九重桜・常照皇寺

常照皇寺は皇室ゆかりの寺であり、臨済宗の禅宗寺院です。又、京北の桜の名所の一つです。国の天然記念物に指定された「九重桜」があり、毎年4月中旬過ぎに咲き始めます。 この時期、京都に来ているのを感謝!行ってきました。 迎えの桜 いま満開!来る人を喜んで迎えてくれています!
画像
九重桜 光厳天皇お手植え とされる樹齢600年余の枝垂れ桜 は満開!(国指定天然記念物) 古木の風格が漂っています。
画像
左近の桜 御所から株分けされた桜です。
画像
御車返しの桜 一重と八重が一枝に咲く桜、樹齢400年です。御水尾天皇が、あまりの美しさに車を戻してごらんになった所から「御車返しの桜」と呼ばれる様になったとか・・・。後ろの門は「勅使門」
画像
御車返しの桜は咲きはじめ。これは八重の花ですね。同じ枝に咲く一重の花も見たかったです。
画像
庫裡から方丈に続く廊下
画像
方丈では、見上げると鴨居の位置に仏像(釈迦如来)が祀られています。 頭上から仏像に見つめられながら、入場の時貰ったたお菓子と備え付けのお茶を頂きながらゆっくりとお庭を拝見。
画像
方丈の背後の裏山斜面には、多数の石組を積み重ねた庭が造られています。 石と背の低い緑木の組み合わせが奥行を感じさせます。
画像
方丈と開山堂の怡雲庵(いうんあん)の間の中庭。 もみじの新芽が紅く芽吹いています。
画像
石楠花がお庭に優しい雰囲気を・・・。
画像
常照皇寺には境内に「九重桜」「御車返しの桜」「左近の桜」の3つの名桜がありますが、開花時期がずれる為に3本全てを満開状態で見ることは出来ないです。 今回、そのうち2本が満開、御車返しの桜が咲きはじめと・・・良い1日でした!

高野山・金剛峯寺

高野山は、和歌山県にある標高約1,000メートル前後の山々の総称。 弘法大師空海が修行の場として開いた高野山真言宗、比叡山と並び日本仏教における聖地であり総本山金剛峯寺があります。 金剛峯寺 高野山真言宗の総本山。 門の壁の白線 はお寺の格を表していて5本は最高位です。(映し方が悪いので見えにくいですが5本あります)
画像
大主殿・別殿・・・
画像
それぞれの屋根の上には、防火用の水桶が鎮座しています。かつては高野山全域で見られましたが今も置かれているのは金剛峯寺だけ。
画像
蟠龍庭に続く廊下
画像
蟠龍庭(ばんりゅうてい) 日本最大の石庭(2340㎡)。白い小石で表現した雲海の中を 雌雄2匹の龍が奥殿の建物を守っている姿を表現しています。 龍は青い花崗岩140個、雲海には京都の白い砂が使われています。
画像
台所 黒光りのする広い台所は、色々と想像力がかきたてられて、なかなか面白いです。 水飲み場は湧き水を高野槇(こうやまき)の水槽に溜め使用。もちろん今も。
画像
多勢の僧侶の食事を賄ってきただけに釜も大きく、柱や梁も煤で真っ黒になっています。 この大きな「おくどさん(かまど)」は現在も使われています。
画像
炭をおこす場所もあり、その上には防火対策として凄く大きな煙抜き(煙突)があります。
画像
食物保存庫としては床下収蔵庫や天井からつり下ろした台がありました。つり下ろしの台は風通しをよくし、さらに紙を垂らすことによってネズミの侵入が防げたのです。 正面には台所の神様である三宝荒神をおまつりしています。
画像
壇上伽藍 高野山の中心地。曼荼羅の思想に基づいて根本大塔、金堂等が配置されている。金堂は高野山全体の総本堂で高野山での主な宗教行事が執り行なわれる
画像
根本大塔 真言密教の根本道場。日本最初の多宝塔で、大日如来と金剛四仏がまつられています。
画像
posted by 方向音痴の旅人 at 10:36Comment(8)