草間彌生

白いツツジの花の中に、真っ赤な水玉模様の木々・・・

画像


何だろう!・・・びっくりしましたが・・・「木に登った水玉2017」草間彌生の作品でした。

画像


国立新美術館の周りの木々に、このアート(?)がいっぱい・・・

画像


二階のデッキにも水玉模様・・・

画像


二階デッキの続きには、ステンレス製ミラーボールが敷き詰められた「ナルシスの庭」・・・これも草間彌生の作品です。

画像


ミュシャ展と隣り合わせての会場でしたが、並んでいる人が多かったので、私はミュシャ展だけ見てきました。

画像


草間彌生の代表作の一つ「カボチャ」も鎮座していました。

画像


”今までの歴史を叩き潰して、新しい世界を社会に持ち込もうと・・・私は革命家なんです。”
これは、草間彌生の言葉ですが、彼女の驚異的なパワーは、どこから湧き出るのでしょうね。


そんなことを考えながら、ガラス越しの光を眺めながら、ちっぽけな私は、お茶を・・・

画像

















この記事へのコメント

  • この派手な水玉に特徴がありますね~。
    草間彌生さんのデザインのものって、インパクトが強いように感じます。
    ほんとに強いパワーを感じます。

    国立新美術館に行ってきたんですね。
    わたしはミュシャ展を見に行きたいです。
    2017年05月17日 15:24
  • mugen

    彩 さん
    以前に、草間彌生展を見たことがあるので、今回は私もミュシャ展だけを見てきました。

    草間彌生さんの現代アートは、今、世界中で大人気ですね。
    2017年05月18日 10:19
  • ゆけむり

    お~、赤と白の水玉模様、ちょっとドキッとしますね
    GINZA SIXの照明もこの水玉ですよね
    あの施設にはどうかなって思ったのは自分だけでしょうか(笑)
    2017年05月19日 07:34
  • mugen

    ゆけむり さん
    返事遅くなりました。

    彼女の水玉模様、インパクトありますものね。
    思想や画風を貫いてきたからこそ、今の「草間彌生」があるのでしょうね。
    2017年06月05日 10:13