再会は楽し!

友人から、絵画展の案内が届きました。 とても、素敵な絵を描かれる彼女とは、最近会っていないので楽しみです!
画像
1時間程で帰るつもりでしたが、長年会っていない共通の友人たちが、次々と・・・結局、みんなで夕食を食べることになり、京橋から銀座まで歩きます。 懐石料理の「銀座大志満」で、再会を祝して・・・ 先付・・・桜花豆腐・ウルイと蟹のひたし
画像
造り・・・盛り合せ
画像
煮物・・・治部椀 (大志満は、石川県加賀を源としているので、治部煮は名物ですね)
画像
焼き物・・・鰆の木の芽焼き 筍 空豆 蕗
画像
酢の物・・・小槍烏賊の酢味噌掛け 新若布 胡瓜
画像
食事・・・炊き込みご飯 味噌汁 香の物
画像
食後・・・蓬白玉ぜんざい
画像
食事も、もちろん美味しいでしたが、友人たちとの会話はそれ以上に美味!楽しかったです!
posted by 方向音痴の旅人 at 17:28Comment(0)

絵画・回顧展

糸田玲子さんの個展に行って来ました。 彼女は90歳、年上の友人ですが、今もなを精力的に絵画制作に励んでおられます。
画像
ご夫妻とも画家、お二人で編み出された「蝋」を使っての技法は、20歳代からお二人で研究を重ねてこられたとか・・・
画像
今回の回顧展は、お二人の、1950年~1990年の作品。 50年前の作品も色褪せしていないのは「蝋」を使っていたおかげだと記しておられます。
画像
以後の作品はご主人の芳雄さんの作品ですが、数年前にお亡くなりになられました・・・偲ぶ心で「回顧展」を開かれたのでしょう。
画像
画像
『貧しくとも一生懸命だった当時が、それなりに勢いがあったように久しぶりに作品に対面した時に感じ、又、作品に再開した喜び、驚きもあり、この年代の作品を回顧展に選びました』・・・とパンフレットに記されています。 ご夫妻の素晴らしい人生に大きな刺激と元気を頂いた一日でした。
posted by 方向音痴の旅人 at 10:42Comment(6)

女流画家協会展

女流画家協会展に行って来ました。 毎年、東京都美術館で開催されるので行ってみると、板塀で囲まれ全面改修工事の為2年間休館の看板が・・・。あわてて案内状を見直すと今年は「上野の森美術館」で・・・と。 
画像
友人の絵は、一番右側です。透明絵の具で描かれた想像力と好奇心に満ちた絵ですね。
画像
ブルドッグの絵の前に、可愛い男の子が・・・。
画像
真ん中の絵は激励賞を獲得。
画像
この絵も二つの賞を獲得しています。
画像
いつもながら、女性達のパワー溢れた絵画に圧倒されて来ました。