初日の出

今年の初日の出は、東京て拝みました。

子供が家を建てましたので新居祝いを兼ねて、みんながお正月に集まりました。ベランダからの眺めです。

7::00

画像


画像


画像


画像


画像


7:10
画像


2019年、元旦の朝日が昇る10分間のショーです。

目を転ずれば、都内のビル群・・・

画像


もっと、右の方を眺めると、富士山が小さく見えます。 
アップで撮ったので、白銀の富士がボケてしまいました。

画像












posted by 方向音痴の旅人 at 11:04 Comment(4)

北海道・サロマ湖 

2泊目宿泊は、サロマ湖畔のサロマ湖鶴雅リゾート。

大きなツリーが迎えてくれました。

画像


サロマ湖は、ホテルの庭の直ぐそば、雪のため近づけませんが・・・湖面は所々白く凍っています。

画像


氷の上にいる鳥はオオタカですが、上手く撮れません。 悠然と空を舞うオオタカも見ましたが、大きいです!

画像


日本で3番目に大きいサロマ湖、多くの鳥たちが飛来するのは当然ですが、海に繋がっているので、アザラシも来るそうです。 この日も来ていたとか・・・私は見ることができませんでした。

画像


蟹、イクラ、ホタテ、ホッケ、鮭・・・冬の北海道は、美味しいものがいっぱい! 
食べて食べて・・・・温泉を楽しんで・・・体重増加で~~す。











posted by 方向音痴の旅人 at 15:41 Comment(2)

北海道・涛沸湖

ウトロから、網走を経てサロマ湖温泉に向かいました。

涛沸湖に立ち寄ります。

画像


画像


画像


白鳥が7羽いるのが解りますか?

画像



車窓から、何度もエゾシカを見ることができました。

画像












posted by 方向音痴の旅人 at 14:57 Comment(4)

北海道・ウトロ温泉

北海道に行ってきました。

女満別空港からウトロ温泉に向かいます。

画像


オホーツク海は白波を立てて・・・冬の海です。
オジロワシが木に止まっているのですが、解りますか?

画像


少し大きくしてみます。

画像


オホーツク海に沈む夕日を見る名所「夕陽台」、あと一ヶ月もすると流氷が黄金色に染まるとか・・・夕日を見るには早すぎる時間です・・・残念!

画像


今夜はウトロ温泉五つ星の宿、知床第一ホテル・・・建物も豪華、食事も豪華でした。

画像












posted by 方向音痴の旅人 at 22:06 Comment(0)

水の郷・大吊橋

宮ヶ瀬湖の遊覧船乗り場の桟橋をまたいでかかる大吊橋。

画像


長さ335m、湖面から高さ21mの吊り橋。大きいですね~

画像


歩行者専用の吊り橋としては、全国有数の長さを誇っているようです。

画像


画像


橋上からの眺めも素晴らしい!

画像


吊橋を戻らずに湖畔を散歩しながら戻りましょう!

画像










posted by 方向音痴の旅人 at 14:41 Comment(4)

宮ヶ瀬ダムの放流

宮ヶ瀬ダムは、宮ヶ瀬湖と呼ばれています

東京都心から約50km県内という近さの場所にある、首都圏最大級のダムです

画像


ダムの上からは宮ヶ瀬湖が見渡せます。「神奈川県の水がめ」というだけあってとても大きな湖です。

画像


宮ヶ瀬ダムから降りるのに、ダム建設工事中に活躍したインクラインを利用します。今は、ケーブルカーとして運転されています。すごい急勾配です。

画像


ダムの下に降りて待っていること数分、いよいよ放流が始まりました。

画像


放流は、放流量が1秒間に30立方メートル、放流時間は6分間におよびます。 「冷たい~!」 水飛沫にみんな帽子をかぶったり・・・

画像


想像を絶する水量が織り成す、ダイナミックな人工瀑布。ゴゴーッという轟音とともに、2本の白い水の筋がどんどん太くなっていきます。

画像


大量に流れ落ちた川底からは、水しぶきがまるで煙のように舞い上がっています。

画像


回り込んで、川底から流れ行く川に架る橋の上から。

画像


高さ100mにある洪水吐口2つのゲートから豪快に放流されていた6分間の水のショーは、終わりに近づいてきました。

斑になって落ちてくる水が、大蛇が2匹滑り落ちてくるようにも見えました。

画像


見応えがありました!








posted by 方向音痴の旅人 at 12:19 Comment(8)

京都・北野天満宮

久しぶりに、北野天満宮にお参りに行きました。

画像


北野天満宮は、菅原道真公を、おまつりする全国約の天満宮、天神社の総本社です。

私達は昔から親しみをこめて「北野の天神さん」と呼んでいます。

画像


天満宮には「使いの牛(神様の使者)」が、あちこちに何頭も佇んでいます。

昔から、傷や病気の箇所をさすると回復するとの言い伝えがあり また頭を擦ると知恵を授かり、賢くなるとも。

画像


「学問の神さま」、「芸能の神さま」としての菅原道真公をお祀りしてあるので・・・

画像


これからの受験シーズンには多くの学生さん達が訪れることでしょう。

画像


私も「お守り」を頂いてきました。

画像


北野天満宮の門前にある「粟餅所・澤屋」で一休み。 粟餅を頂きました。美味!

澤屋さんは、江戸時代の創業、なんと330年以上も続く老舗和菓子店です。

画像







posted by 方向音痴の旅人 at 12:30 Comment(4)

日本海・宮津へ

昨日、嵐山の紅葉は、見頃にはまだ少し早すぎました。

北のほうが色づいているかもと・・・日本海に向かって車を走らせます。
昨夜は雨降り・・・雲が登ってきているので、今日は晴れるかな~

画像


車窓からは少し色づき始めた山々が・・・

画像


「アッ!虹・・・」 手が届きそう!

画像


京北(けいほく)町あたり・・・北山杉が有名ですね。色づいている木の向こうに北山杉がスクッと・・・

画像


ちょっと寄り道してかやぶきの里「美山」へ。国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。

画像


集落の50戸のうち39棟がかやぶきの屋根で、皆さん茅葺の家で生活されています。

画像


集落の道を隔てたところにある紅葉が、とても綺麗!

画像


海沿いを走ります。 宮津湾です。

画像


ランチは「蟹」 今月から解禁になった蟹を食べるのがもう一つの目的です。

お腹が減っていたのと、美味しそうな蟹を前にして、写真を撮るのを、すっかり忘れてしまい・・・こんなに食べ終わってからです!

画像


画像


帰りはのんびり・・・

画像


画像


画像



















posted by 方向音痴の旅人 at 12:57 Comment(2)

嵐山・大悲閣千光寺

11月中頃、京都に帰ったので古巣の嵐山を歩いてきました。

画像


人気観光地、嵐山。その雑踏から離れた山中にある、絶景スポット「大悲閣 千光寺」に行ってきました。

渡月橋から大堰川(保津川)の右岸を上流方面へ30分ほどの歩きます。

画像


暖かな日差しの中、ボート遊びの人々も楽しそう・・・ここ千鳥ヶ淵で中学生の頃泳いだ記憶があります。

画像


木々も少しづつ色づき始めて・・・

画像


保津川下りの船も下ってきました・・・もうすぐ終着の嵐山。

画像


この階段が入り口です。

画像


大きな石に「大悲閣道」とに刻まれています。

画像


つづれ織りの階段や坂道を登って・・・

画像


画像


大悲閣の扁額が掲げられた山門が見えてきました。

画像


山門をくぐると鐘楼が・・・

画像


簡素な本堂には、千手観音様と、迫力のある角倉了以の像が飾られていました。

画像


本堂のとなりには観音堂「千光寺」が・・・角倉了以が晩年過ごしたお寺です。

この観音堂からの眺めは絶景です・・・春夏秋冬何度も足を運ぶ多くのファンがおられるとか・・・

先程歩いてきた大堰川(保津川)も眼下に見えます。

画像


向こうに見える高い山は比叡山、京都市内の町並み、わかりにくいですがの右端の方には京都タワーが。

画像



角倉了以は、日本水運の父といわれる江戸時代の豪商です。
嵐山大悲閣千光寺は、河岸の工事で亡くなった人の菩提を弔うため建立したとされています。









posted by 方向音痴の旅人 at 16:47 Comment(4)

うかい鳥山

東京の緑深き奥高尾の山間に建つ隠れ座敷「うかい鳥山」に行ってきました。 

画像


澄んだ空気に包まれた6000坪もの広大な敷地は、奥深い山里のたたずまい・・・

画像


庭園を流れる清流は、なつかしい日本庭園のもつなごみも・・・

画像


画像


散策路には雑木林も・・・

画像


豊かな自然を借景に、そこここに建つ離れ家の、なんと風雅なことでしょう・・・

画像


有名人が、お忍びで訪れるというのも頷けます。

画像


鯉が泳ぐ池は、空や木々が映り込み、池中にも別の世界が存在しているみたい・・・

画像


今日、私達がお食事をいただくのは、この離れ家です。

画像




いろり炭火焼と季節の美味を味わえるとのこと、楽しみです♪

お膳の前には炉があります。ひょっとして自分で焼くのかしら・・・?

画像


くるみ豆腐の美味しいこと!熱々の海老真丈も美味・・・

画像


冷たいものは冷たく、温かいものは温かく出してくれるのが嬉しいです。

画像


炉に火が入れられました。

画像


網(?)も設えられて・・・

画像


メインの食材です!

画像


それぞれ、焼きながら頂きます。タレ、塩、辛味噌、甘味噌、好きなのを試しながら頂きます。楽しい!

画像


焼いている間に、口当たりの良い茶碗蒸し。

画像


メインを焼き終えたら、朴葉焼きが・・・中身は辛味噌とささみ・・・ほんのり焦げた辛味噌絶品・・・お土産に購入しました。

画像


締めは、麦とろろ飯、お腹いっぱいなのに、美味しくて頂いてしまいました。

画像


まだ、デザートもありました・・・おしることアイス・・・完食!

画像
















 


posted by 方向音痴の旅人 at 12:54 Comment(6)

下鴨神社

下鴨神社

京都は鴨川が中心の町づくりです。鴨川の下流にまつられているお社というところから「下鴨さん」と親しくよばれています。

画像


糺ノ森

5月、この道に「的」が設置しされ、公家・武家装束の射手が走る馬の上から 「インヨー(陰陽)」の掛声とともに矢を放って 走り抜けます。 そして、葵祭が始まります。

画像


画像


神服殿

夏、冬の神服を奉製する御殿 。

画像


みたらし川

修学旅行生達が、おみくじを浮かべて願掛けを・・・    

土用になると池の周辺や川の底から清水が湧きでるところから鴨の七不思議にかぞえられ、湧きあがる水泡の姿を団子にしたことから、みたらし団子の発祥の地とされています。

画像


河合神社

下鴨神社境内糺ノ森の西側に「河合神社」があります。

画像


「方丈記」の作者、鴨長明のゆかりの神社です。

画像


敷地内には「「任部社(とうべのやしろ)」があります。祀られているのは「八咫烏命(やたがらすのみこと)」。
昭和6年に、この八咫烏の神が日本サッカー協会のシンボルマークとなり、サッカーファンの聖地となっているとか・・・


広い敷地と、長い歴史のある下鴨神社には、もっと多くの見どころ紹介したい物事がありますが、又、いつの日にか・・・







posted by 方向音痴の旅人 at 11:03 Comment(4)

京都ホテルオークラで会いましょう!

懐かしい友達と待ち合わせ・・・

京都ホテルオークラのロビーで・・・季節の花「菊」が美しい!

画像


ランチをしながらおしゃべりを楽しみます。

画像


ステーキはフィレを・・・

画像


美味しい食事をしながら・・・笑いもいっぱい・・・

画像


ご馳走様!美味しかったですね!
お腹いっぱい・・・何処かを散策しましょう・・・

ホテルの表側敷地内に、明治維新を成し遂げ近代日本の礎を築いた「桂小五郎」の像が立っています。
この地が長州の屋敷跡だったことから建立されたそうです。

画像












posted by 方向音痴の旅人 at 21:39 Comment(0)

京都・伏見稲荷神社

京都に帰ったので、久しぶりにお稲荷さんにお参りしてきました。

画像


穢れを落とし心身を清めるために、手水を使います。周りはほとんど外国の方・・・

画像


本殿でお参りしましょう・・・和服姿の人々の話す言葉を聞いてびっくり・・・中国語、韓国語、英語・・・

画像


千本鳥居で、人を入れないで撮るのは難しい・・・ここでも、外国語が飛び交っています!

画像


お稲荷さんは、境内いたるところに「お狐さん」がいます。お狐さんは、稲穂、巻物、鍵、玉の4種類を咥えています。

鍵を咥えている「お狐さん」は倉庫の鍵とか・・・稲荷神社は商売の神様、納得!

画像


五穀豊穣を願って稲穂を咥えているお狐さん!

画像


祭礼でもないのに、露天がいっぱい出ています・・・関係者の方に聞いたところ、外国の参詣者が多いので、毎日露天が出ているそうです。

画像





posted by 方向音痴の旅人 at 22:39 Comment(4)

道端の秋

彼岸花が咲いていました。

カメラを持っていなかったので、スマホで撮りました。

画像


画像


スマホの画面では綺麗なのですが、PCに入れるとボケています。残念!

画像


大きな蜘蛛が網を張って、獲物がかかるのを待っています。

画像


景色は秋の準備が整いつつありました。

画像








posted by 方向音痴の旅人 at 09:59 Comment(6)

早朝の里山

涼しくなったので、里山の早朝散策です。

夜中に咲くと言われる「カラスウリの花」に出会えました。

画像


レースのような網目模様が大きく広がって・・・と聞いていたのですが、少し小さめです。まだこれから成長するのでしょうか・・・

画像


朝にはしぼむ月見草も・・・白い月見草もあるそうですね。見てみたいです!

画像


この花々が咲いているのは、小さな川の辺り・・・この川では、時々「カワセミ」も見かけますが、今日は残念ながら会えませんでした。

畑では、かぼちゃの花・・・

画像


ザクロの木には実がいっぱい・・・

画像


庭先には「ぶどう」も・・・

画像


猫たちも、涼しくなったからか、日向ぼこ・・・

画像




posted by 方向音痴の旅人 at 12:11 Comment(4)

実りの里山

突然に、本当に突然に、スポッと涼しくなりました。

そんな日の朝、久しぶりに里山を歩きました・・・迎えてくれたのは、案山子・・・

画像


ここは、毎年、幼稚園児たちが農家の方に教えてもらいながら田植えから刈り取りまで・・・

春、ワイワイはしゃぎながら楽しそうに田植えをしている時にも出会ったのですが、カメラを持っていなかったので撮れませんでした。

画像


秋の里山は、実りの秋・・・

画像


もう刈り取られた田圃もあちこち・・・

この田圃は、手前が、黒米、次が緑米、向こうは、普通のお米・・・みたいです。

画像


稲穂が朝露でキラキラ光っているのですが・・・露の光が撮れません!難しいです!

画像


田圃の傍らに、ひとむれのコスモスが、無造作に咲いていました。

画像









posted by 方向音痴の旅人 at 13:33 Comment(2)

夏の旅・湯河原 <2>

温泉街・湯河原は、また、坂の町・・・

強い日差しの中、奥湯河原の坂を登って行くと「不動滝」に到着。「暑~い」

画像


落差15mながら水量は豊かです。滝壺の左側には身代わり不動尊、右側には出世大黒尊が祭られています。

画像



画像


今日は、湯河原のお祭りのようです。

坂道を下ってくると、広場に多くの山車が集まっていました。

画像


エクシブ湯河原にに戻る途中、山車が次々と・・・

第一分団

画像


摺り鉦に太鼓、横笛・・・道沿いの人達が手を振って見送ります・・・

第二分団

画像


第三分団

画像


第四分団の山車の中も、賑やかで楽しそう・・・

画像


道幅が狭いので、対向車とのすれ違いは大変・・・山車から人が降りて誘導していました。








posted by 方向音痴の旅人 at 17:09 Comment(6)

夏の旅・湯河原 <1>

多くの文豪が愛した名湯・湯河原に、行ってきました。

琳派を現代的なデザインにアレンジし、豪華で斬新な“琳派モダン”をコンセプトにして建てられた「エクシブ・湯河原離宮」に行ってきました。

画像


車寄せ

画像


アプローチを抜けて・・・

画像


ロビーに続く扉も琳派調・・・

画像


鏡のような水面の向こう、正面3階が私達の部屋です。

画像


部屋は、スーパスイートグレイト

客室に一歩足を踏み入れると、しっとりとした和の雰囲気が漂い、温泉の湯の注がれる音が聞こえてきます。
リビングの奥には、黒と金を基調とした落ち着いた和室。

画像


ベッドルームには、屏風に見立てた光壁が大胆にあしらわれ、豪華で美しい空間を演出。琳派調の花模様も美しい!

画像


バスルームには、この部屋専用の温泉がひかれています。

画像


他にも、宿泊者が自由に楽しめる温泉・・・湯河原の地に湧き出る4つの泉質を生かした4種の風情ある露天風呂を楽しむことができます。

岩風呂

画像


月見の湯

画像


竹林の湯

画像


壺湯

画像



昨年、建築されたばかりの「エクシブ・湯河原離宮」は、 琳派を基調とした日本の伝統美を、華麗な色彩や大胆にして繊細な. 画面構成など・・・現代風にアレンジされた美しい建築に目を見張るばかりです!












posted by 方向音痴の旅人 at 17:41 Comment(4)