クリムト展

[あらがえぬ日の誘惑」・・・クリムト展に行ってきました。
画像
会場は上野の森「東京都美術館」
画像
「自分には関心がない。他の人、特に女性に関心がある」と語ったクリムトは、多くの女を性描いています。 上流世界の窮屈な立場の女性たちを、絵の中で解放し、いきいきと魅力的に描いています。
画像
「生と死」も、クリムトの重要なテーマ。 花々に囲まれた生命力溢れる幼児と若い女性、後方のうなだれて死の影を纏う老女・・・この一つの画面に「生と死の円環」を描き込んでいます。
画像
パンフレットにもなっている絵は、クリムトの得意とした黄金とエロスの代表作でしょう。
画像
言われなければ、この絵がクリムトの作品だとは解りませんね。
画像
この枠の向こうに立つと、クリムトの絵と一緒に記念撮影。行列ができていました。
画像
(撮影禁止なので、HPからお借りしました)
posted by 方向音痴の旅人 at 23:30Comment(2)