大本山・法華経寺

鎌倉時代に、日蓮上人が開かれた『法華経時』にお参りに行きました。

宏壮な仁王門・・・正面には本阿弥光悦筆の「正中山」の額が・・・関東三筆の一つだそうですが、上手く撮れなかったので見づらいですね。

画像


木漏れ日の向こうに、檜皮ぶきの屋根と、白い障子のコントラストが美しい祖師堂・・・日蓮大聖人像が安置されています。

画像


僧侶坊や厨、祖師堂などを繋ぐ渡り廊下・・・合図の鐘の音で僧侶たちが毎日ひたひたと渡るのでしょう。

画像


日蓮大聖人の像・・・・・・お隣には享保4年に鋳造された大仏様も鎮座されていました。

画像


五重塔(重要文化財)・・・加賀・前田公の寄進により建立。紅色が美しい五重塔です。

画像


小高い丘を登ると聖教殿・・・国宝 「立正安国論」 「観心本尊抄」、日蓮大聖人の多くの御真跡を保管。

画像


地元の人々には「法華経寺さん」と親しみを込めて呼ばれています。 春、桜が咲く頃は多くの人で賑わう境内も、今はひっそりと白萩が咲いていました。

画像


古井戸の上に、かりんがコロコロ。

画像







この記事へのコメント

  • キャプテン アフリカ

    五重塔、美しいですね!
    紅い陰と緑の葉、そして太陽光が交錯して日本の美を感じる一枚です☆
    2012年11月10日 19:09
  • さかなchan

    mugen様
    仁王門・正中山の金文字ナカナカ良い字ですね!
    画像を大きくしたらよく見えましたョ
    看板の写真を集めていますので興味があります。
    五重塔も良い姿していますね!私は奈良・京都・滋賀大阪など関西の五重塔(三重・十三重含む)は必ず見に行きます。高いところは苦手ですが、見上げるのは大好きです。
    2012年11月10日 21:12
  • impression

    mugen殿、

    お早う御座います。
    心静かに、お寺さんへ・・・・ゆったり、まったりと。

    この頃私はカメラの対象として行っていることが多いようなきがします。
    京都のお寺さんはザワザワしすぎかなぁ?
    2012年11月11日 07:03
  • chopin

    いいですねぇ。
    静かで落ち着いた気持ちになれました。
    渡り廊下がずーっと続いている大きなお寺なんですね。

    白萩が楚々として美しいです。
    ところで、関東の方は紅葉はいつ頃ですか?
    2012年11月12日 08:15
  • 茜雲

    いいお天気の日にお出かけになったようですね。最後の写真、かりんの影が面白いです。
    ”渡り廊下・・・合図の鐘の音で僧侶たちが毎日ひたひたと渡るのでしょう”、目に浮かんでくるようです。
    2012年11月12日 08:22
  • suikoushiya

    >古井戸の上に、かりんがコロコロ。
    古井戸に、かりんコロコロ♫・・・どこか韻を踏んでいるようで頭の中に残ります
    2012年11月14日 16:36
  • mugen

    キャプテン アフリカさん
    紅色の五重塔は美しくそびえています。朱色のは見かけますが紅色は珍しいですね。落ち着いた色で周りの木々に溶け込んでいます。
    2012年11月16日 19:49
  • mugen

    さかなchanさん
    正中山の金文字読めましたか・・・良かった!

    五重塔、京都、奈良、滋賀などにはいっぱいありますね。
    見上げているとおおらかで、ゆったりして気持ちいいですね。
    2012年11月16日 21:53
  • mugen

    Impression さん
    紅葉の美しい季節の京都は、一段と多くの人々で賑わっているのでしょうね。

    いつも、素敵な写真をブログで見せて頂いていますよ。
    2012年11月16日 22:00
  • mugen

    chopinさん
    渡廊下の始まりのところには、大きな太鼓があり、きっとこの太鼓の合図でお坊さんたちが目的に向かって廊下を渡って行くのでしょう。

    境内で咲いていると、一段と白萩が美しく見えました。
    この萩も毎日お坊さんたちのお勤めを見守っているのでしょうね。

    暑い時期がながかったので、関東の紅葉が綺麗に色付くかちょっと心配です。
    2012年11月16日 22:11
  • mugen

    茜雲さん
    渡り廊下はもう少し長く続いているのですよ。ヒタヒタと歩くお坊さんたちの姿を想像して写真を撮りました。 本当は、渡っている姿を見て見たいのですが・・・。

    古井戸の上に転がっているカリンの黄色が綺麗でした。
    2012年11月16日 22:23
  • mugen

    Suikoushiyaさん
    古井戸の上にカリンがコロコロ・・・響きも面白いですが、様子も面白いので撮ってみました。

    コメント有難うございます。
    2012年11月16日 22:31
  • ワインレッド

    仏教関係の建造物を観ると身が引き締まり
    ます。
    また建築内容とか細かい所を観るのも
    楽しみの一つですよね、
    また写真などの被写体としても最高です。
    五重塔の高さ、聖教殿を引き立たせ方など
    撮り方がいいと感じました。
    最後の二枚、緊張がほぐれて良いですね、
    構成方法が上手ですね。合掌。


    2012年11月21日 11:45
  • mugen

    ワインレッドさん
    こんな立派な建造物を昔の人が建てたことに、いつも驚きます。計器も器械もない時代に素晴らしいですね。

    仏像を拝見するのも大好きなのですが、殆ど写真禁止の所ばかりで、残念です。
    2012年11月21日 23:12
  • たまて箱

    こんにちは。
    古井戸の上にカリンの実お寺さんの
    境内らしくいいですね。
    静かな境内からコロコロとカリンと
    お坊さんの白足袋のすり足が伝わって
    来るようです。
    写真の構成さすが~。
    2012年11月29日 16:44
  • mugen

    たまて箱 さん
    お坊さんが、太鼓の音を合図に渡り廊下を渡る様子を想像しながら写真を撮ったのですよ。
    きっと、たまて箱さんのおっしゃるように、すり足で静かに渡られるのでしょうね。

    誉めて頂き嬉しいです。有難うございます。
    2012年11月29日 18:31