富岡製糸場 〈群馬〉

世界遺産登録を目指している「富岡製糸場」へ行って来ました。 門を入って正面の建物。1階は事務所、2階は乾燥させた繭を貯蔵していたそうです。
画像
正面入り口には「明治5年」建築のレリーフ。
画像
敷地内には、多くの建物が点在しています。
画像
繭から生糸を取る機械です。ここで、100m競争が出来そうなくらいずーと続いています。 創業当時はフランス式繰糸器が設置された世界最大の製糸工場でしたが、フランス式操糸器では生糸をー人で2枠しか扱えず、その後、 改良を重ね、昭和30年に開発されたニッサン冊型自動繰糸機では一人で120枠も扱える よ うになりました。
画像
上記の繰糸機が設置してある「繰糸場」・・・長さ140.4m、幅12.3m、高さ12.1mの建物。内部は柱のない「トラスト構造」の造り。
画像
指導者として、フランスから技術者や、日本人工女に教えるためのフランス人女性教師達も来日していたので、彼らの為の建物も色々建っています。(ブリュナ館)
画像
日本全土から、技術伝習工女として15歳~25歳の若い女性が募集されて、彼女たちは技術習得後、それぞれの地元で指導者として活躍していったそうです。 群馬県の伊勢崎市にある「小菊の里」に寄りました。 地域の発展のために、地主さんやボランティアの皆さんが、頑張って作っておられます。
画像
青空の下、黄菊が目を瞠るばかりに美しいです。
画像
菊畑の一角に、等身大の案山子さん達・・・顔は植木鉢で・・・ユーモラスな姿は人気者。
画像
画像
季節が終わると、この花々は漉き込まれて畑の肥料になってしまうそうです。
画像
違う畑で栽培し、選定した小菊を、来年又、新たに植え付けるそうです。
画像
ですから、配色の組み合わせによって、毎年違う美しさを観ることが出来ます。
画像
画像
posted by 方向音痴の旅人 at 22:46Comment(8)