前頭葉フル活動 <吟行>

今日は吟行。
この前は彼岸花の咲くころに出掛けたので3ヶ月ぶりの吟行です。

集合は9時。

まず最初は畑中の道を抜けて里外れにある弁財天に。
小さな弁財天ですが注連縄も新しく、小さな鏡餅もお供えされていて、里人に大切にされているのが好ましく感じられました。

画像


周りを取り囲む様に生えている龍のひげには、トルコ色の実がいっぱい。


道は雑木林につづいて・・・裸木が青空に気持ち良く枝を伸ばしています。

画像


道々、梅のつぼみや、冬青草、寒椿…を吟じながら・・・競馬学校の裏に出ました。

日曜日なので騎手の生徒さんも、馬もいません。
「武 豊騎手」もこの競馬学校を卒業しました。

画像


次は白鳥の飛来している池へ・・・。

画像



午後からが大変!
吟行句10句、席題5句、計15句提出。
今日の参加者16名×15句=240句。
短冊に一句づつ無記名での提出なので選ばれるまでは誰の句か解りません。 

その後、皆で廻し読みして、それぞれが7句選句。
そして、それぞれが選んだ理由を発表。そこで初めて作者が名乗ります。

私なんかは、誰かが私の句を選んで下さると、もの凄く喜んでいる初心者です。

夕方5時にお開き。
今日は前頭葉をフル活動!




"前頭葉フル活動 <吟行>" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント