温泉紀行Ⅴ 紅葉を訪ねて! ②

甲子(かし)山登山

甲子温泉・旅館大黒屋の部屋から、眼前の山を写しました。

画像


旅館大黒屋は山々に囲まれた一軒宿。秘湯の宿です。

新緑の頃に訪れて、みどりの美しさに見惚れていたら、
「紅葉の頃はもっと素晴らしいですよ」と宿の主人が教えてくれました。

それではと、友人を誘って三家族、現地(甲子温泉)集合。
二組は関東から、一組は関西、西の宮から。

今日も快晴!
男性軍はゴルフへ。白河高原カントリークラブ、素敵なゴルフ場の様ですよ。

私達は甲子山登山。

     289号 甲子道路です。これって国道?
画像


白河藩主・松平定信の保養所である大黒屋勝花亭の門をくぐると直ぐに甲子山の登山道。
「車が走れない細い山道の国道」ということで知られる289号線です。
まさに山の中を歩む道、登山道であっても国道。
日本の国道の七不思議のひとつだそうす。

甲子山は傾斜がきついのか九十九折りの道を登ります。

      ブナの木も多く、黄色の葉が輝いています。
画像



      登るにつれて葉の色も鮮やかに!
画像



      甲子峠分岐点、半分ぐらい登ったかな?
画像



      頂上近く、ハゼかしら?
画像


最後の登り20分のきつかった事!
急斜面の上、岩場。両脇に張ってあるロープのお陰で登れました。

      甲子頂上(1549m)で頂いたおにぎり、美味しかったです。
画像


      目の前には旭岳(1835m)が大きくそびえています。
画像



標識には、旭岳、三本槍岳から赤面山への稜線、二岐山、磐梯山まで見えるとありますが、
山・山・山・・・ちょっと解りかねます。

登りは2時間40近分程かかりましたが、下りは半分の時間で済みました。


阿武隈川の源流が流れ落ちている滝にも足を延ばしました。

      衣紋の滝(25m)。
画像


      白水の滝(15m)は滝壺が見えました。
画像


甲子山登山行程約5時間少し。
全山紅葉、秋色の中を歩いて来たあとは、温泉が待っています。

以前にも書きましたが、大黒屋には、岩風呂、うち風呂、ヒノキ風呂、露天ふろ…と
色々有りますが有名なのは立って入る大岩風呂(縦5m横15m幅120m)です。
もちろん、すべて湯量豊富な源泉掛け流しです。

今日は私達は露天風呂へ。

      紅葉した木に囲まれた露天風呂。
画像


色付いた木々に囲まれた露天風呂に入っていると疲れも吹っ飛んでしまいそう!

夜、美味しい食事と、美味しいお酒と、楽しいおしゃべりの後、再度露天風呂へ。
十三夜のお月さまが奇麗!
お星様もきれい!



"温泉紀行Ⅴ 紅葉を訪ねて! ②"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: