ナンジャモンジャの木

今年も、ナンジャモンジャ (ヒトツバタゴ) の花が咲きました。

咲き始めは薄みどり・・・

画像


だんだん白くなってきます。

画像


真っ白で優しくふんわりと・・・

画像


雪のように・・・

画像


青空の下、短い命を輝かせています。

画像


花の命はみじかくて・・・花が散り始めました・・・
この数日、お茶を飲みながら眺めています♪~

画像


もう少しすると、庭は雪が降ったように真っ白になります。





この記事へのコメント

  • 茜雲

    実に清々しく撮れていますね。2枚目、右下のボケも効いていますね。
    一番下の写真、蕗の葉でしょうか、その葉に散ったナンジャモンジャの花びらが乗っかっていて、面白い所を見つけましたね。
    2012年05月10日 19:36
  • futawa

    mugenさん今晩は・・2度目の訪問です。つつじとさつきの区別もおぼつかない私は、貴方のブログを読むと自分が、はづかしくなり又うらやしくもなります。楽しみにしています。ありがとうございます
    2012年05月10日 21:14
  • 毎日日曜人

    おはようございます。
    もうナンジャモンジャが咲いたのですね、咲き始めの薄緑色から散るまで興味深く拝見させて頂きました。青空に向かって咲くナンジャモンジャが印象的でした、ありがとうございました。
    2012年05月11日 07:37
  • impression

    mugen殿、
    ちょっと遅めのおはようさんどす。
    京都ではアメリカ・ナンジャモンジャはよく見られるのですが、和のは何処に咲いているかなぁ。
    例の谷でもアケビの花が可愛く咲いていました。
    もうすぐ、ベニヤマシャクヤクの季節になります。
    請う、ご期待を!
    2012年05月11日 09:40
  • ワインレッド

    ナンジャモンジャの花が密集して咲いて
    いるところでは、遠くから見ると雪が
    かぶっている様に見えるのでしょうね。
    白い花を目立つように撮るのに苦労した
    と思いますが・・上手に撮っていますね。
    2012年05月11日 10:53
  • なんど聞いてもおもしろい名前ですね。
    それにしても、本当にきれいな白い色で
    一面が雪のようなんて夢のようです。
    全記事のアケビもこちらでは見かけたことが
    ありません。
    mugenさんのブログは、私にとっては
    珍しい物にあふれています。
    2012年05月11日 13:38
  • さかなchan

    mugen様 何とも綺麗ですね~真っ白な花が木一面に咲くのは良い感じですね!ナンジャモンジャの方が
    良い名前のように思います(感じが出ていますもの)
    ヒトツバタゴ少し舌を噛みそう・・・
    2012年05月11日 17:04
  • 風の旅人

    ナンジャモンジャの木はいは頃咲くんですか。
    麗澤学園に泊った時、林の中にこの木がありました。
    守衛さんが花が咲く頃にまた来てくださいとおっしゃっていましたが、なかなか行く機会がなくて今になっています。

    なるほどこんな花だったのか。
    いいものを見せてもらいました。
    2012年05月11日 21:53
  • mugen

    茜雲 さん
    いつも有難うございます。
    もう少しボケ加減が欲しいのですが、私のカメラではこの位が限度でしょうか。

    今は、樹下の蕗の葉も地面も散り花で、真っ白になっています。
    2012年05月12日 12:33
  • mugen

    futawaさん
    コメント有難うございます。再訪とてもうれしいです。

    つつじとさつき・・・似ていますものね。
    我が家にも、今、幾種類かのつつじが咲き誇っていますよ。さつきが咲くのはもう少し後ですね。

    futawaさんと私も同じですよ。解らないことだらけです。これからもよろしくお願いしますね。
    2012年05月12日 13:06
  • mugen

    毎日日曜人さん
    ナンジャモンジャの花の時期は短いのですが、真っ白に咲いている間毎日楽しみに眺めています。
    今は、ほとんど散ってしまい、庭はほんのりと雪が積もったようになっています。
    2012年05月12日 13:12
  • mugen

    impressionさん
    今年もナンジャモンジャの咲く季節になりました。
    真っ白な花は青空の下、清らかな美しさです。

    ベニヤマシャクヤクの咲く季節は、impressionさんの心躍る季節でもありますね。
    2012年05月12日 13:26
  • mugen

    ワインレッド さん
    有難うございます。真っ白な花の美しさはいつまで見ていても飽きませんね。
    写真を撮るのに、庭からや二階からと綺麗に撮れる場所を探して・・・

    散った樹下の白さも、又、美しいですよ。
    2012年05月12日 13:48
  • mugen

    月さん
    面白い名前なので一度で覚えられますね。
    でも、名前に似合わず清楚な花でしょう・・・?

    ナンジャモンジャもアケビも、あまり気候の暑い処では育たないのかもしれませんね。

    月さんにそう言って頂くと、すごーく嬉しいです!
    2012年05月12日 14:11
  • mugen

    さかなchanさん
    ヒトツバタゴの名前を忘れても、ナンジャモンジャは一度聞いたら忘れませんね。

    この清らかな白い花も、私の好きな花の一つです。
    2012年05月12日 14:19
  • mugen

    風の旅人 さん
    以前、風さんのブログに書いてありましたね。麗澤学園のナンジャモンジャの木の事。
    麗澤学園の木は、我が家のとは比べ物にならないほど大きくて立派だと思います。私も一度見て見たいですね。
    2012年05月12日 14:55
  • futawa

    私は勘違いしていました。今までハワイで見た(日立のCMでおなじみの木)がナンジャモンジャとばかり思っていました。今日パソコンで調べてみて別物と初めて知りました。ありがとう一つ賢くなったような気分
    2012年05月12日 17:36
  • mugen

    futawaさん
    わざわざ有難うございます。
    確かに『この木なんの木~』と歌われていますものね。

    「ナンジャモンジャ」も何の木ですか?という意味から付けられたようですね。
    ナンジャモンジャの木は希少種のひとつであり、絶滅危惧に指定されています。対馬では3000本が自生していて天然記念物にも指定されています。
    それに、ハワイのような暑い気候の所では育たないのではないかしら・・・?
    2012年05月12日 18:03
  • ミクミティ

    お久しぶりです。ナンジャモンジャの木ですか。
    名前もそうですが、花もインパクトがありますね。
    清楚で上品な白が素敵です。
    そして、花弁の形状が実にユニークなんですね。何かに似ている!?そんなふうに思ってしまいます。
    2012年05月13日 14:01
  • rosso

    きれいですね♪
    毎年のように見せていただいていますが、雪を連想しますね。
    前記事のアケビもステキでした。
    アケビって、ハーレムなんですね(笑)
    mugenさんらしい、コメントと写真、楽しませていただきました。
    2012年05月14日 07:13
  • mugen

    ミクミティ さん
    こんにちは!
    緑の濃くなる季節に、雪と見紛うばかりに真っ白に咲く花は、一段と際立ち美しく感じられます。
    花びらが4枚というのも珍しいですね。

    そうですね・・・何に似ているのでしょう・・・ね?
    2012年05月14日 11:52
  • mugen

    rossoさん
    有難うございます。
    この季節、次々と花が咲いて、私達を幸せな気持ちにしてくれます。
    花も木も、命をつなぐために美しく力強く生きているのですね。

    アケビ、ほんとハーレムですね。人間社会とは逆ですが・・・。

    rossoさん、もう少しの辛抱ですね! お大事に!
    2012年05月14日 12:01
  • たまて箱

    こんばんは。
    随分と大きな木ですね。
    「この木なんの木気になる木」
    ですね。青空にいいですね。
    2012年05月15日 23:03
  • mugen

    たまて箱 さん
    対馬から送られて来た時は、2mにも満たなかったのに、今では二階の大屋根より大きくなっています。毎年切ってはいるのですが・・・。
    写真は庭からと二階のベランダからと撮っています。
    2012年05月16日 00:36