温泉紀行・Ⅵ 湯泉地(とうせんじ)温泉 <奈良>

奈良で昼食を終えて今日の宿泊地、十津川村、湯泉地(とうせんじ)温泉へ出発。

五条市から168号線、十津川に沿い、山腹を切り開いて建設された国道は細くてグネグ道、ガードレールがほとんど設置されてはいますが、細心の運転が要求されます。

そんな道沿いに、突然黄色の色彩が・・・サンシュユの群生です。
山中の川に向かっての切り立った地に。

          サンシュユの群生
画像


車が離合出来ないほど細い道なので、前後に車が来ていないのを確かめて、急いで写しました。目が覚めるほど綺麗でした。

画像




道沿いには、十津川をせき止めて作られた幾つかのダムが有ります。

画像


十津川(ダム湖)の美しい事!宝石の様です。
でも、このダムを作るのに幾つかの村が立ち退きを迫られた事でしょう。

画像




谷瀬(たにせ)の吊橋

沿線最大の名所、谷瀬(たにせ)の吊り橋が見えてきました。
長さ297メートル、高さ54メートル、鉄線橋では日本一の長さです。

          地元民がお金をを出し合って建設した生活道路橋
画像


中央の板の下にネットは張られていないので、割れたら谷底に転落です。真ん中まで歩くと、かなり上下にゆれます。

     「危険につき20名以上は同時に橋に乗らないように」の旨の注意書き有り
画像




湯泉地温泉

十津川本流の左岸にある湯泉地温泉は十津川村で最も古く、550余年の歴史を秘めた渓谷沿いの素朴な温泉です。

旅館「湯の里」到着!
一日5組以上は予約を取らないという、谷間にひっそりと建つ源泉掛け流しの湯宿です。


          湯の里
画像


河川の崖の上にあるため露天風呂からは清流や山々の大パノラマの展望が楽しめます。

          露天風呂からの眺め
画像


お湯も良し、料理も良し、宿の人たちも素朴で親切、幸せ!




この記事へのコメント

  • 風の旅人

    怒濤の勢いやんか。
    奈良からこのルートなら4時間はかかったでしょう。
    谷瀬の吊橋は渡りましたか?
    地元の方はここを単車で走りまっせ。

    この橋の中央まで行けば、泳いでいる鯉が見られますが、一寸は覚悟がいるかなあ(笑)

    5組様限定の温泉宿。
    落ち着いた雰囲気で宜しいなあ
    旅の疲れもこの露天風呂に入ったら、とれたんじゃないでしょうか。
    2008年04月11日 00:48
  • impression

    mugen殿、
    ご主人に運転をさせて助手席で撮影ポイントで指示したり、暇な時は居眠りをしたりしてはダメですよ。
    この地区はひなびた温泉地が点在していて、私も数回行きました。 よかった、ヨカッタ!
    写真も良いですがゆっくりとスケッチするのも最高!
    以前のBlogですが・・・・。
    http://impression.at.webry.info/200609/article_2.html
    2008年04月11日 10:25
  • 庵主

    いい旅してらっしゃいますね。谷瀬の吊り橋も久しぶり、行った気分で拝見しています。湯泉地温泉いい湯でしよう。
    2008年04月11日 18:05
  • さかなchan

    お帰りやす。心配していた、雨にもあわれず良かったです!道は狭かったでしょ。昔、その道は鉄道が走っていたんですよ!
    天誅組も其処から出ています。私は其処から瀞峡、那智勝浦、白浜、大地、と船やバス・鉄道でゴトゴト移動してました。車ははやいですね~。写真好いですねー。
    2008年04月11日 19:58
  • mugen

    風の旅人 さん
    谷瀬の吊橋渡りましたよ。真ん中辺りで下を見ると心臓がドキドキしますが、・・・。
    十津川沿いの景色も綺麗ですね。
    2008年04月11日 22:05
  • mugen

    impression さん
    細くて曲りくねった十津川越えの道を運転するのは、私には無理。助手席が良いです。
    impressionさんのブログ拝見してきました。この辺りの樂しいドライブ旅行を何回かされていたのですね。
    2008年04月11日 22:51
  • mugen

    庵主 さん
    まだまだ自然がいっぱい有って、良い所ですね。
    庵主さんも以前に行かれたのですね。
    景色、料理、温泉・・・全て良しですね!
    2008年04月11日 23:00
  • mugen

    さかなchan さん
    心配して下さってありがとうございます。

    エッ!鉄道が走っていたのですか?
    何処かに痕跡が残っているのですか?

    さかなchanさんはロハスな旅をされたのですね。時代の先取りをされていたのですね!
    2008年04月11日 23:12
  • 大きな森の小さなギュラリー

    サンシュウの群生は、どんなに素晴らしいでしょう。夢のようです。雑木林の中で一本、見つけるだけであたりがぽっと明るく感じますから。季節は、黄色で始まりますね!
    2008年04月12日 00:04
  • mugen

    大きな森の小さなギュラリー さん
    カーブを曲がった途端に、黄色の色彩が目に飛び込み、あまりの華やかさに歓声をあげました!
    おっしゃる様にあたりがぽっと明るくなりますね。
    その群生が傍に行くまでサンシュユだとは解りませんでした。
    2008年04月12日 00:46
  • 十津川(ダム湖)って
    本当に美しいですね。
    とても神秘的。
    2008年04月14日 08:10
  • mugen

    月 さん
    十津川は本当に美しいです。
    エメラルドグリーンの川面に桜が写ってる様子は言葉に表せない程ですよ。
    2008年04月21日 13:44
  • きん

    谷瀬吊り橋の中央の板は、ワイヤーの上に敷かれているようです。さすがに何もなかったら、結構転落死続出してると思いますw
    2008年08月24日 23:29