江戸東京博物館

江戸東京博物館に行ってきました。企画展は「東京復興」 昭和20年3月10日の東京大空襲により壊滅的な被害を受けた東京が、終戦、占領、講和を経て、復興する過程を、その当時は貴重であったカラーフィルムの写真・映像で展示されています・
画像
人間の持つ、英知、努力、忍耐、向上心、夢、憧れ・・・などの結集が今の東京を育んだのが、写真や映像から感じられます。人間って凄い!日本人素晴らしい! 「この辺りに住んでいたんだよ!」・・・「何にもなくて、いつも富士山がよく見えたなぁ~」・・・「銀座は服部時計店の建物が残っていてね・・・」などと年配の方たちが、写真を見ながら感慨深げに話し合っておられました。 常設展示は「江戸」 活気あふれる江戸の町。今回は、精巧な人形を使って再現されているものだけを載せてみます。  日本橋北詰辺りの町人街
画像
豪商「越後屋」さんの店先。
画像
店内は・・・番頭さん、丁稚さんが忙しく働いています。客も多くて賑わっていますね。
画像
長屋 長屋は一つの棟を数個に区切り、それを又前後に区切ったのが棟割長屋。 江戸時代、町人の7割が、この長屋に住んでいたと説明書きにありました。
画像
棟割長屋の隣は「指物屋」さん。板材を組み合わせて精密な木工作品を作る職人さんです。 この頃は独り者の職人が多かったので、外食産業の蕎麦屋や一善飯屋などがが発達したそうです。
画像
当時の人びとが、実際に使っていた実物資料も豊富に展示しており、江戸東京の都市と文化、そこに暮らす人びとの生活を垣間見ることができました。 館内はとても広く、アップしたのは、ほんの一握りだけです。皆さんもし行かれるようでしたら、歩き慣れた靴でお出かけ下さいね。
posted by 方向音痴の旅人 at 13:10Comment(2)