地獄の門 <オーギュスト・ロダン>

地獄の門(1880-1917) 「この門をくぐる者は一切の希望を捨てよ」の銘文で知られており、深い絶望をあらわす表現としても用いられるダンテの神曲・地獄篇に登場する[地獄の門]・・・。 ロダンがテーマとして選んだ、この「地獄の門」の巨大なブロンズ像が西洋美術館前庭に展示されています。 未完の作品ですが世界にある7つある内の一つです。
画像
考える人(1880) このブロンズの門上部に、「地獄の門」を覗き込む男が創られているのですが・・・写真で解りますか? この覗き見る男を一つの彫刻として発表されたのが「考える人」です。
画像
その姿は地獄の中を覗き込み、苦悩している姿であり、ロダン自身だとも言われています。 その地獄の中には、若き芸術家ローズとの間に出来た息子(ロダンは認知もせず、世間にも隠していた)の姿があるとのことですが・・・。 「地獄の門」の両横には、旧約聖書に出てくるアダムとイブの像が置かれています。 左にアダム。右にはイブ アダム(1880) アダムとは「土」「人間」という意味だからでしょうか、彼の右手は大地を指しています。 苦悩の表情は、禁断の実を食べた後悔からかでしょうか・・・。
画像
エヴァ(1881) 知恵の樹の実を食べて、恥じらいをを知ってしまったエヴァでしょうか・・・。
画像
カレーの市民(1884-1888) 英仏100年戦争の時、英軍によりカレーは占領された。サン・ピエールと5人の市民が、英国王のエドワード3世の前に出頭し他のカレー市民を救った・・・という実話にもとずいてのロダン制作。 自らの命を敵に差し出しに向かう6人の、死に直面した男たちの、怖れや苦悩の表情は胸が締め付けられそうです!
画像
ロダンのこれらの彫刻は、西洋美術館の前庭に設置されていて、誰でもいつでも見ることが出来ます。