初・吟行

お屠蘇気分もまだ抜けきらない4日に、今年初めての「吟行」が催されました。 抜けるような空の青さに、咲き始めた;蝋梅の黄色が浮かび上がります。 なんて良い香りでしょう!
画像
住宅街の真ん中にある小さな調整池に、何年か前から白鳥が飛来するようになりました。
画像
今年はオオハクチョウが15羽飛来しているそうです・・・マガモ・コガモ・カルガモ・・・も。 餌が撒かれると鳥達が集まってきます。
画像
灰色の毛がまだ少し残っている子供のオオハクチョウが近づいて来た時、餌付けしている方は餌を撒くのをやめました。あまり近くで餌をやって、野生の性質が薄れるのを恐れてのことです。 もう少しすると、真っ白な翅と黄色い嘴の立派なオオハクチョウになる事でしょう!
画像
風は少し冷たいですが、気持ち良い散策路を歩きます…冬けやきの木立が美しいですね。
画像
日本中央競馬会 競馬学校に出て来ました。 騎手志望の若い人たちが全寮制の学校で頑張っています。馬も166頭いるそうです。 武 豊騎手も卒業生の一人です。
画像
日曜日なので、練習生にも、馬にも会えませんでした。 この馬場で、武 豊騎手も走っていたのですね。
画像
7km程を歩き、昼食後、吟行句10句、席題句5句を提出。 夕方5時まで、前頭葉に刺激を受けて来ました。

春浅し! 吟行 ②

平塚分校 延命寺から少し歩くと「鳥見神社」。印旛沼の北岸台地北側に計18社あり、「鳥見十八社」と呼ばれています。ここは奉納神楽が舞われる神社です。           鳥見神社
画像
鳥見神社を右に見て真っすぐ進むと突き当りが「平塚分校」。 明治6年開校の「平塚分校」も今は廃校になっています。 里山の廃校は心に何か響く物があるのでしょう・・・俳句の仲間たちは三三五五散らばって句作に励んでいます。           廃校の平塚分校
画像
それぞれの教室には、遠足の写真や登板表、地球儀などが・・・。
画像
主のいない運動場の周りには、今も花が美しく咲いています。 里の人々はこの分校の思い出を大事に守っておられるのですね。 白梅にも花心が紅と白が有るのですね。           花心が紅    
画像
          花心の白
画像
          紅梅          
画像
          和水仙<の香りが・・・
画像
分校の裏門をでると・・・里山に続く・・・
画像
この小道を子供達が賑やかに通っていたのでしょう!
画像
吟行句10句、席題句5句、合計10句提出! ちなみに席題は、鳥の巣・恋猫・種袋・耕し・春焚き火・岩(読み込み)・永(読み込み)。 午前9時30分~午後5時まで、今日も前頭葉フル回転!
posted by 方向音痴の旅人 at 01:15Comment(4)

前頭葉フル活動 <吟行>

今日は吟行。 この前は彼岸花の咲くころに出掛けたので3ヶ月ぶりの吟行です。 集合は9時。 まず最初は畑中の道を抜けて里外れにある弁財天に。 小さな弁財天ですが注連縄も新しく、小さな鏡餅もお供えされていて、里人に大切にされているのが好ましく感じられました。
画像
周りを取り囲む様に生えている龍のひげには、トルコ色の実がいっぱい。 道は雑木林につづいて・・・裸木が青空に気持ち良く枝を伸ばしています。
画像
道々、梅のつぼみや、冬青草、寒椿…を吟じながら・・・競馬学校の裏に出ました。 日曜日なので騎手の生徒さんも、馬もいません。 「武 豊騎手」もこの競馬学校を卒業しました。
画像
次は白鳥の飛来している池へ・・・。
画像
午後からが大変! 吟行句10句、席題5句、計15句提出。 今日の参加者16名×15句=240句。 短冊に一句づつ無記名での提出なので選ばれるまでは誰の句か解りません。  その後、皆で廻し読みして、それぞれが7句選句。 そして、それぞれが選んだ理由を発表。そこで初めて作者が名乗ります。 私なんかは、誰かが私の句を選んで下さると、もの凄く喜んでいる初心者です。 夕方5時にお開き。 今日は前頭葉をフル活動!