チューリヒ美術館展 (六本木・国立新美術館)

何度訪れても、このガラスのウエーブ形状の建物を目にすると「ワォー!」と感動します。 国立新美術館(六本木)で、開催されている「チューリヒ美術館展」に行って来ました。
画像
スイスの誇る「チューリヒ美術館」のコレクションが、これだけまとめて紹介されるのは日本で始めてだそうです。 パンフレットには展示されている画家達20人の名が記されています・・・巨匠と呼ばれている人達ばかりですね。
画像
館内は撮影禁止。入場口の写真だけ・・・壁面は画家の名前をアート風に。
画像
展示されている絵画は、スケッチや習作ではなく、まさに「すべてが代表作」ばかりです。 ルソー 〈X氏の肖像〉
画像
セザンヌ 〈サント・ヴィクトワール山〉
画像
モネ 〈睡蓮の池、夕暮れ〉(写真は小さいですが2m✕6mの大作です)
画像
モンドリアン 〈赤、青、黄のあるコンポジション〉
画像
その他、ゴッホ・シャガール・ピカソ・ミロ・ダリ・ムンク等など・・・珠玉の逸品を観ることが出来ました。 鑑賞した後は、お茶をしながら余韻を楽しみました・・・円錐形の上部はレストラン、下の方は軽食など・・・。
画像
美術館の周りの木々も色づき始めています。初秋の一日楽しく過ごしました。
画像
(作品はHPからお借りしました)