彼岸花

皆さんのブログで彼岸花を見かけたので探しに行ってきました・・・咲いていましたよ!

今年は咲くのが遅れていると言われていましたが、ちゃんとお彼岸の頃には咲き始めるのですね。DNAセンサーが組み込まれているのかしら・・・?

画像


子供の頃、「火事花」だから採ってはダメと、叱られませんでしたか?
燃えるような色からの連想でしょうね。それに毒性のある花だから触らせないようにの配慮もあるのでしょう。

今は、品種改良もされ家庭花壇で楽しむ花の一つになっていますね。

画像



この彼岸花は道の脇に咲いていましたが、これから田んぼの畔にも咲き始めることでしょう・・・白い彼岸花も見てみたいですね。








この記事へのコメント

さかなchan
2010年09月23日 08:01
mugen様
彼岸花、が咲くと子供のころよく触ってはいけないと確かに言われましたね!
コチラでは、ボツボツ遅れながらでもコスモスも咲きだしましたよ!!
それからナンバンギセルのことですが、間違いなく詩に出てくる(マンニョウシュウ)オモヒグサ其のものです。
風の旅人
2010年09月23日 09:44
昨日大阪の北部を旅してきました。
旅の途中で彼岸花を探していたところ、白い彼岸花を1本見つけましたが、日本でよく見かけられる赤い彼岸花はまだ少しだけ出ていましたが、咲くまでにはあと10日はかかるみたい。

地域差もありますが、今年はやはり遅れています。
2010年09月23日 12:21
青空をバックにした彼岸花、鮮やかですね。ローアングルで撮られたのでしょうか。
彼岸花、私は子供のころは身近で見かけることがなかったので知りませんでした。何といっても新美南吉の童話「ごんぎつね」で印象に残りました。
今は、園芸ものが多く、あちらこちらで見かけられますね。でも、素朴な野原の彼岸花が私は好きです。
2010年09月23日 19:55
こんばんは。
鮮やかな赤色が綺麗ですね。私も探しているのですが、見つかりません。何処かに咲いているといいのですが。
mugen
2010年09月23日 21:37
さかなchanさん
子供の頃は、摘んではいけないと遠くから眺めていた彼岸花も、群れ咲いている所は、今では観光地になっていますね。

オモイグサ、やはりそうでしたか。有難うございます。
2010年09月23日 22:10
こんばんは。
まさに「火事花」ですね。昔の人は上手く命名したものです。家の庭に植えちゃいけないなどと云いますが色も形も好きだから植えています。(笑)
彼岸花ってお彼岸にぴったりの花なんですがねぇ。
今年はどうもセンサー調節が難しかったのでしょうか。総じて遅れ気味ですね。
2010年09月24日 08:51
昔見たドラマで、黒い襖に炎の絵があって
よく見ると、夜の彼岸花の絵のようでした。
園芸店でしか見かけたことがないので
群生している彼岸花を見てみたいですね。
特に、夜だと、炎のように幻想的で
美しいことでしょうね。
mugen
2010年09月24日 13:50
風の旅人さん
北海道旅行からお帰りになったばかりで、又ご旅行にお出かけだったのですね。

彼岸花、あちこちで咲き始めたようですが、白色は見かけません。風さんはご覧になられたのですね。
mugen
2010年09月24日 14:12
茜雲 さん
日本列島何処にでも咲く花かと思っていましたが、咲かない地方もあるのですね。

「ごんぎつね」のお葬式の場面でしたね。昔からお墓にはいっぱい咲いていました。それで、忌花とも言われたのでしょうね。
mugen
2010年09月24日 14:16
毎日日曜人 さん
今年は咲くのが遅れていると皆さん言ってられますから、毎日日曜人さんのところはこれからかもしれませんね。私は白い曼珠沙華を探しているのですが・・・?
mugen
2010年09月24日 14:26
庵主さん
最近は品種改良されたのでしょうか、紅、白、黄、桃色などの彼岸花を家庭の花壇でみかけますね。

庵主さんのお庭の彼岸花も咲き始めましたか・・・白色のもありましたね。両方咲けば綺麗でしょうね!
mugen
2010年09月24日 14:36
月さん
彼岸花は暑さには弱いのでしょうか? そちらでは咲かないのですね。

黒い襖に深紅の彼岸花、妖艶ですね。
子供の頃「火事花」「忌花」と言われて育ったので、群生している彼岸花を夜に見るのはちょっと怖い感じがしますね。
2010年09月24日 15:12
咲いてる花のまわりには、たくさんの蕾が
ありますが、満開になるのはまだ先ですね。
道祖神があると なぜかホッとしますね。 
impression
2010年09月24日 19:35
mugen殿、
咲き出しましたか・・・・、季節をちゃ-んと読んでいるのですね。
青空をバックのヒガンバナのアップ好いじゃないですか。
ヒガンバナの根に毒があるので”イタチ”が畦に穴をあけないように植えたとの説があります。
今は白色、黄色、ピンク、赤等まで園芸種が多く出回っていますね。
火事花から雪花まで・・・・・。
2010年09月25日 15:46
mugenさん、こちらではまだ咲かないようです。いつもなら下の川辺に、はっとするような凛々しい花を咲かせてくれるですがでも、もうすぐあちらこちらから花だよりが届くのでしょう、そんな季節がやってきました。
mugen
2010年09月27日 18:57
ロク゜の大好きな徳さん 
田んぼの畔に咲いている彼岸花もいいものですが、道祖神を守るように咲いている彼岸花も、微笑ましくて良いですね。
mugen
2010年09月27日 19:20
impressionさん
彼岸の頃にはちゃんと咲き始めるなんて、優秀なセンサー持っているのかしら・・・自然の不思議ですね。

白い彼岸花が見たいと探しています。
mugen
2010年09月27日 19:36
大きな森の小さなギャラリーさん
青い空の下、ハッとするような真赤な花が、川辺に転々と咲く風景を思い浮かべています。綺麗でしょうね。

白い彼岸花も咲くのかしら・・・?
2010年09月27日 23:35
見事な彼岸花ですね!
鮮やかな色艶。
一度、彼岸花の群生を見たいと思っているのですが未だに見ていません…
そういえば、ココアの散歩時に二輪だけ咲いている白い彼岸花を見ましたよ♪
初めて見たので感動しました☆
mugen
2010年09月30日 13:15
キャプテン アフリカ さん
こんなに鮮やかな紅を、群生で見たら圧倒されるでしょうね。去年まで毎年白い彼岸花が咲いていた場所は今年は1本も出ていないのですよ。残念で~す!