辛夷(こぶし)

青空を切り開いて辛夷の花が咲き始めました。
画像
蕾が、赤ちゃんの拳の形に似ていることから名付けられたとか・・・。 小さな手のひらに幸せを包むような無垢な花がほころんでいます。
画像
ミモザも満開! 「いり卵の花」・・・子供が幼い頃この花が咲くと嬉しそうに言っていました。 そんな日はもちろん「いり卵」をつくります。
画像

春!本番

みもざ ミモザの花が咲き始めました! この花が咲くと春本番・・・周りがパッと明るくなります。           みもざ
画像
子供達は幼い頃、「いり卵の木」と呼んでいました。 猫柳 少し前は芽が銀色の毛で覆われてピカピカ光っていたのですが・・・。 子ネコの毛のようなつやつやしたのから黄色い雄しべが少し覗きはじめました。           猫柳
画像
馬酔木 馬が葉を食べると酔ったようになり、動けなくなることからの当て字だとか・・・。 この木の香りが馬には魅力的なのでしょうか?           馬酔木
画像
日向水木 薄い黄色の繊細な花がうつむき加減に咲いている様は、楚々として趣があります。           日向水木(ヒュウガミズキ)
画像
クロッカス なぜか、毎年一番最初に「紫」が咲き、その後に白や黄色が続きます。           クロッカス
画像
蕗の薹 一株だけ残しておいた蕗の薹の花が開きました。 今年は5個の蕗の薹が出ましたが・・・さて、来年は胞子が飛んでたくさん芽を出してくれるでしょうか?           開きました!(蕗の薹)
画像