おばさんちの庭

山里にある一軒家のお蕎麦屋さん。

私達は親しみを込めて、お蕎麦屋さんの「おばさんち」と呼び、2ヶ月に一度ぐらいは訪ねます。
その、おばさんちの庭や竹やぶに、毎年春になったら、小さな花々が咲き競います。

春桔梗・・・背丈は10 cm、花は可愛く、1cmほど。

画像


キンラン

画像


ギンラン・・・キンランに比べると小さくて目立ず、探すのに大変!

画像


イカリ草

画像


白ヤマブキ

画像


マムシ草

画像


ウラシマ草・・・花の真ん中から釣り糸のようなのが伸びています。花の形はマムシ草と似ていますが、マムシ草には糸がないので、区別がつきます。

画像


クマガイソウ・・・写真は、蕾、開花、枯花です。

画像


画像


画像



クマガイソウと同じように、珍しいとされる「アツモリソウ」も見てみたいと思います。

去年の夏、北海道・礼文を旅した時には、6月に咲く「レブンアツモリソウ」の季節は終わっていて残念でした。「レブンアツモリソウは真っ白で、特に貴重な品種で盗掘に困っています」・・・と管理の方が話しておられましたのを思い出しています。









この記事へのコメント

さかなchan
2014年05月18日 16:50
mugen様 お蕎麦屋さん・おばさんち・と言うから女性の
お蕎麦屋さんなんでしょうねー。そして山野草の
沢山見られる場所なんですね! 私も一昨日、マキノ高原を歩き、あけぼの杉という蕎麦屋さんの(こちらは
おじさんち)ざる蕎麦をいただいてきましたが山菜のテンプラを、てんこ盛りで出してくださいました。
ちなみに、あけぼの杉とはメタセコイアのことです。
2014年05月19日 08:23
おばさんちの庭、とタイトルに書かれていますので、これだけの山野草が庭に咲いているのですね。山野草が育つのにも環境がいいのでしょうね。これだけのものが一ところで撮影できる、私も行ってみたいです。
2014年05月20日 15:54
美味しいと訪ねられるお蕎麦屋さんのこと、おばさんちなのですね。里山にある親しい野の花に囲われた、その中にあるおばさんち、まわりの景色が感じられます。里山は変化に富み、植生が豊かですね。よくよく見るといろんな野生の花とひっそり出会えます。mugenさんにみつけてもらって、うれしそう、はずかしげにうつむく姿です。
2014年05月21日 10:55
こんにちわ~!
mugenさんがお気に入りの「おばさんち」のお庭、珍しい花がたくさんあるんですね~!
ウラシマ草はわたしは一度しか見たことないです。
面白い形をしてますよね。
目立たなくてもmugenさんのように自然や花を愛している人には見つかるかわいい可憐な花々・・。
見ていて癒されました。(o^^o)♪
2014年05月21日 15:25
お蕎麦屋さんの「おばさんち」のお庭、
可愛い山野草を探すのも楽しそうです。
春桔梗とキンランは特に可愛いです。
イカリ草は色がとても綺麗ですね。
ウラシマ草は一瞬、マムシと間違えそう!
お花を探しながら歩くのも良いですね。
何故ウラシマ草なのか。植物の名前も面白いです。
藤ちゃん
2014年05月21日 20:03
毎日忙しくしていると、自然の中で過ごす時間は貴重ですよね。私クマガイソウの開花した花に魅せられて、先日手に入れて、我が家の庭(日陰が良いと聞きました)に植えてみました。来季の開花が楽しみです。
mugen
2014年05月23日 06:05
さかなchanさん
「おじさんち」のお蕎麦と山菜の天麩羅も美味しいでしょうね。行ってみたいです!

メタセコイアの樹をあけぼの杉と言うのですね。一つ覚えました。
mugen
2014年05月23日 06:11
茜雲 さん
里山にある一軒家、周りの畑、竹林、里山など、すべて「おばさんち」の物なので、荒らされることなく守られているのだと思います。

頂くお料理の材料も、肉、魚、そば粉以外はほとんど「おばさんち」の物でまかなっておられます。
凄~く美味しいですよ~。
mugen
2014年05月23日 06:20
大きな森の小さなギャラリー さん
四季それぞれにお蕎麦をいただきながら、可愛い花を探しては楽しんでいます。
おばさんは忙しいので、1ヶ月に数日しか営業していなく、予約も一日一組だけです。
私達はいつも食べて、おしゃべりして、笑って、太って?過ごしてきます。
mugen
2014年05月23日 06:33
彩 さん
美味しい食事を頂いて、可愛い花を見つけて(おばさんに教えて貰うのですが・・・)いつも楽しいひとときを過ごしてきます。
4月、5月は筍のお料理をいっぱい頂き、私達みんな大喜びでしたよ。
mugen
2014年05月23日 06:40
リンゴ さん
「春桔梗」は初めて見ました。こんなに小さくて可愛い花、私のお気に入りになりました。来年も出会えることを願っています。

長く伸びている弦のようなものを、浦島太郎の釣り糸と見立てて、ウラシマソウと名づけたようですね。
昔の人の機知に嬉しくなる名前ですね。
mugen
2014年05月23日 06:47
藤ちゃん さん
始めまして! コメントありがとうございます。

クマガイソウをお庭に・・・来年が楽しみですね。
「おばさんち」では風通しの良い竹やぶに植わっていますね。毎年増えるそうですから、藤ちゃんさんのお庭にもいっぱい増えれば良いですね。