ポルトガル旅行〈10〉

シントラ ペナ宮殿 ペナ宮殿は、19世紀ロマン主義を象徴する建築として有名、「シントラの文化的景観」として世界遺産に登録されています。
画像
山の上に建つ宮殿は、イスラム、ゴシック、ルネサンス、マヌエル等のあらゆる建築様式が複合されています。門をくぐりましょう・・・
画像
土地の起伏を利用して造られているので迷路のようで、本当に不思議で、カラフルなペナ宮殿です。
画像
窓のしたには、怪しげな魅力の装飾が睨みをきかせていました。
画像
屋内装飾 宮殿の屋内装飾は、王家の夏の離宮として整備されました。素晴らしいしっくい細工、精密な描写のだまし絵の施された壁、19世紀以来の多種多様なアズレージョタイルの外装等など・・・ ペナ宮殿最後の女主人アメリア王妃の部屋
画像
画像
おびただしい数の王家の美術品が所狭しと飾られていました。
画像
画像
晩餐の間
画像
ステンドグラスの光も美しく・・・
画像
実際に使用されていた調理場、調理器具などが、当時のままの姿で保存されています。
画像
バルコニーからの眺めも素晴らしいです! シントラの街の向こうには大西洋が・・・
画像
ペナ宮殿は、マリア2世の夫フェルナンド2世が廃墟となっていたジェロニモス会の修道院を、自分の理想とする宮殿にするため改築したものですが、フェルナンド2世は宮殿が完成する前に亡くなってしまい、その目で見ることは叶いませんでした。 ただ、彼は自分の死後も、工事が滞りなく行われるように綿密な建築計画を遺していたといいます。 ペナ宮殿を建てたフェルナンド2世は、ドイツのノイシュヴァンシュタイン城を建てたルードヴィッヒ2世といとこ同士。 二つの宮殿は似ているとのことですが・・・?
posted by 方向音痴の旅人 at 21:48Comment(4)