名勝・渉成園 「枳殻邸(きこくてい)」 

周囲に枳殻(カラタチ)が植えてあったことから、「枳殻邸」(きこくてい)と呼ばれています。 京都駅から徒歩10分ほどにあるこの庭園は、知る人ぞ知る場所で、訪れる人も少なく隠れ家的のお庭です。 京都の、あちこちに溢れるほど見る外国人観光客も、ほとんど見かけません。 高石垣・・・門を入って正面に。長い切石、礎石、石臼などの素材を組み合わせての築きは高度な技術が必要でしょう。私の好きな石垣です。
画像
印月池・・・東山から昇る月影が水面に美しく映ります。
画像
傍花閣(ぼうかかく)・・・個性的でどの方向から見ても奔放で軽快な建物です。訪れるといつも、飽きずに眺めています。
画像
閬風亭(ろうふうてい)・・・大きな建物ですが、軒が深く穏やかな姿です。東山を借景に園池を満喫できます。
画像
侵雪橋(しんせつきょう)・・・頼山陽は雪の積もったこの橋の様子を玉龍に例えています。
画像
回棹廊(かいとうろう)・・・北大島と丹楓渓とを結ぶ檜皮葺の木の橋。
画像
宣如上人の隠居書として建てられ、作庭者は石川丈山。 頼山陽が書いた「渉成園記」は庭の美しさを余すところなく記したものとしても有名です。 私が訪れるのはいつも青葉の頃です。紅葉の頃、積雪の頃、桜の頃にも散策してみたいと思います。
posted by 方向音痴の旅人 at 14:58Comment(0)

渉成園

京都駅近くにある「渉成園」に行ってきました。 周囲に枳殻(カラタチ)を生け垣として植えられているところから「枳殻邸(キコクテイ)」とも呼ばれています。 入園口を入ると、正面の「高石垣」が目に飛び込んできます。 長い切石や、礎石、石臼、山石などが組み合わされた珍しい石組です。
画像
東本願寺の飛地別邸で、庭園は東山を借景とした池泉回遊式、石川丈山が作庭したと伝えられています。 「臨池亭」と「滴翠軒」二つの建物は廊下で繋がっています。
画像
印月池と小滝のある池を結ぶ小川の向こうに建物が・・・桜の木々がたくさん植わっています。春、綺麗でしょうね!
画像
先ほど見えた建物は「傍花閣」左右に二階へ登る階段がある二階屋・・・私の見たかった建物の一つです!
画像
儒学者・頼山陽が訪れた時に、庭園内の素晴らしい見所を「渉成園十三景」として紹介。 今、参観順路として記してあるのでよく解ります。 「侵雪橋」木造の反り橋・・・頼山陽は雪の積もったこの橋を玉龍に例えたとか・・・。
画像
回棹廊」 中央の唐風屋根の天井部には夜半の来客の折に、灯篭を吊って火をともしました。 この地は、「源氏物語」の主人公とも言われている平安時代前期の左大臣・源融(みなもとのとおる)が営んだ六条河原院の跡地と伝えらます。かっては雅な人々がこの橋を渡って、茶室「縮遠亭」に通ったことでしょう。
画像
印月池に浮かぶ島に建てられた茶室「縮遠亭」・・・建築された頃は、東山三六峰の山々が見渡せたことから付けられたとか・・・侵雪橋か回棹廊を渡らないと行けません。
画像
庭園の中心となる「印月池」は濁りの少ない水で満ちています。これは、「琵琶湖疏水」の水を 一部を渉成園へ引き込み、庭園東北部から遺水をへて「印月池」へ流し、満たしているのでいつも綺麗なのです。 「印月池」の向こうに「閬風亭」・・・賓客を迎えるに相応しい大書院で明治天皇も御休息されたとか。
画像
漱枕居」印月池水上に乗り出すように建てられている茶室です。 一度はこんなところでお茶を頂きたいですね。
画像
「渉成園」は、大きな印月池を中心に池畔の繁みに茶室などの建物が点在しています。池には鴨、白鷺などの鳥が舞い降り、街中とは思えない静かなふうけいです。梅、桜や楓の木もたくさんあるので、四季折々楽しめそうです!
posted by 方向音痴の旅人 at 13:38Comment(8)