東山魁夷記念館

詩情豊かな風景画に会いに「東山魁夷記念館」に行ってきました。 海の青、山の青、空の青…様々な青の魅力に、いつもいつも魅せられます。
画像
東山魁夷の、いくつかの絵の中に現れてくる「白馬」の、風見鶏ならぬ風見馬が迎えてくれます。
画像
正面入り口の建物は、留学の地・ドイツに想を得た、八角形の尖塔のある西洋風の外観となっています。
画像
八角形の尖塔の隣には、ドイツ風の民家をモチーフにした建物が続いています。
画像
今回の展示の絵画から、2点、HPよりお借りしました。 「東山ブルー」・・・青は心の奥に秘められて達することのできない願望の色・・・東山魁夷はこのように言っておられます。
画像
「東山ブルー」・・・夕暮れの日が落ちた直後の一瞬の青い世界・・・とも語っておられます。。
画像
私は、生かされている。 野の草と同じである。 路傍の小石も同じである。 自然は心の鏡。 人はみな旅人である。 風景は、心の祈り。 これらは、東山魁夷画伯の、色々な時々に話された言葉です。 記念館に、東山魁夷のヒストリーと共に記されています。