立冬だけど・・・

今日は、陽射し穏やかな立冬でしたね。

10月中頃の暖かさだと、報じていました。

まだまだ、秋の花が綺麗です。
シュウメイギク・・・まぶしいような白さに惹かれます!

画像


花占いをするのにちょうど良い花びらの数ね・・・ツワブキの側で、誰かが話していました。

画像


お茶室などに一輪だけ挿してあるのは風情がありますね・・・ホトトギス

画像


白い萩の方が、紫のよりも遅れて咲くのかしら・・・。

画像


地面にも花が・・・桜の葉っぱです。

画像







この記事へのコメント

  • impression

    mugen殿、
    昨日から京都は寒さが増しましたよ。

    白のシュウメイギクは清楚で好きな花の一つです。
    逆光で花の後ろから撮ると、光が透って美しさが倍増しますよ。
    緑の芝に桜の落ち葉、何か詩が浮かびそう。
    2012年11月08日 03:45
  • ログの大好きな徳さん

    ホトトギス・・・最近よく目にしますねぇ。
    野山を歩くことが多くなり、いろんな花との
    出会いが愉しい時間を作ってくれますね♪
    お茶もやられるんですかぁ…。
    徳さんは、座禅をやっていました。
    転勤でやめてしまいましたが・・・。
    座禅堂には、花ひとつ置いてありませんでし
    たねぇ。
    掛け軸があるだけの殺風景な部屋でした。
    2012年11月08日 07:18
  • 茜雲

    シュウメイギク、逆光でしょうか、透過光で透き通った花弁がいいですね。群生していてもごちゃごちゃ感を感じません。
    ツワブキの花弁、そうですね、花占いにもってこいですね。首からちょんぎるのはちょっとできませんので、花占いをしている人は見かけませんね。
    2012年11月08日 08:59
  • ワインレッド

    最後の落ち葉を観るまでは、秋を感じません
    でした。
    白のシュウメイギク綺麗ですね~
    光を上手く使ったのが良かったです。
    次の黄色い花も引き立って綺麗でね、
    これも撮るポジションが良いと思います。
    ホトトギスの現物は観たことがないので
    観たい花です。
    次の白い花ですが、後ろのボケ具合が良い
    ので引き立って綺麗です。
    季節の違い有り難う御座いました。




    2012年11月08日 12:38
  • 大きな森の小さなギャラリー

    こちらも暖かく感じられる一日でした。暖かいけれど地面にある桜の色は、いっそう鮮やかです。ホトトギスは母の花、やすらかでおおらか、白萩はこぼれそうにふっくら、、、秋の深まりを知らせてくれる花びらですね、
    2012年11月08日 21:09
  • chopin

    お久しぶりです。
    どの花もきれいですね。
    お庭の花ですか?
    シュウメイギク、大好きな花の一つです。
    秋の花は、春の花のように派手さはないけれど、
    楚々とした可憐さのある花が多いですね。

    2012年11月10日 06:15
  • mugen

    impressionさん
    秋の花は優しく、うら哀しい風情がありますね。
    白い花が好きな所為もあるのかもしれません。

    花びらを透かして光るお日様綺麗ですが、上手く撮れる足ら・・・?今度試してみます。

    秋の散歩は、人々を詩人にしてくれますね♪
    2012年11月10日 11:04
  • mugen

    ログの大好きな徳さん
    茶道も座禅も精神統一に関しては同じでしょうね。
    私も茶道のお稽古に行かなくなって随分経ちます。
    時々、美味しいお菓子を前に、お薄を点てて楽しんでいます。
    2012年11月10日 11:12
  • mugen

    茜雲 さん
    いかに早く、いかに正確にをもとめられている現代では、悠長に「来る・・・来ない・・・」なんで花占いをする若者は居ないのでしょうかね。

    白いシュウメイキクは楚々として好きな花です。
    この時、光を浴びて、とても綺麗でした。
    2012年11月10日 11:20
  • mugen

    ワインレッド さん
    いつも有難うございます。嬉しいコメントでありがとうございます。
    ホトトギスは、どうでしょう、寒い地方には咲かないのでしょうか? 多くの花に混ざっていると地味な感じですが、床の間などにさりげなく活けてあると情緒があって心が休まります。
    2012年11月10日 11:25
  • mugen

    大きな森の小さなギャラリーさん
    秋咲く花は、粗野さがなく品が良いですね。ひんやりとした空気の中で咲いているので、そんな風に感じられるのでしょうか?

    桜の葉の、黄葉、紅葉には、目を見張る美しさです。
    花を愛で、新緑を喜び、落ち葉で楽しませてくれる・・・「桜」は四季を感じさせてくれる日本の花ですね。
    2012年11月10日 11:39
  • mugen

    chopin さん
    おっしゃる通り、秋の花は楚々として春の花とは違った優しさがありますね。
    白いシュウメイキク、私も大好きです。
    残念ながら、友人のお庭のお花なのですよ。いつも株分けしてあげるよと言ってくれているのですが、彼女のお庭で見るのを楽しむことにして、貰わないでいます。
    2012年11月10日 11:47
  • キャプテン アフリカ

    秋の草花も色々あって綺麗ですね☆
    冬へと向けてだんだんと色味を変えてゆく様子が目を楽しませてくれる一方、淋しささえも感じます。
    これぞ秋色ですかね?
    2012年11月10日 19:04
  • WEST

    こんばんは。
    秋のお花達が揃いましたね。美しいですネ。
    mugenさん、お茶をされるのですネ。私も若いころ少し習っていました。母は今も現役で先生をしていますが、娘の私はさっぱりです。。でも、お茶花のお花は、決して派手ではないのに、ハッと魅かれるものがありますネ。
    2012年11月11日 21:33
  • たまて箱

    こんにちは。
    ホトトギスの花丁度良さの咲き始めで
    一輪ざしに似合いそうですね。
    お抹茶の色でまたホトトギスの花が
    引き立ちそうですね。
    2012年11月29日 16:27
  • mugen

    キャプテン アフリカ さん
    お返事遅くなって済みません。
    秋の花は、しっとりとして心が落ち着きますね。
    寒さに向かって咲く健気さも感じられて愛おしいです。
    2012年11月29日 18:02
  • mugen

    WEST さん
    返事遅くなってごめんなさいね。
    コメントを頂いた11日は、京都に帰っていましたので、嵐山に行っておられた WEST さんと、何処かでニアミスしていたかもしれませんね。嵐山・嵯峨野辺りは実家のあるところなのですよ。

    昔は茶道のお稽古をしていましたが、今は勝手流儀で、点てて楽しんでいます。
    2012年11月29日 18:12
  • mugen

    たまて箱 さん
    床の間の一輪・・・風情がありながら、程よくわきまえて、茶室の空間を引き締めてくれますね。

    先日、京都稲荷大社のお山の上にも咲いていて、朱色の鳥居とのコントラストも綺麗でした。
    2012年11月29日 18:22