クマガイソウ

クマガイソウ」を見に行ってきました。
画像
ひだのある扇型の形をしている葉の間からのびた茎の先に、大きな花をつけるラン科植物です。
画像
似た花に「アツモリソウ」がありますが、私もまだ見たことがありません。 クマガイソウ、アツモリソウの名は、花の膨らんだ形の唇弁を昔の武士が背中に背負った母衣(ほろ)に見立て、がっしりした方を熊谷直実(くまがいなおざね)に、優しげな姿の方を平敦盛(たいらのあつもり)にあて、名付けたようです。
画像
食虫植物のような雰囲気がありますが、この袋に虫を誘い込み、上から出させて受粉を促進するための形だそうです。 自然が生み出した不思議な造形ですね。
画像
竹林には「ウラシマソウ」もあちこちに・・・
画像
ウラシマソウとマムシソウ、ちょと似ていますが、花穂の先が糸のように細長く伸び垂れ下がっているのが、浦島太郎の釣り糸に見立てて名付けられています。
画像
筍も、にょき、にょき!
画像
お土産に頂きました・・・筍ごはん、木の芽和え、土佐煮、若竹煮・・・美味しく頂きました♪~
画像

咲いているかな~? クマガイソウ!

竹藪を抜けて・・・・どんどん進んで行くと・・・ 見つけました! クマガイソウの群れている所です。 ちょと訪れるのが早かったのでしょうか・・・蕾しか見当たりません。
画像
探してみると・・・アッ!一輪だけ咲いていました!
画像
熊谷直実が背負っていた母衣(ほろ)姿が、この花の袋状の唇弁に似ているとクマガイソウと名付けられたそうです。良く似た花で、アツモリソウがありますが、こちらは平敦盛にちなむものです。 クマガイソウとアツモリソウは花の色も違いますが、葉っぱが全然違いますね。
画像
ウラシマソウがあちこちに咲いています。マムシ草とそっくりですが、ウラシマソウには長ーいひげがあるので見分けられます。これが浦島太郎が垂らす釣り糸に見立てて名前が付いたそうですが、名付けた人のイマジネーションの豊かさは素晴らしいですね!
画像
竹藪には白ヤマブキが・・・真っ白な花弁が緑の中で清々しい美しさです。
画像
イカリソウも見つけました。花弁が錨のような形をしているのですか・・・上手く撮れなかったのですが、錨に見えますか?
画像