五山送り火 《京都》

8月16日は「大文字の送り火

今年は、北白川の辺りから「大文字」を眺めました。

画像


京都を囲む5つの山の中腹に巨大な火の文字が浮かび上がります。
お盆の間に帰って来ていた祖先の霊が、この送り火にのって再び彼岸へと戻って行くのです。


「大文字」 (左京区浄土寺・大文字山。20時00分点火)
「松ヶ崎妙法」 (左京区・西山&東山。20時10分点火)
「舟形万灯籠」 (北区西賀茂・船山。20時15分点火)
「左大文字」 (北区大北山・左大文字山。20時15分点火)
「鳥居形松明」 ( 右京区嵯峨・曼陀羅山。20時20分点火)


五山の送り火は少しづつ時間をずらして点火されます。子供の頃、少し高い所に登れば、3つか4つの送り火は見えましたが・・・今は余程高い所に登らないと見えないのでしょうね。

今年、残念なのは、東北地方の鎮魂の言葉が書かれた護摩木が、燃やされなかったことです。大文字の送り火として一番ふさわしい護摩木であるはずなのに・・・・!





この記事へのコメント

  • malihini

    mugen様 京都にお越しでしたのですか・・・
    本当に東北の方がたをがっかりさせる事がらでしたね!
    なにぶんイチゲンさんお断り・と言う土地柄ですかねェ保存会の嫌なところを見ました。市民の感情をないがしろのようで、恥ずかしい思いをしています。
    2011年08月18日 16:56
  • リンゴ

    五山の送り火はお盆の盛大な行事ですね。
    少しずつ時間をずらしての点火は、初めて
    知りました。次々と点火される様はみごた
    えがあるでしょうね。
    送り火は、色々な物をを浄化してくれそう
    です。
    2011年08月18日 22:10
  • impression

    mugen殿、
    北白川辺りだと観られるのが限られますね。
    鴨川まで出ると妙法も観られたかも・・・・・。
    例の護摩木の件は京都人として非常に恥ずかしいことですが、その後の対応を見つめたいと思っています。
    私は何時もなら、広沢の池に陣取って鳥居形と灯篭流しを写真に取るのですがあまり気乗りがしなかったので今年は写真はありません。
    何故でしょうね。
    2011年08月19日 11:06
  • 風の旅人

    今年は例年なく行く気でいましたが、陸前高田の松の木が使えなくなったニュースを見て行くのを止めました。

    結局テレビで五山の送り火を見ていましたが、同じ思いをされた方がどれほどおられたことか。
    観光収入を考えただけでも損ですよ。

    毎年の行事ですから次回はこんな事にならないように、準備して欲しいものです。
    2011年08月19日 18:25
  • 茜雲

    今年は、“鎮魂”、この言葉が重くのしかかってきますね。想いはみんな一緒ですが、複雑な問題が憎らしいですね。それを現実的にどう受け止め、賢く解決していくか、我々に与えられた課題だと思います。
    2011年08月19日 20:30
  • mugen

    malihiniさん
    malihiniさんは、何処から大文字を眺めておられたのでしょう・・・?

    今年は、東北震災でお亡くなりになった方々、未だ、行方不明の方々の霊も、大文字の送り火で彼岸へお帰りになったことでしょう・・・陸前高田の松明が燃やされなかったのは残念です!
    2011年08月20日 11:34
  • mugen

    リンゴさん
    家の門口で「おがら」を炊いて、祖先の霊を迎える「迎え火」の行事も今では見る事が出来ませんが、帰って来ていた霊が、あの世への道に迷わないために送り出す火が「大文字の送り火」です。

    今年は、関東大震災でも多くの命が失われました。
    この「送り火」で天国に戻られたことでしょう。

    2011年08月20日 13:02
  • mugen

    impressionさん
    今年も、広沢の池に多くの方が集まられたことでしょうね。impressionさんは・・・?

    陸前高田の松明が燃やされなかったのは、ホントに残念ですね! 震災で亡くなられた方々の霊を、この松明でお送りしたかったですね。
    2011年08月20日 13:12
  • mugen

    風の旅人さん
    ホント、残念ですね。
    戻ってきていた霊を、天国にお送りするのに、陸前高田の松明を燃やして欲しかったですね。

    今年は、姉の家がある北白川から大文字の送り火を眺めました。
    2011年08月20日 13:54
  • たまて箱

    こんにちは。皆さんのコメントと同じく
    とても残念ですね。
    送り火の画面を見ながら安らかにと・・・
    皆さんの幸せを祈りました。
    ふるさとは好いですね。
    2011年08月20日 17:22
  • キャプテン アフリカ

    まだ一度も、見たことがありませんが壮大な送り火ですね。
    そして僕も同意見で、東北の方々の思いの詰まった護摩木を使って欲しかったです。
    2011年08月20日 22:03
  • mugem

    茜雲 さん
    「大文字の送り火」を眺めながら、祖先の霊と共に、関東大震災でお亡くなりになった方々、行方不明の方々のご冥福をお祈りいたしました。今年のお盆は、全国の方々みんなが同じ気持ちだったと思います。

    保存会の方々も、きっと同じ思いだったことでしょう・・・。
    2011年08月21日 11:08
  • mugen

    たまて箱 さん
    京都を囲む山々に浮かぶ「五山の送り火」を眺めていると、地震、津波で亡くなった方々、行方不明の方々の無念さが心に迫ってきます。

    故郷はいつ帰っても良いですね!
    2011年08月21日 12:37
  • mugen

    キャプテン アフリカ さん
    いにしえから続く「五山の送り火」の護摩木としては、残念ながら焚くことは出来ませんでしたが、見守る人々は、関東大震災で無くなった方々、行方不明の方々のご冥福をお祈りしたと思います。
    私達に出来る事は、彼等の事を、何時までも心に留め置くことでしょうね。
    2011年08月21日 13:07
  • 毎日日曜人

    五山の送り火、TVで見ました。護摩木の件でいろいろ有った様ですが、願いは何れも同じで有ると思います。震災でお亡くなりになられた方々の冥福をお祈り致します。
    2011年08月21日 20:07
  • mugen

    毎日日曜人 さん
    そうですね。みんなの願いは一緒でしょう。
    私も「大文字の送り火」に、震災で亡くなった方々のご冥福をお祈りしました。
    何時までも忘れないで、心に留めておきたいと思います。
    2011年08月21日 22:27