紅葉狩り  袋田の滝・竜神大吊橋・花貫渓谷

袋田の滝 西行法師が訪れた際、「四季に一度ずつ来てみなければ本当の良さはわからない」と絶賛した袋田の滝に行きました。        「花紅葉よこたてにして 山姫の錦織なす袋田の滝」 西行法師
画像
日本三名瀑のひとつに数えられる「袋田の滝」。高さ120m・幅73mの大きさを誇ります。大岸壁を四段に流れることから、別名「四度の滝」とも呼ばれています。 大きすぎて全容を写すことができません! 上からも見る事が出来るというので、滝を左手に見ながら200段の急階段を登りました。
画像
今日は秋晴れ、空が高い!
画像
登ってみると、袋田の滝の上段の奥に、もうひとつ小ぶりの美しい滝がありました。 生瀬の滝です。        生瀬の滝
画像
滝をを見ながら、紅葉を見ながらお弁当を頂きました。 次に向かったのは奥久慈の竜神大吊橋。 竜神大吊橋 高さ100m、長さ375m歩行用としては本州一の長さの竜神大吊橋は竜神川をせき止めた竜神ダムの上に架けられています。        常陸太田市の竜神大吊橋(渡橋料・300円)
画像
橋の上からは阿武隈・八溝山系の山並みがはるか遠くまで見渡せます。 下を見ると木々は色付き、ダムには雲が映っています。
画像
この橋は、大自然の空間を舞い上がる竜をイメージして名づけられた様です。 吊橋なので揺れるのを期待してたのですが、あまりにもがっしりしていてほとんど揺れは感じません。 花貫渓谷 車道をそれて少し下ると、不動の滝があります。 この花貫川に沿ってこれから登ってゆきます。なんと水のきれいな事!        不動の滝
画像
今の季節、汐見の滝まではクルマもバイクも乗り入れ不可なので、景色を楽しみながらゆっくり散策できます。
画像
花貫渓谷の名物・全長約60mの汐見滝の吊橋は、今、紅葉に彩られて綺麗です。 この吊橋は良く揺れますし、かなり古びています。        汐見滝吊り橋
画像
散策コースの途中には、地元の人たちが茶店をしつらえて、甘酒や、地元高萩市名物コンニャクの田楽などを売っています。 キャンプ場もありましたが、寒いのか誰もテント張っていませんでした。
画像
今年は寒暖の差が少なかったのでしょうか、紅葉の色合いがいま一つという感じでした。 車窓から赤く色づいているリンゴ畑を見て、茨城県にもリンゴ農家が数多くあるのを知りました。道の駅や、道路わきで売ってもいます。 無袋フジを買って来ましたが、蜜入りでとても美味しかったです。