テーマ:

南アフリカ旅行 <1>

広大なアフリカ大陸の最南端が「喜望峰」と名付けられているのを知ったのは何時頃だったでしょう・・・。 日本から遥か彼方の、その地に立ってみたいと思ったのは何時頃だったでしょう・・・。   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 待望の南アフリカ周遊の旅に行ってきました。 喜望峰以外にも、ビクトリアの滝、サファリでの…
トラックバック:13
コメント:500

続きを読むread more

旅 

去年のちょうど今頃「グランドキャニオン」を旅していました。その頃忙しくてブログ書けなかったので・・・思い出しながら・・・今、書かないと記憶の底に沈んでしまいそうです。 出発点はラスベガス。           前夜泊まったホテルです アメリカ最大の「フーバーダム」を頂きから見て・・・。 技術力、政治力、軍事力を誇…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

室生寺(女人高野) <奈良>

奈良・室生寺に行ってきました。 桓武天皇の病気平癒の祈願がされ、効果があったことから、勅命により奈良時代に作られたお寺です。           室生寺表門 女人禁制で有名な広大で荒々しい高野山に対し、室生寺は女性の参詣が許されていたことから「女人高野」とも呼ばれています。その名にふさわしく室生山の懐に抱かれて優しく建…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

迷いの窓・悟りの窓 「源光庵」

京都鷹峯の源光庵に行ってきました。 鷹峯三山を借景にした庭の美しさで知られている光悦寺のすぐ側です。           源光庵の参道 「紅葉の頃の源光庵は素晴らしい、が人も多い。訪ねるなら冬枯れの日が良い。少し雪が積もっていたらなお良い。」 私がこの文章を読んだのは随分前。冬に訪ねようと決めていました。 …
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

2007年 納会

毎年12月30日、近しい親戚や兄弟が集まって納会をします。 会場はこの10年間ずーと横浜中華街「順海閣」 今年も20人近く集まりました。1歳から92歳まで。 ついでに中華街を少し歩き、関帝廟に。 「三国志」の劉備・関羽・張飛の「関羽」が商売繁盛の神様として関帝廟に祭られています。 狛犬も中国風・・・…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

東福寺

京都に行ったら必ず散策するお寺のひとつです。 名の由来は奈良の東大寺、興福寺の二大寺から1字ずつ取って「東福寺」。 仏殿(本堂)は明治時代に焼失後、昭和9年再建。起工から竣工まで17年を要し復興させた昭和の木造建築中最大の建物です。        仏殿(本堂) 内部には、正面に釈迦如来立像が安置されています。 …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

嵐山~野々宮~大覚寺・花灯路

嵐山~野々宮 真冬のこの時期、10日間だけ嵐山~大覚寺一帯は華やかな灯で彩られます。 冷気には蒼の色が似合います!        渡月橋と小倉山 野々宮の竹藪の小路は幽玄の灯が、見る人を迷路へと誘います。        野宮神社から大河内山荘へと向かう竹林のライトアップ …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

京都・秋の散策

宇治上神社 世界文化遺産、宇治上神社にお参りしました。 拝殿(国宝)は、鎌倉時代前期に伐採された桧を使用、鎌倉時代の優れた建物遺構です。        拝殿と清め砂 今も湧き出ている「桐原水」は宇治名水のひとつです。 本殿の中の3つのお社が現存する最古の神社建築です。拝殿は平安時代の住宅様式が取り入…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

京都・與杼(よど)神社 秋大祭

京都伏見の與杼(よど)神社「神輿渡御」に行ってきました。 この界隈では與杼(よど)神社の「神輿渡御」は勇壮な祭りで知られています。 街の辻では、神輿廻しや差し上げなどをして盛り上がります。 門口でのお祝いのお神酒を頂いて、担ぐ人たちの意気は一層盛り上がります。 神輿渡御の始まりは「御霊入れ」。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

温泉紀行Ⅴ 紅葉を訪ねて ④

土湯温泉 露天風呂から、朝日が昇るのを見る事が出来る宿に泊まりました。       Am 6:03:29 これは雲ではありません。 地面から吹き出ている温泉の湯気です。 湯気の向こうに朝日が昇って来たのですが、まるで火が燃えているよう!       Am 6:09:29 この露天風呂から…
トラックバック:2
コメント:500

続きを読むread more

温泉紀行Ⅴ 紅葉を訪ねて ③

磐梯高原 高い高い・・・青い青い・・・空! 空気が澄んでいるとこんなに奇麗な空が見えるのですね! 磐梯吾妻スカイライン(29km)の両側は紅葉に染まった木々が続きます。 最高標高1,622mの吾妻連峰を縫うように走るスカイライン、まさに“空を走る道”です。 磐梯山や裏磐梯、安達太良山の眺望を、絶景を、次々と…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

温泉紀行Ⅴ 紅葉を訪ねて! ②

甲子(かし)山登山 甲子温泉・旅館大黒屋の部屋から、眼前の山を写しました。 旅館大黒屋は山々に囲まれた一軒宿。秘湯の宿です。 新緑の頃に訪れて、みどりの美しさに見惚れていたら、 「紅葉の頃はもっと素晴らしいですよ」と宿の主人が教えてくれました。 それではと、友人を誘って三家族、現地(甲子温泉)集合。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

温泉紀行Ⅴ 紅葉を訪ねて!①

茶臼岳(栃木県) 快晴です! 目的地に行く前に那須・茶臼岳に寄り道をする事にしました。 那須岳山麓駅からロープウェイ(111人乗り)の空中散歩4分で山頂駅に着きます。       茶臼岳からの那須山麓の眺め、紅葉は今が見頃! 山頂駅から茶臼岳山頂(1915m)までは45分程、岩のごろごろした道を登ります。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

足和田山登山

こんなに朝早く出かけるのは何年ぶりでしょう。 AM 5:30 朝日が顔を出し始めるのを駅の陸橋から。 新宿からバスで河口湖駅へ。 何年か前に来た時より綺麗になっていました。 今日は、足和田山に登ります。 足和田山は富士山の三本足の(箱根・足柄山、駿河・足高山と共に)一つと言われています。足和田山の周りは…
トラックバック:0
コメント:19

続きを読むread more

おまけ 

今回は車で行ったので、ちょっと寄り道をして帰る事にしました。 比叡山に登りました。 比叡山の頂上から滋賀県・大津方面の眺めです。 デジカメでは上手く撮れませんが。 比叡山頂から湖を眺め、湖畔道路を走ることにしました。 国道161号線で、湖北・高島町に。以前から往ってみたかった処です。 高島町は、綺麗な水がコンコン…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

建仁寺 京都散歩<3>

京都五山の一つ、建仁寺を訪ねました。                建仁寺・本坊 建仁寺は、京都花街の祇園甲部歌舞練場の少し先、京都でも華やかなところにあります。 有名な料亭「一力」も近くにあり、夕方頃に訪れると提灯も灯り花街の雰囲気を感じる事が出来るでしょう。 松ノ木に囲まれて、法堂がどっしりと建っています…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

石塀小路と花見小路 京都散歩<2>

花見小路・祇園町 四条通と花見小路の角の一等地に「一力茶屋」があります。 一力茶屋は、忠臣蔵四十七士の大石蔵之助が居続けた茶屋であり、谷崎潤一郎が贔屓にした茶屋としても有名です。                  一力茶屋 一力茶屋の前の通り、花見小路を少し歩くと左側に祇園甲部歌舞練場があります。その先が建仁寺です。…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

泉涌寺 京都散歩 <1>

泉涌寺 関東に台風が近づいている日に、東名・名神を通って京都に行きました。 翌日は、やはり東名高速の静岡・由比の辺りが通行止めになったとか、前日に出かけて正解でした。 曇り空のある日、東山三十六峰の一嶺、月輪山の麓に静かにたたずむ泉涌寺に出かけました。 寺地の一角より清水が涌き出た事により寺号を「泉涌寺」と改 めたそうで…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

美山 茅葺の里 (京都)

京都府の美山町に行ってきました。 山懐に抱かれた小さな集落、美山町は茅葺の里として知られています。 50戸の集落ですが、其の内38棟が茅葺屋根の家々で、その殆どに人々が住んでおられます。 茅葺屋根の軒下に面白いものを見つけました。 脱穀機、長持ち、防火用水の桶・・・何時頃の物なのでしょうか? …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

京都・五山の送り火

毎年、8月16日は京都五山の送り火(大文字焼き)。 お盆を京都で迎えるのが、夏の我が家の恒例行事になっています。   京都を囲む5つの山にそれぞれ「大文字」「左大文字」「船形」「鳥居形」「妙法」の形に火が ともされ漆黒の空を焦がします。 五山の送り火は、お盆に迎えた祖先の霊をあの世へ送り届け、無病息災を祈るお盆の行事です。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

温泉紀行Ⅳ <福島> 檜枝岐温泉 ・ 甲子温泉

尾瀬沼は、この時期、ニッコウキスゲが満開だとか・・・人出も多い事でしょう。人込みを避けて姫田代、上田代湿原を通る燧ヶ岳裏林道を歩きました。               標高1260mの上田代湿原 ニッコウキスゲも咲いていました。              花は昼に開き,1日でしぼみます。 ワタスゲも。           …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

<木曽路>  妻籠・馬籠宿

しっとりと雨に濡れている妻籠・馬籠宿を歩きました。 妻籠・馬籠の人たちは街並みを守るために家や土地を「売らない・貸さない・壊さない」の3原則をつくり、ここで生活をしながら、江戸時代の街並みという貴重な財産を後世に伝えているのです。 写真は現役の郵便局ですが江戸時代の街並みに溶け込んでいます。 黒いポストも現役のポストで…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

温泉紀行Ⅲ <秋田>後生掛温泉 湯治

「後生掛温泉」に湯治に行って来ました。 海抜1000mの十和田八幡平国立公園の大自然の中にある「後生掛温泉」は地熱で床を暖めたオンドル部屋と泥風呂が有名です。 鍋・釜から食料など生活用品を持参しての、本格的な湯治をするという秋田の友達に誘われて、私も本格的の湯治を体験してきました。 温泉熱を利用したオンドル部屋は、寝転んで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長谷(ながたに)の棚田

「日本の棚田百選」の写真集を見ました。 早苗の生え揃って緑一面の棚田、黄金色に色づく頃の棚田、朝日、夕日に輝く棚田・・・。 なんて美しいのでしょう! 殆どの棚田は、山頂に近い山腹斜面に拓かれていますが、重い石を積み上げて造り、長い間維持して来た人々の苦労は大変なものだったでしょう。 それに、何処からどの様にして水を引いてくるので…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

温泉紀行Ⅱ <山形> 白布温泉・新高湯温泉

山形県の置賜地方の温泉に行ってきました。 今回は源泉かけ流しの旅館の中でも、良質で湯量が豊富な事で評判の宿を選びました。 まずは、上杉藩歴代藩公の保養旅館でもあった、白布温泉・東(ひがし)屋旅館。 「東屋」「中屋」「西屋」と仲良く並ぶ看板が印象的な緑がいっぱいの山間部にある宿です。 秘湯にしてはあまりにも近代的なのでビッ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

京都・伏見稲荷大社

全国の稲荷大社の総本山である伏見稲荷に行ってきました。 「お稲荷さん」と呼ばれるこの神社は商売・農業・開運・・・なんでも引き受けてくれる(?)私達には親しみやすい神社の一つです。 朱塗りの大鳥居をくぐると絢爛とそそり建つ桜門がそびえています。 theFusimi Inari Shrine 両脇には本殿を守る…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

温泉紀行Ⅰ  <南会津> 湯野上温泉・木賊温泉

関東地方が新緑に萌える頃会津に行ってきました。 世界中の緑色と呼ばれる全ての「みどり」の色彩が、連なる山々をキャンバスにして描かれています。白っぽい緑、青っぽい緑、濃い緑・・・一番鮮やかなのは黄緑。 ところが福島県に近づくに連れて緑の中に薄いピンクの塊が多くなってきます。山桜です。 温泉と、美味しい蕎麦を頂きたくて来たのですが…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

カルフォルニア・クルーズの旅

桜の開花宣言が出た翌日、成田からロサンゼルスへ。ロサンゼルス空港では真っ青な空と満開の桜が迎えてくれました。 その日の内にロングビーチの港から7万トンの客船「PARADAISE」でいよいよカルフォルニアクルーズへ出発! と思いきや出発までの手続きが色々大変。 パスポートとクレジットカード登録、両手指紋を取り、写真撮影の後やっと「シ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ニューヨークに行ってきました!

去年から留学している友達の誘いをうけてNYに行ってきました。 NYでは一週間乗り放題のメトロカードを購入、地図を片手にマンハッタンをあちこち歩き回りました。方向音痴の私でも何とかなる程、街は碁盤の目のように整備され、「~通り」「~丁目」が角々に表示されて解かりやすいでした。            ロックフェラー・セ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

山菜採り・蔵王 (06年春)

山菜採り・蔵王 (06年春) 茸採り、山菜取りって面白そうと思っていたら、誘ってくださる方があって、この春蔵王に山菜摘みに行って来ました。1500m位のえぼし岳で山菜摘みをしたのですが、「タラの芽」ぐらいしか解からない私達に、地元の方が懇切丁寧に指導して下さいました。山菜の種類は勿論ですが、山でのマナー、危険の回避などもしっかりと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more