真如堂(真正極楽寺)

以前から行ってみたいと思っていた真如堂を訪ねました。

真如堂は、比叡山延暦寺を本山とする天台宗のお寺です。

画像


先ずは、手水舎で両手を清めて・・・。
太陽光を透かしたモミジのなんと美しい事!

画像


御本尊は阿弥陀如来立像です。本堂ともども重要文化財に指定されていて、御開帳は一年に一度だけ。

慈覚大師が像を彫られた時「比叡山の僧のための本尊になって下さい」とお願いされると、如来は首を振って拒否されました。「都に下って、すべての人々をお救い下さい。特に女の人をお救い下さい」と言われると、如来がうなづかれたところから、「うなづきの弥陀」とも呼ばれているそうです。(如来様の写真は真如堂HPより)

画像


東山を借景の「涅槃の庭」。
向かって左(北)を頭にしたお釈迦様が右脇を下にして横たわり、その回りを弟子や生類たちが囲んで嘆き悲しんでいる様子が石によって表現されています。

画像


文化財にも指定されている、重厚な「三重塔」。

画像



真如堂は紅葉の美しいお寺としても有名です。秋には、広い境内真っ赤に燃えあがり、多くの人で賑わいますが、今の季節は人も少なくゆっくりと楽しめます


明日は大原の里へ行きます。


この記事へのコメント

2008年09月18日 11:55
秋の日の光に、寺を静かに訪ねられる。心穏やかな旅でいいですね、こうして、お寺の由来を知ると、私までが心穏やかになります。もみじに透けて、秋の光に満ちた旅ですね。つぎは、大原ですか、
impression
2008年09月18日 12:33
mugen殿、
真如堂!!!!! 良い響きの名前のお寺でしょう。
多くの名所旧跡が近くにあって。
この辺りと言えば美味しい豆腐(やっこ)と蕗の薹の佃煮で美味しいお酒をキュッと一杯ですね。
思わず、舌なめずりをしています。 
malihini
2008年09月18日 19:24
mugen様
京都在住の方よりいろんな京都を堪能されっておられるようですね! 涅槃の庭・まさに其の姿に見えてきます。 ところで、お釈迦様は食中毒で亡くなられたことをご存知でしたか?
mugen
2008年09月18日 22:01
大きな森の小さなギャラリー さん
気の合う友達と語らいながらの散策は楽しいです。そこが、美しい場所や、歴史の有る所、魅力ある個所などならなおさらです。
京都は、そんな処がいっぱい有りますね。
mugen
2008年09月18日 22:14
impression さん
ホント、良い響きの名前ですね。「真如」とは「あるがままにあること」と辞書にありました。良い言葉ですね。
これから益々お酒が美味しい季節になり、impressionさんの楽しみが増えますね!
mugen
2008年09月18日 22:28
malihini さん
お釈迦様は食中毒でお亡くなりになられたのですか?知りませんでした。
真如堂は古い歴史のあるお寺ですが、この「涅槃の庭」は昭和に作られたようです。