テーマ:東福寺

東福寺

5月の東福寺・・・ 緑のもみじが美しい! 京都へ帰った時の私の散歩道・・・いつもながら、三門は大きく立派!・・・見上げて深呼吸! 朝早いので、参詣客もまばら・・・ 東福寺には多くの塔頭がありますが、その一つをご紹介しましょう。 同聚院 石だたみに続く本堂には、像…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

初夏の京都

東福寺は、京都に帰った時の私の散歩道。 威風堂々日本最古の三門は、いつ見ても雄大! 三門の間から本堂を・・・東福寺は日本最古の最大級の伽藍。 飛行機雲が綺麗・・・明日はお天気が崩れるのかな~ 新緑のモミジに包まれる「通天橋」・・・秋には紅に染まりますが、爽やかな今の景色も大好きです…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

京都の紅葉

11月中頃、10日間ほど、京都に帰って来ました。 東福寺「通天橋」のモミジです。 まだ、少し早いのでしょうか・・・でも、凄い人出です。 一隅に、白萩がひっそりと・・・みんなモミジをめざして・・・立ち止まる人もなく。 稲荷大社も・・・ 参道も・・・秋色いっぱい! 千本鳥居…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

お稲荷さん & 東福寺

京都に帰ったら、必ずお参りするのが稲荷大社と東福寺です。 稲荷大社 今の時期、修学旅行生と外国の観光客の人々で賑わっていました。 東福寺は青葉が綺麗です。 いつ来ても、三門は大きく逞しく迎えてくれます。 …
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

東福寺

京都に帰ったら必ず立ち寄る東福寺です。 三門・・・ 京都五山の一つだけあって、いつ見ても立派な三門です。 本堂(仏殿・・・ この季節は、観光客でおお賑わい、人を入れないで撮るのに苦労します。 御本尊は釈迦立像。 天井画は堂本印象氏の作、龍の大きさは体長54m・胴廻り6.2mにもおよぶおお…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

東福寺 《京都》

私の好きな「東福寺」を散歩してきました。 堂々とした三門は、現存する禅寺の三門としては日本最古のものであり、国宝です。 室町時代の宮大工の匠が、心血を注いで建てたのでしょうね・・・美しく堂々とした佇まいに何時も見とれてしまいます。 西門から見る本堂(仏殿) 本堂に祭ってある「釈迦如来様」です。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

雨の京都

東福寺 秋には錦に染まる通天橋の”もみじ”、今日は雨に濡れて新緑が鮮やかです。 2000本に及ぶ”もみじ”も今は真みどり・・・吹く風も漂う空気も緑色。 三十三間堂 三十三間堂の名称は本堂の柱間が33本ある事が由来とか。後白河上皇が自身の離宮内に創建した仏堂で、正式名は蓮華王院本堂。1,000体…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

京都へ・・・

今日は快晴!日差しが眩しいです。新幹線の車窓から眺める富士も悠然と・・・。 名古屋を過ぎる頃までは、冬日向の景色が続いていたのですが、車窓は突然雪景色。関ヶ原(岐阜)の辺りです。 標高が高いわけでもないのに積雪地帯なのは、西に鈴鹿山系、東側に伊吹山とちょうど関が原が雪雲の通り道になっているからですね。 何か…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

目に青葉・・・東福寺

桜を見てきた眼にはハッとする美しさです! 空気もみどりに染まっています! 錦秋の頃は人込みでゆっくり鑑賞できない通天橋のもみじ・・・人影もまばら。 この季節の東福寺、桜がほとんど植わっていないせいか参拝者も少ないです。 今日は「経蔵」と「鐘楼」の写真を。
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more