室生寺(女人高野) <奈良>

奈良・室生寺に行ってきました。 桓武天皇の病気平癒の祈願がされ、効果があったことから、勅命により奈良時代に作られたお寺です。           室生寺表門
画像
女人禁制で有名な広大で荒々しい高野山に対し、室生寺は女性の参詣が許されていたことから「女人高野」とも呼ばれています。その名にふさわしく室生山の懐に抱かれて優しく建っています。           仁王門です。左右に吽形(青)・阿形(赤)の仁王像   
画像
「鎧(よろい)坂」の石段を登った正面が室生寺の草創時期に建立された国宝の「金堂」です           金堂
画像
金堂に安置されている仏像の数々は国宝です。薬師如来、地蔵菩薩像、文殊菩薩、十一面観音像の五尊が並び、その前に十二神将像が一列に配されています。 十一面観音菩薩像は女性的な優しさ、美しさのある仏様ですが、残念な事に写真撮影は禁止です。           軍茶利明王(ぐんだりみょうおう)石仏
画像
金堂の東、巨石に刻まれた、一面八臂石仏です。庚申さまとして親しまれ、手が八本あり、諸事を弁じる力があり、障害を取り除く力があり、病気や事故などを取り除いてくれる仏様と信じられています。 室生山の山麓から中腹にかけてが境内となっている山岳寺院で、急な石段を上るごとに次の堂宇が現れます。           石段下から眺めた五重の塔
画像
高さは16メートル、屋外にあるものとしては日本最小です。(最大は東寺の五重の塔) 通常五重の塔は、一番下の屋根が大きく上に向かってだんだん小さくなるのですが、室生寺は石段の下から塔を見上げた時の視覚的効果を考え、五重とも屋根の大きさがあまり変わりません。           雪を頂いた五重の塔
画像
どの角度から眺めても、飽きる事がない美しい五重の塔です! 五重塔の横の道を行くと、奥の院まで450段(下からでは720段とのこと)の階段が続いている。上り詰めると、目の前に空海を祀る奥の院御影堂が。
画像
奥の院から振り返ると・・・。 原生林に囲まれた、この胸突きの石段を・・・頑張りました!
画像
10年前、台風7号の被害を受けた五重の塔の映像を見た時、その損傷の大きさに驚きましたが、今回、修復された優美な姿を見る事が出来て嬉しく思いました!