ホブソンの婿選び ・ 無名塾

仲代達矢と無名塾の演劇を鑑賞してきました。

笑いと人情に溢れた英国流ホームコメディ「ホブソンの婿選び」です。

画像


仲代達矢の直筆のメッセージです。

画像


靴屋の主、やもめのホブソンは大酒飲みの頑固親父。

飲んだくれている頑固親父ホブソンに、反旗を翻した娘達。面白おかしく、簡潔で力強い人物たちが生き生きと描かれています。
この物語は古典と言われていますが、父と娘との愛情と確執、働く大切さ、意義などが、現代社会にも十分通じる問題として演じられていました。

画像


シリアスな役が多い仲代達矢さんですが、今回の軽妙な演技にも、私達は大いに楽しませてもらいました。

さすが、仲代達矢、さすが、無名塾!





この記事へのコメント

2012年07月18日 08:50
仲代達矢、無名塾、名前こそ知れ、私は生の演劇は一度も観たことがありません。素晴らしい時間をすごされましたね。
2012年07月18日 23:16
シンプルに楽しめそうですね♪
しっかりとしたストーリーは時代を選ばない☆
どことなく、ほのぼの感も漂う気になる作品です!
2012年07月19日 13:46
仲代達矢のと無名塾、いつだったかNHK番組で今は亡き奥様の遺志をついで無名塾の指導を、その様子が放送されていました。きびしさとやさしさがすっと伝わってきました。仲代さんといえば黒澤映画の素晴らしい印象のままでなのですが、深みと味わいの仲代さんと無名塾の劇、見てみたいなぁ、身近に劇場がある都会ならではですね、、、、田舎ぐらしのつらいところです。
GAKU
2012年07月19日 22:23
久しぶりです。仲代達矢と無名塾・何だか懐かしい。宮崎
恭子さんだったかしら奥様の名前は?
いいですね。ゆたかな毎日・・ほんもののスカイツリーさえその姿をみていない私です。
mugen
2012年07月21日 10:59
茜雲 さん
少し前に観た演劇「どん底」は考えさせられる事も多く、気持ち沈んでしまいましたが、今回は、エスプリが効いた物語と演技に、楽しい時間を過ごしてきました。

仲代達矢さんの、軽妙な演技も見ものの一つでしたね。
mugen
2012年07月21日 11:07
キャプテン アフリカ さん
いろんな国で、何度も上演されているのは、人間が生きて行く上の、もろもろの要素が物語の中にしっかりと組み込まれているからでしょうね。
mugen
2012年07月21日 11:18
大きな森の小さなギャラリー さん
自然あふれる中での生活は、雄大な自然が見せてくれるドラマを観客として、見て感じて受け止めておられるのではないでしょうか・・・羨ましいです!

仲代達矢さんは、重厚な役が多かったですが、お年を召されてからの軽妙な演技も良いものですね。
mugen
2012年07月21日 11:27
GAKU さん
お久しぶりですね。 お名前を変えられたのかしら・・・?

古典と言われる作品も、古からの変わらぬ人間の営みが描かれているものは、いつの世にも受け入れられて上演され続けるのですね。

スカイツリー、今は混雑していますね。行かれるのはもう少し熱が冷めてからの方が良いですね。
2012年07月26日 19:41
こんばんは。
良い演劇を鑑賞されましたね
仲代達矢さんの笑顔がいいですね。
mugen
2012年07月29日 14:55
たまて箱さん
仲代達矢さん、歳を重ねられて、喜劇てきな演技にも艶が増してきたようです。
楽しいひと時でしたよ。