スイス旅行 〈8 〉モンブラン

標高1035mのシャモニーから、3842mのエギーユ・デュ・ミディ展望台まで、2800mもの高度の差を、途中の標高2317mにある駅で1回乗り継ぎ、20分程で登ることができます。

ロープウエイから眺めるシャモニーの街・・・この街で、久しぶりに日本食(焼き魚・味噌汁・白ご飯・お漬物など)を頂きました。

画像


このロープウエイは霧や雲が出ていると、直ぐに中止になるので、その場に行かないと運行しているかどうかは解りません。添乗員さんも気が気でない様子でした。

ロープウエイの上昇中、雲、霧の合間に顔を出す氷河や山を写します。

画像


果たして、展望台で雲は晴れているでしょうか・・・?

画像


展望台到着!岩山の中のエレベーターで頂上へ! 風がビュービュー!寒いです!

見えました! 中央奥に見えるのが、アルプス最高峰4810mのモンブランです。一年中解けることがない白い雪が山を覆っていることから、フランス語で「白い山」を意味します。

画像


展望台から望めるアルプスの山々・・・以下の3枚には、登頂中の登山者が何人も写っているのですが、解りますか?・・・写真を拡大して見て下さいね。

画像


画像


画像



ツアーの中に、今まで3回モンブランを見るために訪れたが、いつも雲がかかって見えなかったが、今回見えて良かった~と話しておられる方がいました。 私達ついていますね♪~








この記事へのコメント

aikake
2015年07月18日 21:15
天候に恵まれ、ラッキーな旅でよかったです。モンブランも見ることが出来て素晴らしい体験ですね!私は高所が苦手なのでまずロープウェイに乗ることが出来ないかもね・・・・(登山をしてる人ハッキリ映っています!
とてもピントが合っていて表情まで見えます)
mugen
2015年07月19日 22:05
aikake さん
本当に、お天気には恵まれています。
私達も、展望台に昇るまで、モンブランが見えるかどうか心配していたのですが・・・3000m以上もある展望台ですから、もちろん雲海の上ですし、強風が吹いてとても寒かったですが、モンブランやアルプスを眺めている嬉しさのほうが勝っていました。

写真の登山者達は、酸素の薄い所なので、動きもゆっくり、いつ頂上にたどり着くのかと心配になりました。