春浅し  吟行 ①

延命寺 <白井市・平塚>

白井市(千葉県)の里山、平塚を散策しました。
里の人々に守られて真言宗豊山派「延命寺」が有ります。
延命寺の山門はベンガラ色。

          山門から観音堂を見て
画像


延命寺境内にある観音堂は、方3間の規模の三間堂です。
昔は茅葺でしたが、今は銅板葺。

          観音堂(寛文8年(1668年)に完成)
画像


          白梅、紅梅も満開
画像


画像


境内の鐘は「絵画梵鐘」と名付けられています。
中国で出会った壁画に感動した住職が作者(田村能理子さん)に働きかけて完成したそうです。

          絵画梵鐘(写真の面はシルクロード月下・商憩図)
画像


梵鐘の絵は 日本と大陸の交流を描いた「二都花宴図」高さ約2m。
鐘の円周に「古都宮園女人立像図」「シルクロード月下・商憩図」「大和童女遊戯図」「古都郊外馬人競技図」の4枚の絵が描かれています。
原画は、中国西安「唐華賓館」のロビーにあるそうです。



ここは、七福神巡りのお寺の一つであり「大黒様」のお寺としても知られています。

          福の神・大黒像
画像


大黒様は米俵に乗っているのを良く見かけますが、この大黒様は天邪鬼の上に乗っかている様です。


"春浅し  吟行 ①"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: