北野天満宮・梅花づくし <京都>

菅原道真公を主祭神とし、学問の神様としても知られている「北野天満宮」に行ってきました。

画像


ことのほか梅を愛された菅原菅公をお祀りする北野天満宮には、広い境内に50種約2,000本の梅が植わっています。

画像


今、境内一円は、ふくいくとした香りで包まれています。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


「思いのまま」・・・1本の木に紅花、白花が混じって咲いています。

画像







この記事へのコメント

  • 風の旅人

    しかし今回の旅、長浜、彦根、京都へと縦横無尽の行動ですなあ
    この行動力にはワテも正直なところ驚きました。

    北野の天満宮の梅も今神頃ですね。
    この時期に行ったことがないけど、宜しゅうおますなあ
    2009年02月26日 01:15
  • 辛口兄さん@携帯

    おはようございますo(^-^)o
    50種類もあると見応えありますよね~。
    そんなにたくさんの梅はまだ見たことありませ~ん。探してみようかな?(^^)
    2009年02月26日 08:08
  • impression

    mugen殿、
    お早うございます。
    神出鬼没のmugen殿らしい行動ですね。
    昨日、北野天満宮では梅花祭が執り行われました。
    あいにくの天候だったのですが、上七軒の綺麗どころが野点で持てなしていました。

    一枚目のアングルは北野天満宮のパンフレットによく使われていますよ。
    一度見られては・・・・・!
    最後の紅白そろい踏みの梅は庭師の悪戯で、接ぎ木をしたそうで、大覚寺にもあります。
    2009年02月26日 08:34
  • 京都に住んでいた頃
    梅の有名な所に行ったことが
    ありましたが、ここ
    北野天満宮でした。思い出しました。
    それまで、梅は紅白だと思ってましたが
    桃色の梅を初めて知りました。

    盆栽も素晴らしいですね。
    自然そのままの姿を
    小さいサイズで再現できるとは
    迫力があって本当にすごいですね。
    2009年02月26日 09:20
  • mugen

    風の旅人 さん
    北野天満宮の梅は何度見ても見事ですね。社殿と梅の木、優しい香り…日本人の心情に合う風景ですね。

    今回も神戸の友人や京都の友人達と色々廻って来ました。
    2009年02月26日 14:28
  • mugen

    辛口兄さん
    天満宮の梅花は丁度見頃です。日本の梅の花の種類は300以上あるみたいですよ。凄いですね。
    日本人は昔から、梅を愛でる心が豊かで和歌などにも多く詠まれていますね。私も梅の花大好きです。

    2009年02月26日 14:50
  • mugen

    impression さん
    梅花祭にはカメラ持参でお出かけになられたのでしょうか?人出も多かったでしょうね。
    紅、白、桃色の木が丁度良い咲き具合だったので撮ってみたのですが、パンフレットと同じとはちょっと嬉しいですね。
    「思いのまま」と名付けられた梅木は接ぎ木だったのですか?説明聞かない方が趣があって良かったかな。
    2009年02月26日 15:01
  • mugen

    月 さん
    季節が巡って来ると、優しい香りと可憐な花を見せてくれる梅は春を感じさせてくれますね。
    北野天満宮は境内も広く梅も上手く配置してあり散策していても楽しいですね。月さんと私、時空を超えて同じ景色を楽しんだのですね!
    400年も生き続けている盆栽も凄いですね!
    2009年02月26日 15:11
  • sourire

    北野天満宮に行ったのは数年前の9月上旬で、バスを待つ間も日陰を探すくらい暑い暑い日でした。
    今行けば、梅の香りに包まれて散策できるんですね。色とりどりの美しい梅の写真を拝見して、とても心を癒されます。特に6枚目の色がとてもきれいですね。
    さっき仕事帰りに新幹線を見ながら京都を思い、今こちらにお邪魔して”京都に行きたい病”がまた始まってしまいました。
    2009年02月26日 15:58
  • 雲の上

    桜も種類が多いですが、梅も種類が多いのですね!
    私のお目にかかったことのない梅の花が有ります、とても綺麗ですね。
    桜よりも梅の方がいいみたい・・・!
    2009年02月26日 17:25
  • さかなchan

    mugen様 ここと思えば、亦アチラ神出鬼没ですね!
    今回は梅の香りを満喫されましたね。いにしえでは、最初は左近の桜ではなく、梅だったそうです。
    諸説ありますが、桜は最初田んぼの神様の依りしろだったとか・・桜のサはサナエのサ、サオトメのサと同じで
    クラはイワクラのクラと同じだそうです。桜が咲く頃
    田植えをしたそうです。
    2009年02月26日 21:22
  • ぶんじ

    彦根の武家屋敷から引続見せていただきました。
    ずいぶんと充実の旅ですね。
    天満宮の梅、紅梅、白梅、枝垂れ、と
    みごとですね、いながらにして春を
    感じさせて頂きました。
    有り難うございました。
    2009年02月28日 00:03
  • 散歩おじさん

    神出鬼没のmugenさんですね。
    学問の神様、天神様には息子の受験の時や就職試験の時ぐらいしか行きませんでしたが、東京の湯島天神にはちょくちょく出かけています。どうして天満宮、天神様には梅がよく似合うのでしょうか?
    2009年02月28日 16:13
  • mugen

    sourire さん
    天神さんには幾種類もの梅が咲き競い、社や灯籠などとマッチして素敵な雰囲気を醸し出していましたよ。
    お仕事を持っておられると、旅行にお出かけになる時間をとるのは難しいですね。その分楽しみも倍増する事でしょう。
    2009年03月01日 23:56
  • mugen

    雲の上 さん
    花良し、香り良し、梅も魅力的ですね!
    顔を近づけて匂いを楽しんでいる人、みんなにっこり微笑んでいますね。

    2009年03月02日 00:03
  • mugen

    さかなchan さん
    それで、北野天満宮は左近に梅が植わっているのですね。大きな紅梅でまだ三分咲き程でした。右近は松の様でしたが・・・違ったかな・・・?

    桜のサはサナエのサ、サオトメのサ、クラはイワクラのクラ…昔の人の知恵は凄いですね!
    2009年03月02日 00:12
  • mugen

    ぶんじ さん
    彦根に行った日は寒い一日で、雪の積もった冬枯れの庭園を見て来ました。新緑の頃、桜の頃には又違った景色が見られるのでしょうね。
    梅の種類も随分多くあるようですが、天満宮には50種類もあるとかで驚きました。
    2009年03月02日 00:21
  • mugen

    散歩おじさん
    天満宮祭神の菅原道真が梅を愛し、詠んだ和歌も有名ですね。大宰府に左遷されていた時の飛梅伝説などから、梅を象徴として神紋に梅鉢紋などが多く使用されたり、植えられたりしたようですね。
    我家も子供達の受験の時お守りを頂きに行きましたよ。
    2009年03月02日 00:35