花山椒

今日、午後には春の嵐が来るそう・・・ 一日延ばしにしていたのですが、花山椒を摘みます。 雄木なので、花は咲けど実はならず、蕾から開花までがアッという間なので収穫時期をつい逃してしまいます。
画像
棘が凄いので、皮の手袋をはめて、脚立に乗って・・・
画像
足元にはニラバナ・・・
画像
空の青に負けないムスクリ・・・
画像
山吹の黄色は、緑の中で一際鮮やか・・・
画像
棘に刺されながらも、頑張りました・・・
画像
お酒、みりん、醤油で煮ました。実山椒ほどピリピリしなくて、野趣溢れる春の宝物♪~
画像
箸休めにも、ご飯のお供にも最高!、春を味わえる一品です。
画像

花山椒

山椒に花芽が付きました。 この木は「花山椒」。花は咲きますが、実は成りません。
画像
「花山椒の佃煮」をするには、今頃摘むのが良いのですが・・・2~3日中に摘まないとアッという間に散ってしまいます。
画像
ブルベリーの可愛い花も咲き始めました。
画像
「かりん」の花はもう終盤・・・
画像
上の写真を撮った日から3日後、暇をみつけて、やっと山椒の花を摘みました。 ちょっと遅かったので半分以上花が開いてしまいました。
画像
この季節「花山椒の佃煮」を作らないと何だか落ち着きません。 
画像
春の風物詩「筍」を頂きました。 大好きな食べ物の一つで、毎年この時期が待ち遠しくもあり、楽しみでもあります。 筍ご飯、土佐煮、若竹煮、木の芽和え・・・ワクワクして来ます♪~
画像
posted by 方向音痴の旅人 at 13:02Comment(4)

花山椒

花山椒の季節になりました。 蕾から開花までが短いので早く摘まないと、あっという間に咲いて散ってしまいます。 気をつけながら摘むのですが、トゲに刺されて痛いです。
画像
花山椒の佃煮を作りました。 口いっぱいに広がる香りは正に春を食べるという味覚です。
画像
今、庭に咲いている花達です。 かりん・・・天使の羽のような優しい色が、光に包まれて・・・
画像
山吹・・・吹く風にゆれて、華やぎは増します。
画像
花ニラ・・・草むらに花開く星のよう・・・
画像
ムスカリ・・・控えめに咲いていても、品の良い色に目が止まります。
画像
三葉アケビ・・・人目につかずにそっと咲く花のなんと愛らしいことでしょう。
画像
五葉アケビ・・・独特の美しさと役割を持って咲いているのでしょうね。
画像

花山椒の佃煮

花山椒が咲き始めました・・・急がなければ・・・! この山椒は、花を咲かせても実がなりません。咲き始めると2~3日で散ってしまうので、急がなければ・・・!
画像
花山椒を摘みました・・・刺があるので手は傷だらけ・・・でも、こんなにたくさん!
画像
酒、醤油、味醂、だけで煮ます。一年に一度この季節だけの楽しみの味です。
画像
かりんの花も咲き始めました・・・香りの良い実ができたら、かりん酒を作りましょう・・・出来るとイイナ!
画像
ブルーベリーの蕾も膨らんできました。 今年は花がいっぱい・・・実もいっぱい付くかな?
画像
白い花が可愛いいニラバナも・・・
画像
庭の何処かで冬眠していたのでしょうね。今年も忘れずに、アマカエルさんも出てきました。 丸々と太っていますが、何を食べたのでしょう・・・?
画像

花山椒

不純な天候なので固かった花山椒の蕾も、晴れ日になったとたん一斉に咲き始めました。
画像
咲く前、蕾の時に摘みたかったのですが・・・2mを超える木なので脚立に登り、棘と格闘しながら大ザルいっぱいに摘みました。若葉も一緒に・・・。 いつものように、花山椒の佃煮を作りました。醤油、酒、みりん、それにミルで粉にした鰹節をたっぷりと!
画像
ちりめん花山椒も作ってみました。 両方とも美味♪
画像
根元には菫が・・・脚立で踏まないように気を付けて・・・!
画像
山吹もユキヤナギも最後の艶姿を見せてくれています。
画像

花山椒の佃煮

山椒の花がほころび始めました。2m以上の大きな木ですが実の生らない「花山椒」です。咲ききらない内に摘み取って、佃煮を作らなくては・・・!
画像
「花が咲くと散って無くなってしまうので、その時しか手に入らない山の宝石」・・・丹波篠山で花山椒の佃煮を生産販売されている倉さんの言葉です。
画像
今日は午後から雨が降るとか・・・脚立に登って・・・棘に気を付けて・・・こんなに摘みました!
画像
お酒とお醤油だけで煮ます。 ちりめんじゃこ入りのも煮てみました。 ご飯のお供にも、お酒の肴にもぴったりの「花山椒の佃煮」が出来上がりました!
画像
片隅に咲いている山吹の黄色が眼に鮮やかです!
画像
何年か前に植えたブルベリーの花が初めて咲きました。すずらんに似ていますね。
画像