟ってこられましたかこっそりと教えてください。
mugen
2008年02月24日 11:00
バカボン さん
京都のお豆腐は美味しいですよね。いつも頂きますよ。
ほかに、ひと塩の「ぐじ」の焼き物も大好きですし、美味しい肴でお酒を飲むのは楽しいですね!
mugen
2008年02月24日 11:42
malihini さん
この二つの窓からの景色も、過去、現在、未来と無限に続くでしょうし、この窓が有る限り悩みと悟りを考える人々も訪れ続く事でしょうね。
でも、本当の所良く解りませんね。
mugen
2008年02月24日 12:21
sourire さん
源光庵に限らず、静かに楽しみたいのなら冬が良いですね。
今回独り占めの空間でしたが「迷いの窓」の前に座しても深刻な迷いが有る訳でもなし「悟りの窓」でも凡人の私には直ぐに悟れる訳でもなし・・・これが禅問答かしら?・・・と自分に問うて来ました。
唯、これを考えた先人の知恵は素晴しいですね!

あの文章は季刊誌の中の随筆か紀行文の一節です。
以前から「源光庵」を訪ねたいと思っていたので覚えていました。華やかな紅葉の頃にも又訪ねようかとも思っています。

sourireさんは、風薫る青葉の頃、桃色に染まる桜の時、華やかな紅葉の頃、冬枯れの積雪のある頃・・・どの季節をえらばれるでしょうか?
mugen
2008年02月24日 12:38
newcomer さん
コメント有難うございます。
お寺を訪ねる時、突然に思い立った時や時間が無い時は一人で出掛けますが、友達と一緒に行くのも大好きです。

本当に禅問答ですね!私にはよく解りませんが「○」「□」に切り取られた景色が見る人の考えを無限に広げていくのでしょう!
mugen
2008年02月24日 12:53
風の旅人 さん
源光庵は平成16年から2年間修復工事のため拝観出来なかったようですよ。
お出掛けになって、何を迷い何を悟られるのでしょう!
私は深刻に迷う事柄が有る訳でなし、悟りも出来ずの凡人を認識してきました。
mugen
2008年02月24日 12:59
impression さん
impressionさんはもう何回も訪ねておられるのでしょうね?迷いは解けました?悟りは開けました?
「○」「□」から見える景色は無限に続いているのでしょうね!過去、現在、未来・・・へと。
人間の営みも又、過去から現在へとそして未来へと・・・平和であって欲しいですね!
2008年02月29日 22:41
ご無沙汰しております。
京都にはまだまだ行った事のない所が
たくさんあります。
難しいことはわかりませんが、
何百年もの間、同じ場所をいろんな
時代のいろんな人が見ているなんて
すごいですね。
mugen
2008年03月02日 00:03
月 さん
同じ場所から同じ景色を眺めても、一人ひとりの心の景色は違っている事でしょう!
迷いの窓、悟りの窓を考えた昔の人は凄いですよね!