桜めぐりの旅 〈1〉 高藤城址公園(長野県)

桜の日本三大名所とは、「弘前公園・青森県」「吉野山・奈良県」「高藤城址公園・長野県」。

その一つ、「高藤城址公園」で、お花見をしてきました。

画像


1,500本のコヒガンザクラが咲き乱れ、城は赤みを帯びた鮮やかな桜色に包まれています。日本さくら名所100選にも選定されています。

画像


桜のカーテンが、幾重にも、幾重にも重なりあって・・・人々のさざめきが花々に溶け込んでしまいそう!

画像


明治の頃、廃藩置県によって高遠城は取り壊しとなり.、荒地となってしまいました。残念に思った旧藩士たちは城跡に桜を植樹し、城下町にあった門を移すなどして公園として整備しました。

画像


コヒガンザクラは長野県の天然記念物。花形はやや小ぶりで赤みを帯び、その可憐さと規模の大きさは古くから、天下第一の桜と称されています。

画像


地面すれすれまでに伸ばした枝の下では、満開の桜に囲まれてのお花見が・・・。

画像














"桜めぐりの旅 〈1〉 高藤城址公園(長野県)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント