法目のオビシャ

法目のオビシャは毎年1月15日に八幡神社で行われ、星状の文様に「鬼」と書かれた的を、ガマズミの木で作った弓で射ることで、その年の豊凶を占う300年続いている神事です。

いつも、散策する里山の「小さな八幡様」がその舞台です。

P1060605.JPG

この八幡神社の氏子13軒。其々の家から家長(男性)が、朝9時に集まり、持ち寄った「ガマズミ」の木を削って弓を・・・ガマズミの木はこの日のために、其々の屋敷内や畑で何本も育てています。

P1060622.JPG

篠竹で矢を・・・

P1060612.JPG

細竹と半紙で的を・・・神事が始まるのは11時頃とか、10時半頃訪れると、神事用の材は全て出来上がっていました。

P1060619.JPG

普段は無人の八幡様、今日は近隣の大きな神社の神主さんがいらっしゃいます。

その間に、一年間其々の家に祀っていた去年の弓矢を、とんどで焼いて、天に返します。

P1060617.JPG

神主さんはなかなかお見えになりません・・・皆さん、焚き火にあたりながら待っています。ゆっくり、のんびりした時間が過ぎてゆきます・・・このおおらかさも、300年続いてきた所以でしょうか。

神主さんが到着されたのは、12時もとっくに回った頃・・・

P1060616.JPG

まず、神主さんは、境内の神々に幣束を捧げて回ります。

その後、階段の上にある「本殿」で、弓・矢・的 のお祓い・・・

P1060631.JPG

そして、氏子さん達のお参りが終わった後・・・オビシャが始まります。

まずは、お祓いの済んだ「的」を取り付け・・・

P1060635.JPG

お祓いの済んだ「弓・矢」も並べて用意ができました。

P1060636.JPG

最初に、神主さんが、3本の矢を射ます。
1本目が当たれば、稲作の「早稲」2本目は「中間の中生」3本目は「晩生」が豊作と言われています。

P1060638.JPG

続いて、参加した氏子全員が順不同で、弓を引き命中するまで矢を射ます。

P1060644.JPG

氏子が射終えると、私達も参加させてもらえました。自然木で作った弓なので、真っ直ぐに飛んでくれなくて難しかったですが、教えてもらいながら的に当てることができました!

嬉しいことに、この「弓・矢」を記念にと頂くことが出来ました!「来年、どんどに焼きにおいで」との言葉も・・・

P1060651.JPG

今年、1年間、家に奉っておきます! 石川啄木が詠ったように「何となく、今年はよい事あるごとし」の気分です!








posted by 方向音痴の旅人 at 14:46 Comment(8)

初詣

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

今年の初詣は、近くのお寺さんへのお詣り。

IMG_20210105_095444.jpg

門をくぐると、フジ棚の向こうに本殿が・・・

IMG_20210105_095525.jpg

天台宗のこのお寺・・・最澄さんの教えは「一隅を照らす・自分の置かれている場所や立場で最善を尽くす」 現在の私達の心に響く言葉ですね!

IMG_20210105_095545.jpg

13世紀中頃に制作された御本尊の木造阿弥陀如来坐像は、御簾の向こうに・・・

IMG_20210105_095619.jpg

一隅には、「おびんずるさま」も控えておられます。
おびんずるさまは、お釈迦さまのお弟子の一人で神通力にすぐれていて、訪れる人々の病気を治すために鎮座されています。
治して欲しい箇所を撫でると良いとのこと・・・撫でられて、体中がピカピカ!

IMG_20210105_095647.jpg

お庭には、観音様や、地蔵菩薩様も・・・

IMG_20210105_095821.jpg

IMG_20210105_095932.jpg

池には・・・

IMG_20210105_100104.jpg

IMG_20210105_100116.jpg

お詣りをすませて、庭を巡っている間にも、誰にも会いませんでした。里山の小さなお寺は密には程遠い景色です。

帰り道、紅梅が咲いているのを見つけました!

IMG_20210107_091041.jpg