吉村芳生・超絶技工展

この絵が、鉛筆画だと判りますか?
画像
まるで写真のようなリアルな絵は、見る者を圧倒します。
画像
彼の作品は超絶技工 新聞に描かれた自画像にも、驚かされます。  その日一番おもしろいと思った新聞の一面に、一年間365日、自分の色々な顔を描き続けるなんて凄いです! でも、下記の作品は、もっと凄いのです!・・・新聞紙に顔を描いているように見えますが、実は新聞紙そのものも、鉛筆で一字一字書き摸されているのですよ。
画像
      私にとって描くことはいきること。いきている証し。       今まで見たこともない、新鮮な作品を求めて描いている。       私が描く絵は、常に身近なものがテーマ。       新聞、自分自身、花、自然・・・       身近な生活の中に、テーマは無限にある。       それらをしっかりと見つめ、       描いていくことで自分の足元が見えてくる。       色鉛筆の可能性は、まだまだ有ると思う。       描き続けることでそれをさらに深め、追求していきたい。       吉村芳生 究極のリアリズムより
画像
京都・伊勢丹の「Museum EKI KYOUTO」で開催されていたので寄ってきました。素晴らしかったです! 2013年63歳の若さでご逝去されました。
posted by 方向音痴の旅人 at 13:30Comment(4)