スイス旅行 〈5 〉ミシャベルアルプス&フェー氷河源流へ

スイスで、氷河がみられる村は珍しくはありませんが、サースフェーは氷河にぐるりと囲まれた村です。

2400mのクロイツボーデン展望台から眺めた「フェー氷河」です。

画像


希望者は、もう一つロープウェイに乗りついで、3200mのハンニックまで行き、「フェー氷河」が溶け始める源流まで歩くことが出来るというので、行って来ました。

途中で、アルプス山岳隊の方達と出会って彼等が登ってきた山の説明など聞いたり、背の高~い彼等と一緒に写真を撮ったりと、ちょっぴり交流(?)をしてきました。

画像


彼等が訓練に登った山です。 前方は、フェー氷河です。

画像


これがフェー氷河の端っこ・・・この一滴が流れる川の源流です。雪渓の溶け始めのようで、何だかひょうしぬけしました。 でも、しっかりと触ってきましたよ。

画像


遠くに目をやると、スイス国内としては最高峰の「ドム」をはじめ、4,000m以上の山々からなるミシャベルアルプス群は圧巻です。

画像



今日は「ツェルマット」に行きます。。シャトル列車に乗って・・・。















この記事へのコメント

さかなchan
2015年07月17日 10:03
氷河の溶け始めの川の源流とか・・私が山に出かけ、これが何とか川の源流と言われ最初の一滴に触るのとはやっぱり規模が違いますネ!
mugen
2015年07月17日 18:48
さかなchan さん
氷河の源流って、氷が溶けているイメージがあったのですが・・・これは、端っこで、ここから何十キロ、何百キロも山の方に、氷河が続いているのです。私達が登っていった道も、100年前には氷河に覆われていたのでしょうね。