三春の滝桜 (福島・会津 Ⅱ)

三春とは、梅と桃と桜の花が一度に咲き、三つの春が同時に来るという事で名付けられたそうですね。

三春の滝桜」です。 ,樹齢は1,000年以上、高さ13.5m、根回りは11.3m、の巨木で、近くから見た姿は華やかで圧巻です。

画像


一つ一つの花は小さいのですが、枝にびっしりと咲いていて、まさに滝のように流れています。種類はベニシダレザクラ、 国の 天然記念物に指定された三大桜の一つです。

画像


三春町内には1万本以上桜があり、そのうち約2,000本がシダレザクラで「日本さくらの名所100選」にも選ばれています。今の時期、桜色に染まった街はとても綺麗でした。

画像




桜を堪能した後は、290年こだわりの日本酒を造り続けてきた喜多方の「小原酒造」へ。
クラシック音楽を聴かせて発酵させた「蔵粋」は日本初の音楽酒として、注目を集めているそうです。

画像


御店の裏、代々の杉玉が吊らされています。

画像


画像


一つのタンクに、1升びん5000本分が仕込まれています。
見学の時、モーツアルトの調べが流れていましたが、お酒も心地よく音楽に酔っているのでしょう・・・!

画像


バッハやベートーベン、ジャズや演歌などを聴かせた結果、モーツァルトを聴かせると一番醗酵日数が延びることを発見したそうです。






"三春の滝桜 (福島・会津 Ⅱ)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント