白馬・八方尾根

ゴンドラと2つのリフトを乗り継いで、標高1800mの八方尾根登山口へ。

足をブラブラさせながら乗るリフトのなんと楽しいこと・・・ブラブラさせた足の下を、ゆっくりとお花畑が過ぎてゆきます。

画像


画像


午前9時、登山開始・・・ゴロゴロ岩場で歩きにくいです。この岩は「蛇紋岩」

画像


雲が立ち込め、北アルプスの稜線は見えません。

画像


ミヤマアズマギク・・・足元には可憐な花が励ましてくれます。

画像


カネマツムシソウ

画像


標高2005mの第2ケルンに到着しました。

画像


第2ケルンは別名、息(やすむ)ケルンとも言い、昭和12年12月26日、ここで遭難された息子さんの供養にお父様が建てられたと、記してあります。冬は視界もきかないほどの吹雪にも・・・

画像


遠くに見えるのが八方ケルンです。もう一息!

画像


2035m、第八方ケルン到着。 

画像


2080m、第3ケルン・・・これより先は、本格的登山装備が必要で、登山表も提出しなければいけません。
ガスがかかっていますが、晴れた日には前方に、白馬三山が聳えているのです。

画像


第3ケルンから眺めた「八方池」2060m・・・尾根伝いに降りて行きましょう。

画像


ハクサンシャジン

画像


ミヤマダイモンジソウ

画像


タカネナデシコ

画像


快晴なら、湖面に北アルプス山脈の絶景が映しだされるのですが、生憎ガスがかかっています・・・でも、十分美しい八方池です。 湖畔で頂くおにぎりは最高!美味♪

画像


稜線を人々が・・・私達も、今、通ってきた道です。

画像


チシマキキョウ・・・高山の岩場や砂礫地に咲き、青紫色、縁に白い毛が生えています。

画像


帰りは違うルートで。所々に雪渓が残っています。

画像


木道の両側には高山植物の花々を楽しめます。

ハクサンチドリ

画像


ハッポウウスユキソウ

画像


ベニシモツケソウ

画像


ユキワリソウ

画像


ユキワリソウ・イワカガミ・チングルマ

画像



八方尾根からは、日本百名山の11峰が望めるそうですが、生憎、ガスがかかって見えませんでした。
でも、景色の素晴らしさ、自然の美しさは十分堪能出来た一日でした。

そろそろ、雲も上がっていきそうですが・・・

画像







この記事へのコメント

さかなchan
2014年08月10日 08:11
mugen様 随分沢山の花と面会できましたね!第3ケルンは人の顔に見えますね。それにしても登山者も随分沢山来ていますが・・その中にあなたと同期生のH.K君も居たかもしれませんね~(同じころ白馬~栂池~八方方面に行ってたそうですヨ) 
2014年08月10日 21:54
清々しくて気持ち良さそうですね!
沢山の高山植物も、それぞれに目を楽しませてくれて良い感じです♪
2014年08月11日 13:14
久しぶりにお邪魔しました。どうもすみません。
五竜、栂池、八方といい山旅してこられましたね。高山植物も旬の時。私も後立山連峰にはこの一、二年の間ご無沙汰してますが、mugenさんのお写真を拝見して、また行きたくなっています(笑)。景色もさることながら、これだけの山の花たちとおしゃべり出来ると疲れる暇もなかったでしょう(笑)。
mugen
2014年08月13日 22:20
さかなchanさん
爽やかな空気の中、ここに載せきらないほどの、多くの高山植物の花々を見ることが出来幸せでした。

同期生に、八方尾根などで出会ったらびっくりしますね! 何処かで、ニアミスしていたかもしれませんね。
mugen
2014年08月13日 22:28
キャプテン アフリカ さん
暑さとは別世界の爽やかさと、可愛い花々の中のトレッキングは最高です。
豊かな自然を堪能してきました。
mugen
2014年08月13日 22:40
庵主 さん
お久しぶりですね。有難うございます。

庵主さんの様に本格的な山登りは出来ませんが、雪を頂いた山々を眺め、湧き上がる雲に包まれ、季節を謳歌している花々と語らい・・・楽しい思い出に残る山旅をしてきました。
2014年08月17日 12:04
お久しぶりです。
八方尾根に行ったんですね。
うらやましいです。
たくさんの高山植物の写真、どれも可憐で美しいですね~。
石の間から咲いているチシマキキョウが印象的です。
いいお盆休みを過ごされてますね~!
mugen
2014年08月25日 20:35
彩 さん
西日本は雨が降り続き大変な被害が出ていますが、彩さんの方は大丈夫でしたか?

八方尾根は、景色も花も、吹く風も青空も山を覆う雲も、すべて素晴らしく楽しい日々を過ごしてきましたよ。