金龍山浅草寺

浅草方面に出かけたので、金龍山浅草寺にお参りして来ました。 浅草寺の 宝蔵門(仁王門)・・・ 楼門の左右に阿形・吽形の仁王様が安置されています。
画像
宝蔵門の裏側には仁王様の大わらじ。
画像
線香の煙をあてると悪いところが良くなると言われています。もちろん私も・・・頭は良くなりませんね・・・。
画像
五重の塔・・・ 最上階の五層にはスリランカ伝来の仏舎利が納められています。
画像
雷門・・・伽藍守護のために、風水害・火災・の除難を目的とし門は右に「風神」左に「雷神」を安置してあるところから正しくは「風雷神門」、略して雷門と呼ばれています。
画像
提灯の下を潜る人々は、見上げることもなく通り過ぎて行きますが・・・「雷門」提灯の底部には龍の彫刻が刻まれています。龍は雨を降らす魔力を持つと言われているので、木造の建造物を火事から守るための守護神です。
画像
境内から「スカイツリー」も眺められますよ。
画像
都内最古の寺院である浅草寺は、「浅草観音」の名称で全国的の人達に親しまれ、年間約3000万人もの参詣者がおとずれ、民衆信仰の中心地となっています。 震災以来、外国観光客もずいぶん減ったようですが、一年経ったこの頃、少しずつ増えて来ていると、仲見世通りのおかみさん達が話していました。
posted by 方向音痴の旅人 at 10:20Comment(8)